しがないリーマンと自転車の話

中華カーボンを購入した話、とか雑記。

CannondaleというかSuperSixよ、お前はどこに向かっているんだ…?

CYCLING WEEKLYより
https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/cannondale-supersix-evo-neo-442270

Cannondale公式


SuperSix-Evo-Neo-920x613

見たら分かるとおりのSuperSixEvoのE-Bikeバージョンです。
通常のバージョンとテクノロジーや外観は変わりありません。パワーを与えただけです。

このバイクは電動軽量バイクのカテゴリーに加わります。このカテゴリーの競争激化が進みます。



主な特徴は以下の通り
・バッテリーを内装したカーボンフレーム
・SuperSixEvoと同じカムテール形状のフレーム
・SAVEマイクロサスペンションを用いたドロップドシートステーのフレームとSAVEシートポストで抜群の快適性
・アシストは250Wのリアハブ型、バッテリーは250Wh

Supersix-Evo-Neo-one-920x557


空力効果はE-Bikeでもロードバイクと同様に重要であり、アシストの範囲外のスピードの時に加速しやすくなるとか。

Supersix-Evo-Neo-integration-920x613

KNOTのSAVEエアロハンドル、シートポスト、28mmタイヤを履けるフレームデザインです。
そのままSuperSixEvoですね。

このバイクの肝は、リアハブにある250Wのモーターとフレームに隠された250Whのバッテリーです。

SuperSix-Evo-Neo-hub-920x613

これはSpecializedのCreo SLの320Whより低い値ですが、cannondaleが言うには、3つのレベルがあり、EUの25km/h制限、アメリカの20mph制限まで適切にサポートしてくれるとのこと。

また、Specializedと同様にチャージポートに接続する208Whのレンジエクステンダーが用意されます。ロングライドも安心ね。

SuperSix-Evo-Neo-range-extender-920x613


ebikemotionは重量も需要です。Evo NeoはLサイズで11.3kgです。

キャノンデールによると、ホイールセンサーとスマートフォンをペアリングさせ、スピードや距離、位置情報などの情報を受け取ることができるようです。
このあたりもSuperSixEvo3のKNOTホイールに搭載されているものと一緒の機能かな。

SuperSixEvo Neoのモデルは3種類
Duraace Di2とKNOT45ホイールのモデルが£7999(110万円くらい)
アルテグラDi2搭載車が£4999(70万円くらい)
105搭載車が£3599(50万円くらい)

Supersiex-evo-neo-2-920x541

とのこと。

日本での発売もあるでしょうか。しかし高い。
見た目が全くE-Bikeとわからないのが良いですね。





FSAがACRヘッドセットを提案したように、
TOKENも対抗してフルインテグレーテッドのヘッドセットを発表です。

BIKE RUMORより
https://bikerumor.com/2019/11/10/token-goes-full-ninja-w-hidden-cables-shimano-105-shurikens-lighter-parts/

とりあえず動画をどうぞ
ブインブインブインビョーンブビビンブビビンミョーンミョンミョンミョミョン!




TOKEN Cable Box system 「BLKTEC」というみたいですね。
ブルクテック?ブラックテック?正式な読み方はそのうちわかるでしょう。

このステムは調整を制限することなく、すべてのケーブルを引き込むことができて、
上部カバーは8mmでインテグレーテッドステムの中で一番スタックハイトが低いとのこと。

token-cable-box-integrated-stem-hidden-cable-headset-05-1068x712

上部のキャップはコンポジットで軽く、強化繊維で作られたリングは700kgの圧力に耐えられるのだとか。軽くて丈夫。すばらしい。

token-cable-box-integrated-stem-hidden-cable-headset-07

フレームは上下1.5インチのベアリング。
内装システムはこれが一般的になりそうです。
上部は1.5インチと1 1/8インチの間にケーブルを通すって感じ。
フォークコラムが太くなるわけではない。

token-cable-box-integrated-stem-hidden-cable-headset-03

ちゃんと取り付けられれば、外側にはなにも露出せず、
ハンドルを左右に90°回転させることが可能

token-cable-box-integrated-stem-hidden-cable-headset-08

----------------ここまで記事-------------------

記憶の限りだと、
メーカー独自のシステム:
GIANT、Specialized、Willier、Scott、COLNAGO、CANNONDALE、Pinarello

FSA(VISION)のACRシステム採用:
DE ROSA、BH、AVENGER

と、こんな感じでしょうか。
TOKENが割り込む隙はあるでしょうか。と、思いながら疑問も。

最近の内装システムが乱立しすぎてて把握できていないのですが、
同じ上下1.5インチのベアリングを用いるヘッドセットでフォークコラムの径が1 1/8なら、サードパーティ製のシステムを用いることができるのでしょうか?
このあたりの判別がいまいちつかないです。わかる方いたらご回答をお待ちしております。

「うちのシステムは電動じゃなくても内装できるよ!もちろん油圧じゃなくてもOKさ!」
というスタンスのところの内装システムが使えるのなら、紐ディレイラーのリムブレーキ車でも、ケーブルの露出は最小限に抑えることができます。これは望んでいる人は望んでいるでしょう。
ただ、紐でフル内装だとハンドルの近くにアジャスタを置けないのが欠点か。

ステム・ハンドルはポジション、乗り心地、フィッティングに大きな影響を与える部分でもあります。
個人的な主観ですが、ここの選択肢は増えれば増えるほどいいのです。
メーカー純正が合わない場合の他の選択肢がなくポジションを妥協して乗るだなんて、本来あってはいけないことですし、身体の故障の原因にもなります。
また、有料でフィッティングを受けて提案されるポジション変更に、メーカー純正ステム・ハンドル数万円のアイテムしか選択肢がないと、
「提案に従ってちょっと変えてみるか」と気軽にバイクを弄るということにも気が引けてしまいます。
誰にとってもメリットがないと思われるのですが…。
よくわからない規格の乱立がこれ以上増えないことを祈るばかりです。






通販各社、ブラックフライデーセールが開催されております。

私が購入したものはまだ一つだけ。
CRCでPrime Primaveraハンドルの380mmを購入です。
普段全然値引きにならないくせに、CRCではバーテープとセットでお安くなっておりました。ただ、380mmに関してはOEM通りならハンドルリーチが他より8mm短いはずなのですが、その記載がWIGGLEにもCRCにも無かったので、届いたら実測です。

Generic banners

CEXでは、BORA WTOが16万を切る価格まで下がっております。
リムテープ不要でチューブレスレディな最新ホイール。レイノルズを去年買ってなかったら欲しかったかもしれません。レイノルズには悩まされ続けておりますが。



WIGGLEさんは…例年に比べて元気がないように見えます。
同じ商品でもCRCのほうが安いですし。
住み分けをこれから強めていくのでしょうか。
シュワルベの新しいチューブレスタイヤが安いですが、迷うところ。




そして、本日は11.11です。
Alinaba系列で大セール(予定)の日です。
以前フレームを購入したところからは、
「MTBフレームを199ドルで出すよ!」
と、既にメッセージを頂いております。



中華カーボンフレームを狙っている方、
日本でないような小物系パーツを欲しい方。
安くウェアを求めたい方。
そんな方にはおすすめのセールです。

執筆時まだカウントダウン中でして、
時間としては、日本時間の17:00にセールスタートのようです。仕事中ですやん。
いくつか欲しいものがあるので、この機会に買ってみようかと思っております。





土曜日はライドの日。
千葉の南の方へ行きたいのですが、Stravaを見ているとまだ道が修復中のところがちらほらあるようで、いつも通りに北に行くことにしました。
雨やらなんやらで、しばらく成田のあたりも走ってなかったですし。

いつも起きた時の思い付きで地図を作ります。
地図をぼけーっと見ながら決めた行先は…成田ゆめ牧場。

計画はこうです。
①いつものカフェへ行き、食事をする。
②成田ゆめ牧場でソフトクリーム🍦を食べる。
③無事に帰ってくる。

いつものカフェからゆめ牧場までのルートを作り、さあ出発

2019-11-09 (2)
往復を好まない人がルートを作るとこうなる

…またスピードセンサー忘れた。今回もGPS計測だ。



以下画像

いつものカフェはなかなかばえる写真が撮れると思ってます。
薪バックは珍しくない?カフェに暖炉があるのも珍しくない?

IMG_3144

いつものモーニングAセット。

IMG_3143

成田ゆめ牧場に到着。
入場せずとも、ゲート付近のお店でアイスは購入することができました。

IMG_3146
IMG_3148

加工前の生乳を使ってるとのこと。なまちち。
甘い。疲れが取れる。ライド中のアイスはおいしい。
ただ、もうアイスの時期じゃない。冷える。

冬はココアとか、ホットミルクセーキとかどうでしょう。ホットミルクに蜂蜜大量でもいい。
おなかドゥムランになる可能性がありますが。

成田市の道路のどこか。

IMG_3152

驚くほどに車が通らない。自転車もいない。。
そして道路がシルクのようになめらか。
車が通らないからひび割れないし剥がされてないし、ほとんどへこんでない。
なかなかいい道をチョイスできたようだ。

途中で通行止めがあり、ぐるっと迂回したのですが…

IMG_3155

反対側には誘導員がいたので、信号待ちついでに
私「川のほうまで迂回しちゃいましたよ~HAHAHA」
誘「歩行者と自転車は通って大丈夫だよ、車だけダメなの」
私「」
それどこかに書いておいてくれよ…しかし自転車は軽車両として意識されてないか…。
通行止めのところに誘導員がいたら次から一応聞いてみることにしましょう。

帰宅まであと10㎞くらいのところ。

IMG_3160

となりで外国人一家が飲み会してました。

帰宅。

FullSizeRender
FullSizeRender

あと1時間くらい走れば200kmか…。と思いましたが、
家の付近に来てしまうと疲れのほうが勝ってしまい帰宅してしまいました。
200km以上走る人ってやっぱりすごいなと思った日でした。
ルートの不備を整えて、また行きましょう。




続きを読む

サイクルモード2019のグロータックブースにて、EQUAL-LEVER(イコールレバー)というコンセプトの展示がありました。
このレバーがあれば、どのようなリアディレイラーでどんなスプロケットの枚数の組み合わせでも変速を実現させられるとのことです。

開発担当の方が熱く語ってくれました。
私がmicroSHIFTのレバーとシマノを組み合わせて使っていて、
「メーカーの決められたセットアップじゃなくて、自分の自転車なんだから自分の好きなパーツを選んで組み合わせて楽しみたいですよね」
的なことを伝えたら、「そう!そこなんですよ!それがこのレバーの目的なんですよ!」
と、めっちゃ笑顔でした。

IMG_3063

以下、聞いたことの可能な限りの記憶の限りの箇条書きです。
間違っている部分があるかもしれません。

・フリクション式のレバーにクラッチ機構的なものを取り入れて、多段変速を実現させている。

・極端な話、12速のギアを9速とかのディレイラーでも引くことができるようになる。

・ワイヤーのテンションを相殺するキャンセルスプリングというものが中に入っていて、変速が軽い。
    フリクションシステムだけだとめっちゃ重いぞ、と。
 変速の軽さは今存在する機械式だと一番軽いんじゃないかな!と自信ありな様子でした。

・ブラケットは自転車の団体へ発表する際に必要だったので急造したもの(自転車産業振興協会だったかな)。
 アルミの3Dプリントをしてから、開発者さんが頑張って削りだしを行った。
 製品版は軽いし、形状も違うことになっているはず。小さくしないとですね。と。

IMG_3065

・レバーは分離させます。
 このコンセプトモデルの展示物は変速レバーを倒すと反対側に飛び出てしまうけど、これは製品版ではなくしたい。

・パテント取得済み。

・可能ならば、将来的にブレーキレバーとかブラケット部分の形状をコンポーネント化してユーザーが形を選べるようにしたい。
  ブレーキレバーの形状とか、ブラケットがシマノのようにまっすぐがいいか、カンパのように突き出ているのがいいのかはユーザーの好みにもよるし、好みに合うレバーを作りたい。

・販売できるのはまだ先になりそう。
    来年は動くものを見せられると思うよ!

IMG_3066


とのこと。
来年のサイクルモードにいかなければならない理由ができてしまいました。

イコールプーリー展示では、クランククルクル機械を見ながら、パチパチとカンパのシフトとシマノのRDの組み合わせを楽しむこともできました。
マイクロシフトじゃなくてこれでいいじゃん。という感じ。カンパのシフターのほうが軽いし。いやしかし親指レバーはマイクロシフトのほうが秀逸…。

IMG_3067

現行11S同士の組み合わせだと、イコールプーリーは緑色でいいそうです。
このスイッチ押すとクランクがくるくる回る機械、これもイコールレバーの担当さんが徹夜で仕上げたそうです。
話を聞いていると指で数えられるくらい少数のスーパーマン達が超頑張っているという感じですね。アベンジャーズってやつか。
GT-ePOWERの出荷が遅れたときプンプンしてすみませんでした、と言ってしまう内容でした。言いませんでしたが。
EQUAL-LEVER、無事商品化できるよう願っております。

↑このページのトップヘ