しがないリーマンと自転車の話

趣味も仕事もこなしつつ隙を見て更新されるしがないブログ。 中華カーボンを購入した話だったり、マイナーなブランドのパーツを購入した話だったり、海外の記事を読んで紹介したり感想を書いたりする話だったり。 https化しました。問題のあるページがありましたらコメントにてお知らせください。

雨天ライドをしたので、分解清掃をしていました。
ついでに最近?弄ったことを書きます。


IMG_7841


Di2のブラケットスイッチの移動

STIの角にあるスイッチですが、簡単に位置を変えることができます。

IMG_7843

これを親指で押せる位置に移動してみました。

IMG_7847

フード側も圧迫して誤射しないように加工しています。
固定にはマスキングテープを使っています。
簡単にはがすことができて、糊も残らず、最近は100均でも買えるという便利アイテムです。
なぜかなんでもビニールテープぐるぐる巻きな自転車文化だが、マスキングテープ便利だぞ。




最初のうちは使っていたのだけれど、ブラケットを少し内向きにしたらむしろ角にスイッチが欲しくなってしまったので、元に戻す予定です。

IMG_7842

SHAKESのカバーの装飾は昔書いた通り脆く、S AKEになってました。


ブラケットを内向きにする

IMG_7855
FullSizeRender

自分的には内向きだったものをさらに内向きにしたつもりなんだけど、画像で見るとそうでもない不思議
個人的には内側向いていたほうが好感触。


DEDA SUPER ZERO + RICHEY LOGIC-E

IMG_7856

ポジション見直して、少し前からPrimavera + SUPERZEROの組み合わせをしていましたが、
しばらくこのままだと思うので、SUPERZEROに少し加工をしてみました。

SUPERZEROステムには、ハンドルクランプの間に挟むカバーがあります。

f23bdae0



このカバーにケーブルが通る溝を作ってみました。
カバー自体は単体でも買えるので壊れてもいい前提で。

IMG_7863

IMG_7858

隙間にケーブル1本が通る余裕があるのはステム購入時に事前に確認済み。
Di2ワイヤーをここから出して、

IMG_7859

溝作ったカバーで蓋をします。
ちなみにステムの中にワイヤレスユニットEW-WU-111が入っています。



VIBEステムとかならまた違うケーブル通しができそうね。





EUROBIKE2021にて、FSAが展示しているものからBikerumorがピックアップしていたものを紹介





K-FORCE Team Edition road crankset

IMG_7831
IMG_7832

クランクアームは中空のカーボン、
スピンドルは7050合金
チェーンリングは7075合金
スピンドルはBB386に対応

IMG_7834
IMG_7833

ダイレクトマウント構造で、チェーンリングの展開は
53/39
52/36
50/34
46/30
SRAM用に
53/40
52/39
46/33

クランク長は
165
170
172.5
175

を用意

53/39のチェーンリングをつけたときの重量は557g
左アーム&スピンドルが235g、右アーム&チェーンリングが322gとのこと。

価格は€800を予定。10万円コースか。


Powerbox Pod and SC Alloy road powermeter crankset

IMG_7824
IMG_7830


ジュニアライダーからグラベルライダーまでサポートを謳うパワーメーター搭載のクランクセット
新しくなったゴッサマーベースか。
材質は6061-T6
170mmと46/30Tの組み合わせで813gとのこと。

新しいゴッサマーと同じようにクランク長が多岐に渡り、
145、150、155、160、165、167.5、170、172.5、175mmの品揃え
チェーンリングは53/39,52/36,50/34,48/32,46/30Tの五種類

仮想左右バランスを算出できるそうだが、FSAはその方法を明らかにしていないとのこと
バッテリーはCR2450で450時間駆動するとのこと。
接続はBLE5.0って書いてあるけどANT+もいけるよね?ちょっと気になる部分


NS VAS Non Series Vibration Absorbing Stem


IMG_7825
IMG_7826
グラベル向けのアイテムで、ステムとハンドルの間にエラストマーを挟む構造みたい。
エラストマーの硬さは3種類。
そうだよね、やっぱり直接挟まないと効果ないよね()2019年のDirty Kanzaですでにプロトタイプをテストしていたそうな(リンク

ノーマルのハンドルステムに比べて、47%振動を減らすことが出来るらしい。

ライズは6°、ステム長の展開は80、90、100mm
重量は290gほど。まあ仕方ないよね。
価格は€160とのこと。


KFX SIC Integrated XC MTB Handlebar

IMG_7836
IMG_7837

ピドコックもシンクロス製のワンピースバーを使っていたし、MTBもワンピース整形のハンドルが主流になるのかな?

重量は260g、価格は€350


今年はCORRATECのR.T. CARBONがディスクブレーキ化と一緒にモデルチェンジをしました。
今日はそのことについてダラダラとうだうだと語ります。

ちなみにCORRATECはコラテックと読み、ドイツのメーカーで、一度E-BIKEでドイツのGOOD DESIGN賞的なものを貰ってからE-BIKEに注力しまくっています。
MTBもカッコいいのですが、国内は取り扱っていないようです。
Revolution iLinkとか全く話題にならねえいきなり脱線しましたが、↓が新しくリリースされたRT CARBONです。

RTC1


で、この発表に、コラテックファンの人は「ん?」となり、「え?」となり「は?」となり残念な気持ちになった人も多いと思います。
なお、国内にコラテックファンの人が何人いるのか私は知りません。
2022年のモデルチェンジでケーブルむき出しなのは興味のない人でも戸惑いを覚えたのでは?


CORRATECのグローバルサイトです。

3年くらい前はなかなか過激なねーちゃんが自転車に乗っていた(リンク)のですが、落ち着いたサイトになりました。

CORRATECのロードバイクは最上位にCCT EVO、その下にCCT TEAMがあります。
フレームの形状に差がありません。
R.T. CARBONは和名で、海外だとCCT TEAMにあたるものでした。

↓が本家サイトのCCTシリーズです。

BK25101_CCT_Evo_SLR_DISC
CCT EVO SLR

TEAM1
CCT TEAM PRO

モデルチェンジをしなくともディスク仕様はあるわけで、日本代理店が扱う気が無かっただけです。
FOCUSにお熱なので。

ここで最新のUCIの公認フレームリストをご覧ください!

2021-09-10 (5)

はい



更新されていません。CCT EVOが。
EVOの前にTEAMが更新することはないでしょう。
でもRT CARBONは出ました。


CORRATECのバイクは2つの外見的な特徴があります。
1つは、Pro Control Forkという一度グッと後方に下がってから前に伸びる独特な形をしたフォーク形状

2021-09-10 (6)

鋭いコーナリングに加え、横方向の剛性やバイブレーションの減衰を期待できるそうです。


もう1つはチェーンとのクリアランスを確保するLow Profile Chainstayというチェーンステー構造

2021-09-10 (7)

クリアランス量はモデルによって多かれ少なかれ。

このあたりも前はグローブライドのページに日本語で説明があった気がしたんだけど無くなりましたね。必要ないからでしょうか。

HPにリンクのあるTeam Corratecに所属している人が乗っているCCT EVO

角度によって反射して輝くちりばめられた金色がかっこええのよ

cache_72557925
cache_72557933
cache_72557936

あ、ちなみにこのチームが昔から使ってるZZYZXのホイールはまじで謎で調べても全然わからんし出てこないから詳しい人は教えて。リムブレの時は白いスポークだったのよ。


続いてUCIプロチーム VINI ZABUの使うCCT EVO

Erx3k5fXUAIuofC
E8sF9tCWQAUTyDv
E8k0zu0XMAQ-EHj
E9JOqEcWQAQH1Po

2021年はVINI ZABUはジロに出走予定だったのがキャンセルになったね。代わりが常連のAndroniというよくわからない話がありました。

ってケーブル隠れとるやん
ハンドルはURSUSのMagnus H02(リンク)っぽいので、こういう配線してるのかな?
リア側はわからん。フォークコラムに穴開けるなり、Logic-eみたいなケーブル通せる割が入った玉押しを使ったとか?

magnus-h02-cavi-1


という現行の特徴を備えているバイクを見た後に、今回発表された新型RT CARBONをもう一度見てみる。

22_rt-cbn-d_blk-slv_(1)_ed
2021_rt-cbn-disc_(8)_web
2021_rt-cbn-disc_(24)_web

私としては、コラテックっぽさを感じない。ディスクブレーキノカーボンロードバイク(脳死)に見えます。
フォークのなんて真逆の反り方で、自転車メーカーとしてのアイデンティティを捨てたようなものだ。
アイデンティティを守り通している例として、ピナレロなんかは形は変えつつもONDAフォークの特徴を残している。流行の取り入れと最適化を行いつつもブランドのアイデンティティを残すうまいやり方だと思う。

国内(グローブライド)でのCORRATECロードバイクの取り扱いは
CCT-EVO(3,4年くらい前にHPから消失)
R.T. CARBON
CORONES(消失済み)
DOLOMITI DISC(日本企画)
DOLOMITI(リム)(日本企画)
CT-ROAD(日本企画)
A-ROAD(グラベルバイク、海外名ALLROAD)
となっている。

このことから、今回のR.T. CARBONはCORRATEC R.T. CARBONの名を冠してはいるものの、日本企画のディスクブレーキノロードバイクだと考えている。
海外では新型のリリース記事なんて一切ないわけだしね。

というわけで、R.T. CARBONが日本企画となると…、。。。
すっげえ日本のCORRATECはほとんど日本のCORRATECだ!まるで赤十字
それでもCCTと形状の近いフォークを選定することは出来たんじゃないかね…?とは思うんだ。
形としてはヘッド角が違うがグラベルバイクのA-ROADに近い形状ね。

国内企画品が悪いわけではないんです。
ガラパゴスな日本で国内のニーズと海外のニーズが違うのは当然のことですし、合わせた商品展開が必要です。
ただ、このR.T. CARBONがユーザーのニーズに応えてだした企画かどうかを考えると、うーんとなります。このバイクを見ると、
「カーボンのディスクブレーキ車がないからラインナップに入れよう」
しか考えてないような気がしてしまうのです。

私の推測が的外れで、もしこれが本社の設計でごっそりフォークの構造を変えて長年のアイデンティティを捨てたのなら、その潔さに脱帽しますわ。あんなにE-BIKEに力注いでてそんなにロードに割くリソースがあるのかわからんけど。

Vini Zabuの機材とか調べながら3時間くらい書いてたら日付変わりましたので、シートチューブの裏に「German Designed & Engineering」と書いてありそうな気がしてきたんだけど、もうこれでおしまい。
続きを書きたくなったらいつか書きます。


東京オリンピックで金メダルを獲得したトム・ピドコックが使用しているバイクのフォークに装備されていることでも話題を呼んだSR SUNTOUR

EUROBIKE2021のSUNTOURブースで展示されていたピドコックのバイクには、電動制御のサスペンションシステムが搭載されていたそうです。
トップに立ってから後半にかけてグイグイと後続との差を広げていったのは彼の才能の他にこのシステムの助力もあったのだろうか

SR16
SR2




SR15

特許出願の手続きが遅れていて、詳細を話すことはできないそうですが、
同社製AxonWerx forkとEdgeShock(か?)を組み合わせて使うシステムのようで、
Edgeに取り付けられたモジュールが振動を検知して電子制御を行う仕組みの模様。

SR12
SR11

SR14

SR10

SR13

フルオートの電子制御のようで、機能を調整するレバーはない模様。
トムはシンクロスのハンドルバー使ってるのね。

pid1
pid2

五輪の画像見て、使ってんのかな?と思ったけど黒い謎箱あるし、
どうやら、以前からミステリアスなサスペンション(と箱)つけてる的な記事はあったみたいね。
黒いテープでケーブルが目立たないようにしていたっぽい。おそらく五輪でも。



pid3

リリースは手続きが遅れている特許承認後だろうね。
でも公にしたってことは、間近ではあるのだろうね。





あるようでなかった、あってもそんなに多くないであろうエアロを意識したフロントライト。
LightSKIN NACA ROADはその名の通りNACA形状、いわゆるカムテール形状を採用しているフロントライト。

IMG_7756
IMG_7757
IMG_7755

サイコンの下のGO PROマウントに配置することを前提とした設計になっており、ライトの配光も上部をカットアウトし、対向に考慮したものになっている。

IMG_7759
また、過度に近くを照らしてフロントライト付近を明るくしないようにもしているらしい。

ライトの光でサイコンが見えなくならないように、上部に取り付けるカバーもある。

IMG_7760

重量は160g
充電ポートはUSB-Cを搭載していて、最大2Aの急速充電に対応。

発光パターンは5種類
明るさはモードに応じて140〜540ルーメン
稼動時間は1.3〜6.8時間

価格は$275でおよそ3万円。
現在予約可能で、2021年12月に出荷予定とのこと。








ユンボヴィスマの皆さんがさんざん使ってますが、未だに未発表なCervelo R5のセップ・クス仕様

R5_2

フロントもちゃんとデュラローター使ってるのね。



変更点として注目されるのはやはりハンドル周りの内装か。

R5_4
R5_1

ハンドル・ステムはFSAを使用している。
クスはスタンダードなハンドルを使うんだね。

R5_3

FSAということは、独自規格ではなくACR準拠の内装仕様なのだろうか。

R5_5

サドルクランプは臼型の外に露出しない仕様
チェーンステーとのつながりがとても滑らかに見えていいね。

R5_2












シマノのカウントダウンは、ななななんと新型のDURA-ACEとULTEGRAでした!!
バイバイ高級機械式コンポ!シマノもSRAMと同じ道に行くね!

IMG_7699
IMG_7700






今日は思ったことを徒然なるままに書きなぐっていくだけの話です。

本日のお品書きは

・ワイヤレスのSTIは油圧ディスクのみ
・アルテグラホイール
・パーツの共通化
・CR1632
・角が伸びた
・重いクランク
・グッバイ互換性
・グッバイ機械式

になります。


ワイヤレスのSTIは油圧ディスクのみ

シマノのラインナップチャート

赤で囲った部分に注目

2021-09-01 (2)

"wireless connection"の表記がST-R9250にはありません。
よって、リムブレーキ用は従来通りに有線接続でよろ


アルテグラホイール

アルテグラホイールが復活しました。
リムはデュラエースと一緒、ハブが違うって
それ自ら廃番にしたRS81シリーズじゃないですか。
デュラグレードのホイールが売れないからと廃番にして、無くしたらホイール部門全体の売り上げが落ちたからやっぱりこのラインナップ必要だった!とかそんな感じでしょうか。


パーツの共通化

チェーンとディスクローターがXTRと共通となりました。
ということは、MTB用のコンポーネントは、XTR、XT、SLX、DEOREまで12速化していますので、
HYPERGLIDE+用のチェーンは低グレードのものが用意されています。
DEOREのチェーンは3000円。XTRは5000円。
ロードとパーツが共通化したら値上がるかもね。しらんけど。




CR1632

初めて聞いたわ。
サドルバッグに入れる電池を1つ追加しましょう。


角が伸びた

di2_item

私は長い方が嬉しいですが、人それぞれか。


重いクランク

剛性を上げた結果、クランクは重くなりました。
パワーメーターなし、52/36Tの場合、

FC-R9100:624g
FC-R9200:692g
FC-R8000:681g
FC-R8100:711g

となります。
R9200のクランクは前作アルテと同等の重さとなってます。
剛性と軽さ、シマノは前者を選択したということで。


グッバイコンパチブル

ドライブトレインは12速になったため、もちろん旧来のスプロケ等互換性はありません。
クランクはいけると思うけど、シマノは公式に認めないでしょう。

Di2の接続ケーブルもそのままでは使い回しできません。
EW-SD300となり、旧来のEW-SD50と接続するためにはEW-AD305というアダプタが必要となります。
このアダプタも2000円くらいします。STEPS用じゃなかったのね。

2021-09-01
2021-09-01 (1)

リネームと思われているリムブレーキ用のSTIもSD-300ポートになっているので、
まったく変わらないとでかい声で言っている人がいたら優しく教えてあげてください。


…おやおやおや
CYCLINGTIPSにこんな画像が
なにやらTTバイクを接続するときの接続例ですね。

Shimano-11-speed-to-12-speed-adapter-1-1340x754

がっつりR9100世代のシフターをアダプターに接続して後ろへ流しています。

2021-09-01 (3)
2021-09-01 (4)

赤で囲った部分が今回のキーアイテム

上記から推測すると、既存Di2を使用している人は
・スプロケット
・新FD
・新RD
・変換アダプタ EW-AD305
・ジャンクション EW-JC302/304
・EW-SD300ケーブル数本

これだけで12速化できるんじゃないのこれ。
アダプタを変えることで物理的に接続しにくくしてるだけで繋げれば動かせるんじゃないのこれ。

誰か試してついでに試してみて結果教えて(他人任せ)

いくつかの記事を見るとファームウェアで塞がれていてできないらしい。


E-TUBE PROJECTの対応リストが更新されるのを待ちましょう。


グッバイメカニカル

R9200世代のDURA-ACEでは機械式の選択肢は無くなりました。
ULTEGRAからもなくなりました。
12速のXTRは機械式のみなので、技術的に不可能なわけではないはずですが。
上位モデルはSRAMと同じく、電動のみとなりました。

開発リソース減ったのに値上がるとはね…。

GRXが12速になる時には機械式は残るのでしょうか。
というかクラッチ付きディレイラーはそれまで待たないといけないのね。

シマノはグランドセイコーを作るのをやめました。
カンパニョーロさんはこれからも頑張ってください。

性能向上には必要な選択だったのでしょう。
上記リンク先のサイクルスポーツにて、
従来モデルではトグル構造でリンクプレートを動かしていたが、新型ではパーツを介さずモーターが直接リンクプレートを押す構造だ。モーター自体の出力アップもあるが、モーターとリンクプレートの間に介在するパーツが省かれたによって動きのタイムラグがなくなり、その結果として従来よりも大幅に高速化したフロント変速を提供することを可能にした。
とあります。
旧来はワイヤーを引っ張ることによるFDの動きをモーターで再現していたのに対し、
R9200は機械式の同時開発をやめたことにより、「その動きいらなくねぇ?」となったわけで、
これがフロントのシフトスピードの向上に繋がっていると推測できます。そりゃFDも小さくなるわけだ。

ハンドメイドなクロモリフレームを最高級の機械式コンポで楽しむ~なんていう楽しみ方はもうカンパニョーロ以外の選択肢が無くなりました。
台湾や中国のメーカーがシマノ互換のあるドライブトレインを出して来たら、意外と需要が多いかもしれませんね。



あともう少しでなにかあるらしいです。日本だと夜中ですね。


2021-08-31 (1)




ていうかグローバルサイトの方には登録フォームがあるんですが、なんですかねこの微妙に気になる差は…。シマノヨーロッパとはユーザー管理が違うのかな

2021-08-31 (2)

私の予想はデジタルフォトブック。
楽しみですね。






フックレス化して軽くなって安くなったZIPP 404FCの海外のレビュー

IMG_7691



リムハイトは58mm
重量は公称1450g、実測1530g
参考までにReynolds AR58/62 DBは1711g、Roval Rapide CLX(非TLR)は1410g

IMG_7689

フックレス化は製造コストの削減と軽量化につながる。
空気圧が高いロードでのフックレスにテスト前は懐疑的だったが、認めざるを得ない。
最大の推奨空気圧は72psiと非常に低くなっている。
使用できるタイヤが制限されることは注意。
ヴィットリアや26mmのピレリのお気に入りのタイヤが使えなかった。

GOODYEAR EAGLE F1やSCHWALBE PRO ONEなどをのタイヤを試したが取付は非常に楽。
6週間404FCを使用したが、正しいタイヤを使えば人々が恐れているようなリムから外れる可能性はほとんどないだろう。
28mmタイヤを装着した時のリムとタイヤの継ぎ目もとても滑らかでシームレス。空力的に良さそう。

IMG_7690

リムは少しVシェイプになったが、横風のセクションでも扱いやすくて驚いた。

ホイールは軽くてよく登るし、剛性もある。
勢いよく加速したりスプリントしても、横方向の弱さは感じられない。

66のエンゲージメントと6つのポールを備えるZR1 DBハブも瞬時に反応してくれる。
半数だった303sでは起伏のある道で扱いにくかったのでよいステップアップだ。

価格は1600ポンド(約24万円)で、前モデルよりも800ポンド安くなった
軽いが、クリンチャー専用のRAPIDE CLXよりも250ポンド安い。

SWISSSIDE Hadron2 Ultimate 625sは同じようなリムハイトで、1680g。横風の中でとても扱いやすいが、1920ポンド。
Hunt Limitless Aeroはセール中1189ポンド(約18万円)で買えるが1669g

IMG_7688

ZIPP 404FCはとても印象的で、フックレスに対する私の考えを変えた。そして軽量化と値下げである。
選択できるタイヤは現在は限られているが、時が経てば解決するだろう。

前作よりも40kphで4W削減というのは体感できないが、どんな地形でも万遍なく速い。
前輪のベアリングが渇いてたので、品質管理は心配。
クライミング向けのホイールのいくつかをノックアウトできるような軽さと剛性、TTでも十分なエアロ効果、58mmという深さを考えるととても扱いやすい。

総評

良い点
・剛性がある
・速い
・安くて軽い

悪い点
・フックレスなのでタイヤの制限がある
・前輪のベアリングが渇いてた(個体差?)

とのこと。

最近見つけたAliExpressのヘンテコアイテム達をご紹介
こういうもの漁ってるとリコメンドアイテムが変なものだらけになるんだよね

ハンドメイド品から紹介

ハンドメイドコブラサドル

H46f0c2564ab947029c3a9165c2318dc1L
H28f78f7b8fce4ff6ab8b731def73137d2


AliExpress.com Product - Handmade Cobra Saddle MTB Saddle Artistic Saddle True Snake head and Leather MTB Parts Road bike Saddle

3万円もするの
どこに需要があるのか謎
後ろの人がビビるわ
この短さだとコブラというよりツチノコに近いのでは…?



ハンドメイドのDi2スイッチ

H3f7e433289fb4284b1ee2d004e456006N

AliExpress.com Product - Handmade Di2 Remote Satellite Shifter Climbing Switch 6870 8050 9150 Waterproof Climb/Rush Button SW-R9150

動くかどうかは知らんけどプロチームもMODしてるし、こんなものも出てくるのね。


ハンドメイドのeTAP BRIPSスイッチ

Ha49798aef3314071a63fdc20e5d6d6e8b
H2094ca32b77c4aa18ba7e74dc03917c63

AliExpress.com Product - Handmade Sram Etap Blips button Climb Rush Button TT Button Dust and Waterproof Remote Controller For RED AXS FORCE AXS

続いてSRAMのほう。
動くかどうかは知らんけどプロチー(ry
猫の画像で釣るなんて卑怯だぞ!!!


2股ステムの一体型ハンドル

Hca454a11e02543e6ad7937be9155df31J
H28ff805a6bcf448f87d1274d3f520dfbG


AliExpress.com Product - 2021 new ec90 all carbon fiber road bending handle lifting integrated wind breaking bending handle bicycle handle stand 28.6mm

こ、これはCerv..
なかなかこういう謎ハンドルは買う気になれないね


ポケ〇ーク

H3ba72170dd2b49a6bf121c10643ded98P
Hccfd2639dfee41169cfa940e2bb6470en


AliExpress.com Product - Smart Instant Voice Photo Scanning Translator 2.4 Inch Touch Screen Wifi Support Offline Portable Multi-language Translation

紹介してる中でこれが一番気になってる。ライドの時に知り合いの外人との会話が片言になってしまうので。。
79か国語も対応してるんだもの。ポケ〇ークより安いし。



胸毛ジャージ・ムキムキジャージ

Hea9fd9dc1ba04ce9abcc43cf46d31347Q
Hba5a97fb99ca40babae5c8e2737e1f03i


AliExpress.com Product - SPEED PEAK Cycling Jersey Short Sleeve Cycling Clothing Men T-Shirt Chest hair Cycling team Enduro Clothes Equipment Bike Mtb

通報案件
寒くなってから着ることで周囲が騒然とするでしょう


以上。
変なものあったら教えて


通販専門のRIBBLEが新型のエアロロード ULTRA SLをリリース。
各社の開発がエアロロードからオールラウンドへシフトする中、エアロロードもまだまだ進化を遂げるようです。


IMG_7668
IMG_7670
IMG_7669


IMG_7657

リア周りは最近の流行に則った構造だが、フロント三角やフォークの造形はもはやTTバイクのように見える。
そして最新のハンドルはトラックバイクのようだ。
新型のハンドルバーの生み出すDrag Reduction Zoneの中にライダーの脚が含まれることで、空気抵抗が2.1% 削減されるとのこと。

IMG_7674
IMG_7675
IMG_7673
IMG_7672
IMG_7662
IMG_7664

新型のULTRA SL Rはプロロードレーサーのような時速47kmでも、一般的なライダーのような時速35kmであっても十分なエアロゲインを有した設計になっているらしい。


以下は同社のEndurance SL Rとの比較


40kmを22mph(35km/h)、29mph(47km/h)で比較した場合のグラフ
IMG_7671
四角で囲まれた5°〜10°というのがヨー角のスイートスポットということらしい。

操舵、自然風、路面コンディション、色々な要素があるため、ヨー角0°というシチュエーションはほぼないのだとどこかのメーカーも言っていたので、このあたりのヨー角での空力がだいじなのでしょう。

ジオメトリ

IMG_7677

価格

フレームセット、ハンドル込み
377374円

IMG_7678


ULTRA SL R SPORT 

IMG_7679


Ultegra R8020
LEVEL DB56 Sport carbon wheel
540958円
8.25kg


ULTRA SL R Enthusiast

IMG_7681


Ultegra R8070 Di2
LEVEL DB56 Sport carbon wheel
629041円
8.20kg

ULTRA SL R PRO

IMG_7683

SRAM FORCE AXS
LEVEL DB56 PRO carbon XDR wheel
691968円

ULTRA SL R Tri Edition

IMG_7684

Ultegra 8070 Di2
LEVEL DB PRO Carbon Tri Spoke wheel
830374円

ULTRA SL R Hero

IMG_7685

Dura Ace Di2
ENVE Foundation 65 Carbon wheel
918458円
7.8kg






かなり昔に取り上げた中国のWHEELTOPという主にクランクを製造しているメーカーが開発している電動コンポーネント EDS。



久々に調べたらカッコよく洗練されていた。

2021-08-20

a14ebf02-9ca7-47aa-bec2-70f425549b6a.png_640xaf
d6afbeae-be84-45d2-91b2-1dcbbe11dcc1.png_1180xaf
48a8a626-05c5-48ba-bfc8-acf5f2004e84.png_640xaf

変につやつやしたデザインや印字された文字の不自然さを見るとCADでのレンダリング画像だと思うが、上海のバイクショーにも出展していたようだ。
動画を見る限り、ガチャガチャ変速しても問題なく動いているみたい。




おそらくOEM供給等になるのでしょうが、市場に出回るのが楽しみですね。 





GIANTの手掛けるコンポーネントブランド CADEXより軽量なハンドルバーがリリースされました。
なんとその重量160g。
高剛性で反応がよくて手に優しいらしい。へえ。
IMG_7643


CADEXホイールで培ったレイアップ技術により、ワンピース構造と必要な箇所にのみ高張力カーボンを用いることで、軽さと強度を両立したとのこと。

ハンドル幅は38、40、42、44cmの4種類

リーチは72mm
ドロップ量は125mm
フレア無し
重量は154g〜165g


トップ部は緩やかなカーブでリア部がフラットと説明に書いてあるけどわかりにくいね。
実物見ないとなんとも言えん部分か。


IMG_7644
IMG_7645
IMG_7647
IMG_7646

お値段は$370なので、39800円とかになるだろうか44000円となります。あ、税込か。



発売日に言及しているところがなかったけど、CADEXのサイトをグローバルからUSに切り替えたら2021年10月って書いてありました。

気になる方はGIANT取扱店へ

現在開催中のブエルタ・ア・エスパーニャにて、UCIプロチームであるエウスカルテル・エウスカディが使用するメインバイクはORBEA ORCA OMXだが#112のシャビエル・ミケル・アスパレンが使用したカモフラージュ柄のバイクはどうやら新型のORBEA ORCA AEROの可能性が高いとのこと。

IMG_7628
IMG_7623
IMG_7624
IMG_7625
IMG_7626

流行の落としたシートステーに、ダウンチューブがボトルケージ周りで広がる形になってますね。
あとチェーンステーがガクッと屈折してる。TTバイクではたまに見る気がするが最近のカーボンロードだと525くらいしか記憶にない
他のORBEAのバイクとも見比べる

IMG_7632
ORCA OMX

IMG_7631
ORCA AERO(2018)


IMG_7623
NEW ORCA AERO?


IMG_7630
ORDU


ダウンチューブの造形やシートチューブの接合部の位置はORDUに近いかな?ヘッドチューブ回りもORDU寄りか。
正式発表に期待しましょう。

東京オリンピックの男子ITTで金メダルを獲得したログリッチ
彼の使用するCervelo P5は金メダリスト仕様のスペシャルカラーになった。


IMG_7621


いや、バイクだけでなくスーツやヘルメットもゴールドをあしらったスペシャルカラーである。


IMG_7615
IMG_7614
IMG_7611
IMG_7613
IMG_7609
IMG_7610
IMG_7612
IMG_7616
IMG_7617
IMG_7618
IMG_7619
IMG_7620
IMG_7607

バイクはFSAのエアロ部門であるVISIONのカスタムTTバーに、シマノのコンポーネントで構成されている。


少し前にCiamillo製のG20SLやlekki8の話をしました。
取り付けに苦労する構造のブレーキキャリパーです。
制動力は悪くありません。

3a26e7b1



私自身の発送は問題がなかったのですが、weightweeniesのlekki8関連のフォーラムを見ると配送遅延が多々生じている模様。うちのブログの読者も音沙汰が無いというトラブルに遭い、返金申請をしたそうです。
「昔も資金繰りがダメでトンズラしたけど、今回もやっぱり駄目だったか」的な雰囲気を見る掲示板。。

そしてフォーラムに新しいトピックがあったので目を通してみると…
なにやら、lekki8に激似のブレーキキャリパーがAliexpressやAlibabaにあるらしい。

・すぐ値下がりするのでは?
・Ciamilloとの間にOEM上の契約問題が生じているのでは?
・オリジナルより信頼できる
・本物なのか?
・↑それは誰にもわからない

などの書き込みがある。というか、これだけしかまだ書き込みがない。

件の製品のAliExpressやAlibabaの画像がこちら
偽物の場合を考えると、リンクを貼るのも気が引けるのでスクリーンショットだけでご勘弁を。

2021-08-13 (2)
2021-08-13 (1)

※AlibabaはMOQが5なので注意

問い合わせをしてみたけど、返信あるかどうか…
なにか返信がありましたら追記します。

参考:https://weightweenies.starbike.com/forum/viewtopic.php?f=3&t=167164



東京オリンピックにてイギリスがトラック種目で使用し、自転車ファン以外からも注目を浴びた(であろう)バイク、Lotus/HOPE HB.T

NaDqt367sMzTfxT53Kg3t5-1280-80


そのHB.Tに最新のUCIのTTバイクの規定やロード用ホイール、カセット、ディスクブレーキ等に対応するよう再設計されたロードゴーイングVerのプロトタイプが登場した。その名もHB.TT

Hope-HB.TT-prototype-time-trial-bike1-362bda6 (1)

HB.Tがディレイラーの搭載を考えた設計ではないので、リア周りは大きく変更がされているね。



Hope-HB.TT-prototype-front-end-858da34
HB.TT_9-1340x754

まだ開発途中のようで、風洞テストもまだ行っていないそう。
タイムトライアル用にジオメトリの調整やカーボンレイアップの設計などを行っていくとのこと。
というわけで本当に「作ってみた」状態。仕様等定まるのはまだまだ先かもしれませんね。外見ももう少し変わってくるのかも?

来年から販売できるかもしれないとのことで、頑張れば生産数は最大で週5台とのこと。

販売するとしたら、おそらく価格は12000ポンド~15000ポンドになる予定とあるので、だいたい200万円くらいかな?
憧れのLotusTTバイクが手に入る日がもうすぐ来るのかもしれない…



補修品が届きました。
なぜアキバオーでシマノの補修品が売っいてるのかは謎です。


IMG_7517

RDもビッグプーリーの交換方法などググれば外し方がすぐに出てくるので便利な世の中になりました。

IMG_7519
IMG_7518
IMG_7520
IMG_7521

壊れたパーツはゴミ箱へポイー

これからZWIFTで取り付けに問題がないかテストします。
丁寧な変速の練習も。


みんなのヒーロー ペテル・サガンがWTチームのBORAを離脱し、プロチームのTotal Energyに移籍します。兄やオスなどの御一行を引き連れての移籍となります。
というわけで移籍情報がてんやわんやしています。




BORA hansgroheから移籍
・ペテル・サガン(BOH→TEN)
・マチェイ・ボドナル(BOH→TEN)
・ユライ・サガン(BOH→TEN)
・ダニエル・オス(BOH→TEN)
・パスカル・アッカーマン(BOH→UAE?)
・エリック・バシュカ(BOH→?)
・ルディガー・ゼーリヒ(BOH→LTS)
・アンドレアス・シリンガー(BOH→引退予定)
・ミハエル・シュワルツマン(BOH→?)

BORA hansgroheへ移籍
・サム・ベネット(DQS→BOH)
・シェーン・アーチボルド(DQS→BOH)
・セルジオ・イギータ(EFN→BOH)
・ジェイ・ヒンドレー(DSM→BOH)
・マルコ・ハラー(TBV→BOH)
・ダニー・ファンポッペル(IWG→BOH)
・ライアン・ミューレン(TFS→BOH)
・Cian Uijtdebroeks(2022からBOHでプロ契約の18歳のベルギー人)

その他
・アレクサンダー・クリストフ(UAE→IWG)

チーム大刷新だね。かなりチームのイメージが変わる。
アッカーマンが抜け、サムベネットは古巣へ戻ってくることに。ワンティからファンポッペルも来る。
イギータやヒンドレーの移籍はステージレースでの総合力にも力を注ぐようにも見えるね。
ブフマンシャフマンケルデルマンに加えてケムナにコンラッドに上記の2人。うむ、強そう。







ヒンドレーはサドルの痛みの為、ブエルタには出ないんだって。
へえ



クリストフはワンティへ




以前紹介したProOwnedCyclingは様々なチームの使用済み/未使用のアイテムを販売している。
まあチーム名なんてコロコロ変わるしね。去年のモノがピカピカでもスポンサー変われば使えないわけで。





そんな通販ショップが現BIKE EXCHANGEに所属し、東京オリンピックにも出走したエステバン・チャベスが立ち上げたコロンビアの非営利団体、Fundacion Esteban Chavesとの共同作成の特別なボトルを販売開始している。

9W7A3816


 


9W7A3722
9W7A3822
DSC04372
P1730541

Fundación Esteban Chavesの活動はチャベス自身の価値観や哲学にのっとり、サイクリングを通して若者に前向きな人格の形成を手助けしたり、
骨格等に異常があるが整形外科手術を受けられない低所得者層の子供たちの生活の手助けをするための活動をしています。
子供たちの夢を実現させるための活動ですね。

このボトルの売り上げは100%基金へ送られるそうです。
Pro Owned Cyclingはこれまでもファンデーションを支援していたが、このボトルを販売することによって直接貢献できるようになったとのこと。
ちなみにボトルはTacx Shivaの500mlです。

FUNのサイトではサイクルジャージや普段着等売っていてお手頃価格。
これを買うことでも支援できる。



2021-08-03 (2)
2021-08-03 (3)

先日引退を発表したアンドレ・グライペルも自身のシンボルを入れたゴリラジャージの売り上げの一部を難病研究へ寄付したりといった活動をしています。



これを期に自分の好きなチームや選手がこのような活動をしているのか調べてみるのも面白いかもしれませんね。
このような選手たちの活動を支援することが、普段レースを観ることで受け取る熱狂や興奮、感動に対しての選手への返答になるのかもしれないね。飽くまで私の考えだけど。





ZWIFT中の変速でRDが壊れました。
無理なシフトチェンジが多く、疲労が蓄積したのかもしれませんし、そもそも中古でしたし(美品でしたが)、輪行などで痛める要素があったのかもしれません。


なんにせよ不自然に壊れるのはたいていの場合自分自身に原因があります。


突然クランクが回らなくなり、よく見るとチェーンがディレイラーケージの外に飛び出ている。
やれやれ、ボルトが破断でもしたかな┐(´-`)┌、
と思いながら、エキストラクターなど用意してRDを取り外す。
と、どうやら破断ではない模様。

IMG_7495

IMG_7497
IMG_7498

ふむ、これは

IMG_7499
IMG_7500

プレートが避けてるというか剥がれてるというか、そんな壊れ方をされていました。
ボルトはきれいでした。疑ってすまん。
ZWIFTでよかったな。

というわけで、シマノのスモールパーツをググって補修部品を発注。
パーツまるまる買い直すわけではないにしろ、こういう出費は抑えたいところですが…。

先日中華カーボン号に久々に乗って思いましたが、電動に変えてから雑なシフトチェンジが増えていたという印象があります。
雑というかモーターに頼る結果、変速がスムーズに行えるケイデンスの範囲外での変速が増えたという感じか?
雑なダメージが蓄積して壊れたのでしょう。
バイクもパーツも丁寧に扱わないといけないですな。


ゴリラの愛称で親しまれ、先日引退を宣言した39歳のアンドレ・グライペル
Israel Startup-Nationでの使用しているフレーム重量780gのオールラウンドバイク Factor OSTRO V.A.Mの紹介記事

EzJpWOWUcAQ0EGH

https://www.radsport-news.com/sport/sportnews_125766.htm

1625556489_5_max

フレーム:Factor OSTRO V.A.M
ドライブトレイン:SHIMANO DURAACE R9170 Di2
 クランク長:175mm
 セラミックスピード製OSPW
ディスクローター:SwissStop Catalyst フロント160mm、リア140mm
パワーメーター:4iiii
ハンドルバー:BlackInc Integrated Barstem 130
サドル:selle Italia Nobus Boost Evo
ホイール:BlackInc 30 TL
タイヤ:Maxxis High Road 25mm

長身で剛脚でイケメンな彼はクランク長は175mm。
ホイールやハンドルはFactorのコンポーネントブランド BlackIncで統一。
SwissStopwのディスクローターが他のチームと違うところか。


E5uGH4_WUAMfs6Y
E5uGH6PWYAwJqXE

引退しても彼はバイク人生を楽しむのでしょうね。長い間お疲れ様でした。




わけあって(Bottecchiaがトラブったので)中華カーボン号を久々に調整し、走らせました。しばらく乗ってなくてごめんよ…。

乗ってみて改めて認識したことが多々ありました。

IMG_7503

・こちらのほうが快適なポジション
初動からあれ?と思った。自分に完璧にフィットしたポジションが作られていた。
ひとつのバイクをあれこれ弄ってるうちにフィッティングが破綻していたようです。

こちらの方がハンドルまでの全体のリーチが短めなのですが、体重を掛けやすく、ポジションもなんかしっくりくる。
いやFarsports F1が公称より長いのが悪いよ…

FullSizeRender

作り直そうと思いながらも放置している懐かしのツールを適当に使いながら照らし合わせてみると、中華カーボン号よりも高く長い。
どんなポジションで乗ってたんだわし

FullSizeRender

近似値つくるとこのくらいか。
こちらに合わせるように構成を見直していこうかと。
いやどう見てもFarsp(略

・クランクは165mmのほうが自分に合ってる
中華カーボン号にはFC-R8000 165mmが付いている。Bottecchiaで今使ってるROTORのアームは167.5mmだ。
これはもう脚力との兼ね合いにもなるかもしれないが、165mmのほうが気持ち良く回せる。ケイデンスも無理なく上がる。
筋肉の使い方が楽というかなんというか。

FullSizeRender

興味本位で167.5mmを試して使っていたが、戻そうと思う。試さずモヤるよりも試して判明したのだからすっきりした。165mmのほうが選択肢も多い。
下死点上がるからサドルも高くなっちゃう。へへっ

・FDが勝手に落ちるwww
これは初期伸びが済んでないのとその場しのぎで済ませた調整不足なんだけど、ワイヤーが伸びてトリムが利かなくなるのと、パワーをかけて踏み込んだ時にインナーに落ちるので、左手がいそがしいそがし。短い坂でパワーかけてダンシングしながら左手はレバー引き続けるってなんやねん。
純シマノじゃないしCENTOS11のFDとFC-R8000が互換外なのも関係はありそうね。
1度決めたら調整がほぼいらない電動ってやっぱり楽。初期伸びないしね。
リアは別になんとも思わんがフロントはマジ楽。フロント用XShifterはよ作って。

・変速が楽しい
それでも機械式の変速はやはり楽しい。電動にはない楽しさ官能さがあると個人的に思う。
自分の動作も電動よりも丁寧に扱ってる感覚。
LTWOOの親指レバーは中にラチェットがあり、パチッと1段分をリリースするという動きでシマノに近く、microSHIFTはシフトアップもダウンも中のコグを回すという印象の動作をし、同じ親指レバーでも全然違う感覚。

microSHIFTの親指レバーはカンパのように1押しで最大3段まで変速が可能なので、加速に合わせて少しずつレバーを押していくという動作をしてみると、機械と自分の感覚を合わせるようでとても楽しい。
その動作の動画を撮ったけど真っ暗だったからボツ。すまぬ。 

電子制御であれこれ出来る時代だけど、このレバーの深さを活かすシフティングの工夫っていうのは電動ではオミットされてしまう部分であり、機械式でないと味わえないと思う。現段階では。
今後も1台は機械式を楽しめるバイクを弄りたいと思う。


久々に違うバイクに乗ると普段意識しないことがわかった気がした。中華カーボン号もこれまでより併用して乗っていきましょう。



東京オリンピックの女子ロードレースはパレードラン終了と同時に飛び出し127km逃げ続けたオーストリアのキーゼンホファの衝撃的な勝利とともにオランダチームの歴史的大失態とも言える判断ミスがセットとなりました。
ちなみに私は富士スピードウェイに入った瞬間からすでに銀メダル争いにシフトしているのだと思ってました。だってあの動き観ると…ねえ。

なお、日本人的にはKiesenhoferの読み方が謎で、
英語実況は「カエイゼンホォファア」みたいな感じだったしカタカナで正しく綴るのはおそらく無理ね。
オーストリア人だから英語読みでもないしね。だからわからん。知らん。
だからうちではKiesenhoferと書くね(逃げ)。

レースを観ていたときはSCOTTにセラミックスピードのOSPWくらいしか思っていなかったけど、
weightweenieのフォーラムを見ていたら、

it seems great for an olympic gold medal :D
という書き込みと一緒に彼女の写真が。

VZkSLcHBFAZM7ydLkciEHV

よく見るとコンピューターマウントにfarsportsの文字があるね。
Kiesenhoferは現在プロチームに所属していないアマチュア選手となるので、スポンサー云々ではなく機材も自身でチョイスしている可能性が高い。



road.ccによるとその他のkiesenhoferの機材は
SCOTT ADDICT RC
SHIMANO DURAACE Di2
クランクだけ11s時代のSRAM RED 
セラミックスピードのOSPW
Farsports F1ハンドルバー
Xentis SQUAD 5.8ホイール
という構成となっているようですね。

ちなみにWahooのコンピューターをマウントする場合、マウントを90°回転させて付け直して、すこし詰め物して1mmほどかさ増ししてあげるとぐらつきが無くなります。

ちょっとわけあってFarsportsに注文のついでに彼女の金メダルとハンドルバーについて話をしてみると、

「そうなんだよ、彼女は3月にうちのハンドルを購入したんだよ!」

とのこと。ちょ、おま、それ個人情報じゃ…。

とのことで、彼女がFarsportsのハンドルを購入して使用していることは間違いなさそうです。
大学に勤めているということだし、理系の人間はやはり強度実験のデータ見せてくれたり、他との比較したデータを数字でを示してくれると購入に踏み切れるよね。

0bd27db4






購入レポート等の少ないハンドルだし、彼女が2分くらいでいいからハンドルを調べている時にうちのブログにも目を通していてくれていたりしないのかなぁと思ったり。
もしそうならば私は微小なりとも金メダリストの機材選定に助力できたことになるので一生誇れるわ。

ちなみにサイズにもよるとは思いますが、現在F1ハンドルは注文してから生産・発送までに45日くらいかかるそうです。

ちなみに私が購入した時より少し値上がっているように見えますが、スペーサーが別売りから付属に変わった(確認済み、しかもフレーム毎に用意されている)のでその分の増加と為替の影響ですね。


IMG_4797



SHIMANOの手掛けるコンポーネントブランド PROから新しいエアロハンドルバー VIBE EVOが登場したようです。
中の人がいうには、レバーの位置やハンドル形状がどのように効率や快適性を向上させるかを考え抜いて作ったそうで、1日中快適に乗れる快適性に優れたエルゴノミクスと、エアロダイナミクスに優れた形状を備えていて、一体型のデザインはスプリントにも十分な剛性があり、どんなライダーにもフィットするハンドルとのこと。なかなか斬新なの。

ゴツい

Vibe1









Vibe2
2021-07-27 (12)

2021-07-27
2021-07-27 (2)
2021-07-27 (3)
2021-07-27 (14)
2021-07-27 (4)
2021-07-27 (5)

素材は東レT700カーボンを使用し、当然Di2システムのフル内装が可能。
ハンドルの重量は390g
一体型にしては少し重めかなとも思いますが、PROはもともと剛性重視だし、ケーブルの取り込み部分とかの構造もあるし納得か。トップキャップにカバーもあるしね。

2021-07-27 (15)
2021-07-27 (1)

ドロップ形状はコンパクトで、ショルダー部は直角ではなく、滑らかに前方へスイープする形状になっています。
上ハン、腕を水平にするエアロポジション、ショルダー部、ブラケット、ドロップの5つのポジションを考えて作っているそう。

通常のバーテープの他に、PROが作成した専用の特殊なテープがある模様。握りやすくて滑りにくくてエルゴノミックで重量も削減とかなんとか。新時代の突入だとかなんとか。
画像を見ての通り、フラット部分はテープで巻く必要がないようで、バーテープ1ロール分で足りるとのこと。

2021-07-27 (16)
2021-07-27 (17)

底部には他のエアロハンドルと同じようなマウント用の穴があり、コンピュータマウントを取り付けられる。

2021-07-27 (18)
2021-07-27 (19)

もちろんフルインテグレーテッド以外のバイクにも対応。
サテライトシフターもインテグレーテッドとか言ってるからそれ用の穴かもしれん。
フルインテグレーテッドの場合は穴をカバーで塞ぐことができる。気付いたら無くなってたりしないよな…

クランプ直径は1 1/4インチ。1 1/8インチに対応するシムが付属し、±2°の調整ができるそう。
ハンドル幅は380, 400, 420mm
ステム長は105, 115, 125mm
3*3通りだと思うけどよくわからん。

ハンドルバーは(ヨーロッパだと)2021年7月以降にショップに並ぶとのことで(もう終わるが…)
PROエルゴノミックドロップグリップは(ヨーロッパだと)11月から販売開始とのこと。

小売価格は$990。11万円くらいかな。うおおお

2021/7/28追記
日本でも発表されたね。税込93500円とのこと。
海外価格より安い!うおおおおお



欲しい人はPRO製品取扱店へ。

2021-07-27 (9)







オリンピック男子ロードレース

roadracecourse


逃げ集団が捕まり三国峠の険しい坂を走り、集団がエースのみに絞られる。
新城も三国峠手前までは食い付くもここで先頭集団から脱落。

先頭集団に残っているのは
・ポガチャル(スロベニア)
・ファンアールト(ベルギー)
・カラパス(エクアドル)
・モレマ(オランダ)
・ゴデュ(フランス)
・ウラン(コロンビア)
・マクナルティ(USA)
・シャフマン(ドイツ)
・アダムイエ―ツ(イギリス)
・クフィアトコウスキ(ポーランド)
・フルサン(デンマーク)
・ウッズ(カナダ)

という面々。このメンツが揃うレースが日本で行われることは今後あるのだろうか。

残り33.3kmを切ったあたりで、ウッズがアタックを掛ける。

2021-07-26 (1)
2021-07-26 (5)

4kmほど独走したが集団に捕まる。

2021-07-26 (6)

ウッズが捕まった直後、モレマがアタックを仕掛ける。
チェックに入るのはクフィアトコウスキとマクナルティ。
モレマに追いついた後、そのまま二人はアタックを試みるもここはすぐ捕まってしまう。

2021-07-26 (7)


残り28kmを切る辺り、次にアタックをしたのはフルサン

2021-07-26 (9)
2021-07-26 (10)
2021-07-26 (11)
2021-07-26 (13)

この辺りから集団内で誰がチェック掛けるかのけん制の流れが強くなってくる。
このときはクフィアトコウスキとポガチャルが集団からチェックを仕掛けてフルサンに追いつく。

2021-07-26 (15)



その直後、マクナルティがアタックをかけ、カラパスがそれに追随する。

2021-07-26 (16)
2021-07-26 (17)
2021-07-26 (19)
2021-07-26 (20)
2021-07-26 (22)
2021-07-26 (25)


これがうまく決まってしまう。
そしてこのアタックが補給ポイントの少し手前という絶妙なタイミングだった。
目的の人から補給を受け取るのも人数が少ないほうがスムーズに終わる。
その後集団では籠坂峠でウッズやクフィアトコウスキがアタックを試みるもうまく決まらず

2021-07-26 (26)
2021-07-26 (28)

踏んでいく2人に対して、
スプリントになってしまったらファンアールトが勝ってしまう可能性が高い集団は、なんとか自分の体力を温存したいが、ファンアールトだって同じ。

2021-07-26 (33)

タイム差がかなり広がる。
そして結局ファンアールトが集団を引く。


2021-07-26 (37)
2021-07-26 (38)
2021-07-26 (39)
2021-07-26 (40)
2021-07-26 (41)


残り6km、富士スピードウェイに入る直前
カラパスがマクナルティに対してアタックをかけ、マクナルティはこれを追えない。

2021-07-26 (42)
2021-07-26 (43)
2021-07-26 (44)
2021-07-26 (45)
2021-07-26 (46)

後ろを伺う機会が増えたマクナルティに対して、カラパスがもう余裕が無さそうと気付いたのかもしれないね。憶測だけど。
サーキットに入ったらカラパスの独走。凄まじいレースだったね。

2021-07-26 (48)
2021-07-26 (50)
2021-07-26 (51)
2021-07-26 (61)
2021-07-26 (62)

そして2位争いは全員がファンアールトを伺うという状況に。
なんと残り250mまで誰も動かないじりじり状態。

2021-07-26 (53)

最初にスプリント掛けたのはアダム・イエ―ツ。ちなみにイエ―ツ兄弟はトラック競技出身。

2021-07-26 (54)
2021-07-26 (55)
2021-07-26 (56)
2021-07-26 (57)

最後、ポガチャルとファンアールトの争いは写真判定に。

2021-07-26 (65)

その結果、リム分、5cmくらいファンアールトが先にライン通過をしていた。
ということで2位はファンアールト、2位がポガチャルに。
集団よ…。


2021-07-26 (59)
2021-07-26 (60)

表彰式



2021-07-26 (79)
2021-07-26 (80)
2021-07-26 (81)
2021-07-26 (82)
2021-07-26 (83)
2021-07-26 (84)
2021-07-26 (85)
2021-07-26 (86)
2021-07-26 (88)
2021-07-26 (87)

見ごたえのあるレースでした。
感動をくれてありがとうございました。