しがないリーマンと自転車の話

趣味も仕事もこなしつつ隙を見て更新されるしがないブログ。 中華カーボンを購入した話だったり、マイナーなブランドのパーツを購入した話だったり、海外の記事を読んで紹介したり感想を書いたりする話だったり。 https化しました。問題のあるページがありましたらコメントにてお知らせください。

ブレーキ、大事。

現在の自転車についているブレーキは前がBR-5800で後ろがBR-6800。
グレード違うにしてもふつう逆じゃない?って思う人が多数だと思うけど、個人的には後ろのほうが大事。
前は止まるためのブレーキ
後ろは速度の微調整や姿勢の制御に使うブレーキ



…どっちも重要だな。
自分の停止時のブレーキングは後を強めに掛け始めて速度が落ちるにつれて前を強くしていく。
こんな方法をしているもんで、リアのシューの減りは人より早いだろうし、ブレーキの性能もリアが重要になってくる。
前はグッと握ってガッと止まればまあOKさ。

SL-KとかTRPとかeeなんとかとか色々見てたけど結局購入するのはSHIMANO BR-R8000

IMG_0797


いやだって値段がさ、サードパーティ製の片側1つの値段で前後セット買えてしまうんだもの…性能は欲しいし。

IMG_0798

IMG_0799

以前よりごつくなりすぎだよなぁ、クランクとかブレーキ。
組んだ状態で見るとまた印象が変わってくるんだろうけど、ゴツい。



重量
固定用のナットは外した状態で計測
ナットは長いものは6g、短いものは3g程度

フロント
IMG_0821

リア
IMG_0822

軸が長い分フロントのほうが少しだけ重い。


ちなみにR8000と9100にはブースターといわれる金属製のアーチなパーツがついています。

IMG_0800

これにより、ブレーキ時のたわみを抑えてしっかり制動力を発揮。
R7000にはつきません。
価格差が前後セットで5000円ほどですが、わずかな安全性を重視する私みたいな人はR8000を選んだほうが吉
R7000も十分に性能はいいんでしょうが。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ BR-R7000 キャリパーブレーキ 前後セット
価格:7840円(税込、送料別) (2019/3/16時点)




フレームは発送通知がきた。色々まだ足りてないんだけどな。
読めねえ!

FullSizeRender


↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今月半分終わっての労働時間が115時間だ。明日は室内でローラーだろうなぁ。雨だし。

正式に発表されたのさ!
買う予定はないけどさ!
カンパのコンポはかっこいいのさ!
165mmのクランクはないのさ!
IMG_0817




ダウンアンダーから大活躍してるSuper Record EPS 12sがついに秘密のヴェールから解き放たれたぞ!

CyclingTipsさんのレビュー

機能的なのは国内のどっかが上げるでしょ。
以下抜粋

70キロしか走ってないから十分じゃないけど、ファーストインプレッションさ
基本的に機械式を受け継いでいる部分は良いよ。
フロント変速はきっちりするし、チェーンは丈夫。自動トリムもチェーンの擦れを気にしないで済む。



リア変速の時、機械式に比べると17Tのあたりでもたつく。めちゃ速い変速でも超静かでもない。
よく売り言葉になってる、「1つの動作に対して、1つのバー」だけど、実際問題混乱することなんてないし、これ完全に好みの問題じゃね。
個人的にはSRAM eTAPのほうが直感的ですきやわー。
あ、ただアプリで機能をそれぞれ設定できるのはいいよね。
ブレーキレバーの側のスイッチ小さくね。これ冬場に厚手の手袋したらスカりそう。
サムレバーはいいね!下ハンも機械式のより押しやすい!
ブレーキはマグラのおかげかな、いいチューニングがされてて急激な 反応したりはしない。ウェットは試走してないから知らん。

去年発売された機械式と同様にデザイン性に優れている。
でも高すぎるし、機械式のほうがワクワクさせてくれた。何かが欠けてるんよ。機械式のほうがイタリアンな感じがする。
パワフルなディスクブレーキは楽しかったよ!

とのこと
さてはアンチだなオメー!!

↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑



まだフレームを作ってすらないというお話から早10数日。
残業続きであっという間に過ぎた。
平日3時間睡眠だわーつらいわー。

塗装が完了したから発送するで〜
って連絡がきた。画像もらった。
フレームに黒を使うのがあまり好きではないから黒いところを濃いブルーにしてくれって頼んであったんだが


IMG_0811


うーんなんか想像より色が明るい。
Blue color like Redbull F1って頼んだんだが。
これは缶の色だ。

レッドブルを期待してたらトロロッソだった感じだ。どっちがどっちかわからなかったんだろうか。
クビアト好きだったからまあいいっか。今年は頑張ってくれよ。

ていうかなんだその適当に置かれたヘッドのベアリングは…

IMG_0810

FullSizeRender


うーん。しかしこれ、どう見てもあのメーカーだよなぁ。ダウンチューブのモールドとか。
春節くらいに気付いたんだけどずいぶん前に支払ってあったし無理をお願いしてる部分もあったし、今さら文句も言えん。



ちなみに、「めっちゃ似てるね!」って書いたメールはスルーされた。

ちなみにコピー品作ってるアウトなショップはは「そうだろ!めっちゃクオリティ高いんだぜ!」とか返ってくる。

「それはうちのフレームだね!契約上ロゴとかは一緒にできないけどね」と返ってきたこともある。

今回は判断がつかない。まあいいか。多分アウトなほうだと思っておこう。

発送したらトラックのリンク送るねって言ってたのに来ない。発送したのか…?


↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

海外の記事(Cycling Tips)の記事だけど。
あまり尖った記事を書きたくはないけど気になったので。
皆大好き世界のENVE様がなんか警鐘しとるよって話。


タイヤを選ぶにあたり、今もっとも皆様が重要視しているのは「転がり抵抗」だと思われます。
それと同時に、快適性を上げるために、柔軟性を上げたケーシングを利用したりして、タイヤの開発を頑張ってます。

最近人気を集めているものは、レトロライクなタンウォールで、コットンつかったり、他の柔軟性の高いケーシングを使用しているやつ。



それで、こいつらがENVE的には良くないよという。スピードも重要だけど、耐久性を蔑ろにしすぎだろと。

ENVEの中の人によると、
ENVEホイールの使用じゃなくても、最近のタイヤの破損はサイドウォールやビード付近が壊れるものが増えたらしい。そしてそれらはビード周りに補強のない高性能を謳うタイヤ。

路面のショックを和らげるために多少の柔軟性を素材に与えることはどんなホイールも同様のこと。その柔軟による動きでの疲労は同じ条件。
だとすると要因がタイヤ側にあることは明らか。

タイヤが快適性を上げるために柔軟性を多く持たせるとビード部分やサイドウォール部分に
負担がかかる。
それで、こうなる。

IMG_0801
こんな壊れ方見たことないがなあ。
日本人はだいたいこうなる前に買い替えるのかな?
似た構造のモデル全般でこんな感じのダメージの受け方が見られたとのこと
それでやっかいなことに、その疲労をぱっと見で確認することは困難みたい。


ケーシングの伸縮による疲労や、ビードの接合部の摩耗が繰り返されることがタイヤがぶっ壊れる明確な原因であるかどうかはまだわかっていないらしい。確定みたいな書き方の記事だけど。
それよりも、タイヤの素材と構造が重要。

ENVE「Vittoria Corsaは特にビード部分が壊れやすいよ」

ENVEの中の人がVittoriaの中の人に報告したとき、めっちゃ否定された。
Vittoria「そもそもそれレース用で、数百マイルも走るようなタイヤじゃないし

ENVEおこ
・ホームページにもそんな情報書いてないのに誰が知ってんだ!?
・だからショップも推薦して、客がそれ買って、それで怪我してるんだぞ!
・日々そのタイヤで走っている人もいるんだからその人たちの抱えるリスクを知っておけよ!




通常、クリンチャータイヤはビードの周りに補強してるけど、いくつかのタイヤは軽くて速い高性能なタイヤを作るために外側の層を削除してるそうです。

IMG_0802

Pの部分から描かれている層のことですかね。これを排除するとビード部分の耐久性が低下する可能性があるということかな?

ENVEさんは暫定的にカーボンリムに適していそうなタイヤと良くなさそうなタイヤのリストを作って下さったそうです。

100個以上のタイヤをテストしたけど、まだまだテストできていないタイヤは一杯あるよ~とのこと。
スペシャのターボコットンとか、DonnellyとかVeloflexとかとか

それで、以下がCycling TipsさんがENVEからもらったリスト

推奨しないタイヤ
Challenge handmade clintures (全て)
Vittoria Corsa 非チューブレス
(Corsa Speedは使ってもええんか!?)

推奨タイヤ
Bontrager
Continental
Hutchinson
IRC
Mavic
Maxxis
Panaracer
Pirelli
Schwalbe
Specialized(Turbo Cottonは未テストの模様?
Tufo
Vittoria(上記以外。Corsa Speedは?ねえCorsaSpeedは大丈夫なの?)

めっちゃ気になってしまったので画像検索。
(こんな肝心な時に英語公式はGraphene2.0モデルに置き換わってるし、日本ページは編集中だし…)

CORSA-SPEED_open

ビード周りは補強してあるっぽいですね。コットンだとエアもれるだろうし当たり前か。

Graphen2.0を使う(来月から発売される)新シリーズのTLRモデルは問題なさそう?
となると、新Corsaシリーズはクリンチャー運用であってもTLRモデルを買うべきなのか!?

ヴィットリア vittoria ルビノ プロ グラフェン 2.0 RUBINO PRO GRAPHENE 2.0 クリンチャー タイヤ 【予約】
ヴィットリア vittoria ルビノ プロ グラフェン 2.0 RUBINO PRO GRAPHENE 2.0 クリンチャー タイヤ 【予約】

●【国内正規代理店品】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000(グランプリ 5000) GP5000 ロードバイク用 クリンチャータイヤ WO
●【国内正規代理店品】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000(グランプリ 5000) GP5000 ロードバイク用 クリンチャータイヤ WO)

↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

※2019/05/01 一部修正しました。

フレームが仕上がっていないというショッキングな出来事
から1週間。
BB購入に至るまでの話はこちら

楽天で購入。海外通販に比べると到着が早い。
IMG_0767

中身
IMG_0768
シェルの左右についてるでっかい奴は取り付け工具です。

IMG_0776
わかりやすいようにアダプターの向きを変えてみた。

どんなクランクでもかかってこい!取り付けてやるぜ!

スクエアテーパー?だめ来ないで。ISISも禁止。
DUBも無理ですね。
代理店さんはSRAMや12速の流れには興味ないのかな?



説明書
IMG_0769
IMG_0770
どんクラ

シェル本体
IMG_0773
ninja!

実は箱にも説明書にも本体にもTBTという表記がなくて、無印と見分ける方法を東商会さんに問い合わせました。

回答として、ベアリングのレース部分が金のものはチタンコーティングされている証拠。レースが金ならTBT。一安心。分解してセラミックベアリング確かめる寸前だった。

1営業日足らずで回答してくれた東商会さんありがとうございます。

エンドユーザーも容易に付け外しできる敷居の低いBBなんだから今後はどこかに記載してくれよな!

再奥まで続くスレッド
IMG_0772

シェルの重量
IMG_0774
やはり樹脂製と比べると重いですね。

いろいろな組み合わせの重量を測ってみる。
お目当てはあるかな?
・PF30+SHIMANO 24mm
・PF30+BB386 30mm
・PF30+GXP

・BB386+SHIMANO 24mm
・BB386+BB386 30mm
・BB386+GXP

これは合体ロボ好きにはたまらないギミックだな。



どんどん測るよ!
PF30+SHIMANO24mm
IMG_0788
!?
この仕様をつかうんだが(^ω^)…
アダプターが意外とずっしりしっかりな造り。
BB重くなる分にはバイク全体の重心位置が下がるからまあ…サドルやシートポストが重いよりは…
ちなみに東商会さんのページより2g軽かった。
※ロード用のクランクを使う場合、アダプターの外に2mmのスペーサーは必要ありませんでした。

PF30+GXP
IMG_0789
やはりアダプターが重いですね

PF30+BB386 30mm
IMG_0790
アダプターが薄くなる分軽くなります。
メタリックな赤がかっこいい
この組み合わせを使うには、やはり30mmアクスルだ。



続いてBB386仕様

BB386+SHIMANO24mm
IMG_0784
BB386+GXP
IMG_0785
BB386+BB386 30mm
IMG_0786
 まあそりゃこの組み合わせがいちばんかるくなるわな。

以上、色々な組み合わせができるTOKEN NINJA BBのお話でした。
WISHBONEより安いし、合体メカ好きにはおススメできるBBであった。
んでフレームは…



↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策
台湾製のビッグプーリー安い。欲しい。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

普段の生活もトレーニングに活用したいお話。

私はサラリーマンであり、毎日オフィスビルに向かう。
毎日10階のオフィスまで階段を登る。

個人的にだけれど、登坂でペダルを踏む時と、階段を登るときの筋肉の使い方は近いと思う。



左右の脚を切り替えるタイミング
下死点まで踏み込む無駄さ(そのままジャンプして数段飛ばしで上るなら別だけども)
重心位置


階段をのっそのっそと歩いてる人を見ると、たまに
よい、しょ!よい、しょ!
っていう感じの登り方をしている人がいる。

膝が伸びきるまで足が離れない。
そのために踏み込んだ脚の真上に重心がある。
片足で身体を支える時間が多いように見える。
着地のときにでかい音を立てる。


聞いただけでも膝を壊しそうで怖い内容。

これを見て、意識しなければいけないことはすべて逆のことを取り組むこと。

下死点まで踏み込まない。
斜め上へ向かうために重心を段差の位置くらいまで前に持っていく。脚より前に常に重心を持つ
下がった脚は次の段まで、自重に引っ張られないように素早く引き上げる。
パワーロスを減らす。その速度に必要なパワーのベストエフォートの最小値を意識する。無駄に力をいれずスムーズに脚を動かす。

→全部、ロードバイクのペダリングと一緒や!
意識すれば上りの重心への意識もペダリングスキルもアップ間違いなしや!

っていう理論で階段を登り続けているお話でした。
ちなみに普段歩くときも重心とフォロースルーを意識するとめちゃめちゃ速く歩ける。


斜度とか考えてみると階段って超激坂

↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策
ビッグプーリーが安くてポチりそう

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

フレームが届く気配が全くないのに、周辺はどんどん揃っていく…w

今回はBBのお話。
発注中のフレームのBB規格はPF30。
今となってはほぼ見なくなった規格。
使ってるのはリドレーくらいかな?
(そもそもフレームがリ●レーのパ●リっぽいしな…)



個人的には整備が簡単なスレッド式、ネジ切り式が好き。
中華カーボンにはあまり無い選択肢。中華カーボンに精度を要求するネジ切りを求めるのはやはり苦か。

圧入を個人でやり切る自信なんてないです。圧入工具もなかなかのお値段がします。

WISHBONEをメインに最近流行の圧入規格向けのスレッド式BBがプレスフィット界に大進出しております。自宅でバラ完派の唯一無二の味方。
わたしもこのビッグウェーブに乗るしかない。

呼称がわからないので、総称してWISHBONE系BBとこのブログでは呼ぶことにします。

WISHBONE系BBは特徴として
・シェルがねじ切りで分割されており、締め付けることでフレームに圧入される。
・取り付け、取り外しに圧入工具を必要としない(ただし、スレッド式BB取り付け工具が2つ必要になる場合がある)。
・上記により、付け外しによるフレームへのダメージが少ない。

などのメリットがあります。
デメリットとしては
・やはりやや高価
・シェルが金属製のものが多いため、通常の樹脂のものと比べるとBB全体ではやや重くなる。

重量の面に関してはその分剛性も多少上がると思います。利点のほうが多い。


今回購入したのは「TOKEN TF-37 TBT」
無印とTBTの違いは、ベアリングにセラミックベアリングを使っていたりレースをチタンコーティングしていたり、TBTのほうが少し豪華です。

価格差がそこまで大きくないため(感覚麻痺)、TBTを購入。初セラミック。
購入時、ポイントも考慮すると楽天が1番安かった。

たぶんベアリングの差なんて私には気付かないかなぁ。
比較するスチールベアリングの等級によります。軸受けだったりレースだったりの精度の影響もあると思います。

等級ってなんだ?って人はこちらをご覧ください。
佐藤鉄工株式会社 鋼球のJIS規格
真球度が高いほど等級のランクが上がります。
私含めドド素人目には、鏡面のようなツルピカ球は等級が高いと認識すればいいかな。
あまり難しいこと言われても覚えてられないので…。
ホイールのハブを分解したりすると、くすんだ球でびっくりする。

等級が一桁台のものなら自転車にとって必要十分以上というか過剰な性能はあるはずです。高いですが。
ただ、自分でスチールベアリング球を交換するにしても直径を測ったりモノタロウで頭をなやませたり…という多少の面倒さや、場合によっては必要以上の量を発注しなければいけなかったり、微妙に余った玉の処分に困ったり、労力に見合うコスパがあるかというと疑問になります。
そうなると多少の値段差ならセラミックベアリングを選んでしまっても構わないですよね。
1W出力を効率化するために血眼になって身体低く保ってもがいて血反吐はいてるんですから。
少し多くお金払って少し出力を効率化。うん、間違ってない。

話がそれた。



選択肢としては
・定番のWISHBONE BB
・SUGINO POWER SLEEVE
がありました。プラクシスも出してたっけ。
 
上記はクランクのアクスル径が変わった場合、BBも一緒に買い替える必要があります。その度になかなかの出費。
TOKENのものは付属のアダプターを付け替えるだけで対応できます。
このBBセットでSHIMANO、SRAM GXP、BB386、(BB30)のアクスル径に対応させることができます。
DUBはない。ちょっと残念。

アダプターを介すことで多少回転に影響は出るでしょうが、ベアリングの性能がいいから多少目を瞑る
単体品の価格を比較すると2社より価格が抑えられる。
あとTOKENのWISHBONE系BBの名称がninjaで開発が日本好きっぽいところが好き。

他の記事で書いたけど、クランクは今のバイクのFC-R8000を使い回す予定。
クランク変えるの?SHIMANO以外使う?っていう疑問も私自身生じます。
でも、ROTORのALDHU格好いいじゃん。
165mmは24mm軸にはラインナップされてないじゃん。
SRAMのカーボンクランクも軽くてカッコいいしさ



BB自体は既に到着しております。
Favero Assiomaより一回りくらい小さな箱。
シマノのBBの20回りくらい大きな箱。
IMG_0767

重量も計測済みです。
ただ、1点確認したいことがあり、記事作成の現在、東商会さんに問い合わせ中。

文章が長々しくなってしまったため、後日に記載を予定させていただきます。

※購入したものはPF30とBB386向けのものです。
24mmアクスル向けに開発されたBB(BB86など)は、様々なアクスル径に変形合体できないようなので、WISHBONE等好きなものを購入したほうが満足度が高いでしょう。
TOKEN トーケン TK-BB841TBT BB86 BB90 BB92 ボトムブラケット
TOKEN トーケン TK-BB841TBT BB86 BB90 BB92 ボトムブラケット

ウィッシュボーン BB86-SH 41mm/86.5mm ボトムブラケット
ウィッシュボーン BB86-SH 41mm/86.5mm ボトムブラケット

TOKEN TF24-TBT BB86/BB30/PF30 シマノクランクヨウ【沖縄・離島への配送不可】【smtb-s】
TOKEN TF24-TBT BB86/BB30/PF30 シマノクランクヨウ【沖縄・離島への配送不可】【smtb-s】

今後のご自身のフレーム・クランク入れ替えの予定なども考慮に入れて、購入してください。
重量やパッケージ内容物については後日書きます。長くなってしまったので…。

というわけで、続く


4iii Precisionの左クランクを所有している。特に不満もない。
ケイデンスも測ってくれるし。

もう1台組むとして、悩ませるものはクランクとパワーメーター。

シマノのクランクを使い続けるなら左クランクを使い回してもいいが、色々なものに浮気性な性格だし両足計測にも興味がある。

ROTORの(2じゃない)INPOWER DMにしようかとも思ったが、Favero Assiomaを購入することに。
ペダル型パワメとクランク型パワメの検討をするにあたり、一番最後に残る問題は以下に集約した。

・ペダル型:違うビンディングシステムを使うか
・クランク型:違う長さのクランク(165mm以外)を今後試すことはないか

ペダル型の問題は好みの問題。私はクランクブラザーズのCANDY+0フロートクリートの手軽な付け外し感が大好きで、ゆくゆくは戻したいと思ってた。

クランクの長さは好みの問題では済まず、下手をすると身体の問題に発展する可能性が否めなかった。
現状165mmで落ち着いているが、バイクフィッティングサイトによっては167.5mmと言われることもあり、今後クランクをどうするかは定まってない。

そうなると、ビンディングシステムの好き嫌い無視(妥協)できると判断してもよいと思いペダル型を購入することに決定。



Power meter cityと迷ったけど、公式サイトにて購入。
送料込みで€600弱。76000円くらい。両足測定でこれならかなり安いと思う。

色々調べて交渉して駄目だったんだから、ここが一番安い。と思ってた…。
まあ、不具合あったら購入履歴確認できるだろうし、不具合あったらすぐに保証も受けられるさ。多分。

購入ボタンを押下したのが2/18日。届いた(受け取れた)のが3/1日。海外通販としては普通くらいか。Wiggleが早すぎるんじゃ!




そしてとりあえず開封の儀。

箱表
FullSizeRender
シャレオツ

箱裏
FullSizeRender
Q-Factorとか書いてあるので、気になる人は眺めてください。
ちなみにシマノのペダルとほぼ変わりません。

OPEN

FullSizeRender
丁寧に入っています。

FullSizeRender
下はこんな感じ。

内容物は、
・取付用の8mmレンチ
・充電用のアダプタ
・各国の電源プラグ
・互換クリート
・スペーサー

説明書も各国の翻訳版が2冊に渡り用意されていました。
FullSizeRender



本体 表
FullSizeRender

本体 裏
FullSizeRender

アップ
IMG_0748

重さは測り忘れました。公式だと片側で152.4gです。バッテリー込みでこの重量なら十分に軽いと思います。
…ていう書き方もせっかく読んでくれた方に悪い気もするので取り急ぎ左側のペダルを外してはかってみました。

IMG_0760
まあ公式と差はない感じですかね。GOOD。

https://www.dcrainmaker.com/2017/11/garmin-vector-3-power-meter-review.html

DC RAINMAKERさんのサイトで確認すると、
・POWER TAP P1:216g
・GARMIN VECTOR3:161g
となっておりますので、ペダル型パワメ全体でも軽いと思います。
・POWERTAP P2も公式199gですし。

あれ、メガネケーブルがない!?入れ忘れられたか!?
と思ったら今のアダプターはこんな構造になってたのか。形がややこしいわ。
IMG_0745

充電。ぴかーん
FullSizeRender

取付け
マニュアルには注意事項があります。センサー部がクランクに干渉する場合は付属のスペーサーを使えと。
FullSizeRender

装着
IMG_0750
シマノクランク(6800左とR8000右)にはスペーサーを使わず装着できました。
ご自身での取付が不安な方は信頼できるショップに持ち込んで取り付けて下さい。

まだ170kmくらいしか乗っていないので、使用したレビューは後日書きます。

《即納》【土日祝もあす楽】【新型登場!設計大幅見直しで性能アップ!】GARMIN(ガーミン) VECTOR3 (ベクター3)パワーメーター パワー計測ビンディングペダル
《即納》【土日祝もあす楽】【新型登場!設計大幅見直しで性能アップ!】GARMIN(ガーミン) VECTOR3 (ベクター3)パワーメーター パワー計測ビンディングペダル

【現品特価】シマノ FC-R9100-P パワーメーター内蔵 50X34T 11S クランクセット
【現品特価】シマノ FC-R9100-P パワーメーター内蔵 50X34T 11S クランクセット


上記で書いたもっと安く買う方法は以下に長々と書いておきます。



amazonで購入したPD-R7000。

嵌めてるのに左のペダルがコツコツ動く。隙間がある感じ。ペダリングの妨げになるくらい動き出したのはここ1週間ほど。



いつも使ってる青クリートから新品ストックの黄クリートにしても、固定力を強めてみてもコツコツコツコツ。
上下ではなく前後に1〜2mmほど動く。
つかってるうちに少しずつ削れてしまったのだろうか。

個体差なのか、PD-540LAのほうが長持ちした気がするなぁ。

昔より脚力も走行距離も伸びたから一概に比較できないか

なお明日からKEOな予定。

IMG_0735




だって気になって夜も眠れなかったんだもん。
日本語訳
私「やあ、調子はどうだい!?
もうすぐサイクリングのシーズンだぜ!
私のフレームは順調かい?」



スタッフ
「特に問題はないぜ。
ただ1つ説明させてくれ。

春節明けにサイズを49から52に変更したじゃん?

52の在庫がなくて今作ってる最中なんだよね。

無地のフレームができるまであと10日くらいかかるんだ。


今は塗料のチェックをしているよ…。

実は49だけは1つだけ在庫があってさ。

お前の為に春節前にストックしておいたやつだよ!


友よ堪えてくれ、俺はいつもお前のオーダーを気に掛けているんだ。

絶対に後悔させないからさ!」

おう。

サイズを変えてもらった自分に非があるのだから仕方が無いさ。

私「オッケーオッケー!
焦らず最高のものを作ってくれよ!」


とりあえず楽天でBBを発注しました。


四苦八苦してお金掛けたのに一番単純だったお話

zwift中、下り坂に入ると現在のバイクはゴリゴリとした感じの変な音を立てる。
お仕事が忙しくてしばらく実走できていない。



最後にBB周りのメンテナンスの記憶がなかったので実施。
BBも三年目突入だし、そろそろ寿命?

・BBグリス盛り直し。
・ZONDAリアホイール分解、グリス盛り直し。・チェーンクリーナーでチェーンを掃除

チェーンを掃除完了、ゾンダも問題なし。

BB分解
IMG_0709

ぶっ壊した。

回転自体に影響のある部分ではないので、続行。組み直す。、

ゴリゴリ音戻らず。なんか逆に酷くなった?

壊れたし2年使ったし、とBBを買いに行く。
帰宅後BB交換


ゴリゴリ音治らず

チェーンクリーナーでチェーンを掃除したとき、油分取り過ぎた?
チェーンにオイル再塗布。プーリーにも注油。

ゴリゴリ音治らず

その他色々試行錯誤
各部ボルト締め直し → ×
ホイール再分解、玉押し再調整 → ×
BB締め付け調整 → ×
クランク再セット、締め付け調整 → ×
チェーンリング締め付け → ×
リアディレイラーのテンション調整 → ×
チェーン交換 → ×

スプロケット40N/㎡ぴったりに増し締め → 音がなくなった。まじか。








はい買い控え。


モチモチ食感でお馴染みのvittoriaがGraphene2.0を採用したタイヤを出すって。

来月に。

現行モデルと比較して
40%転がり抵抗が軽減
グリップは〜30%くらいアップ
cut resistance(日本語でなんて言うんだっけ?丈夫さって言えば良いか?)も〜40%アップ
30000キロ走れるってさ
どうやらチューブレス仕様もある模様

現行モデルの安売りを狙うか、おニュータイヤを待つか。



(昼休み中に勢いで書いた記事なので、もしかしたら更新するかも)

今日再び試してみたらシマノのブラケットバンド使わずとも普通に穴通った。
ポチった金無駄や…

FullSizeRender
ででーん!
めっちゃかっこええやん!戦闘機みたいや!

microSHIFT CENTOS11の開封レビューはこちら




シフトをバシバシ空打ちしてみる。楽しい。
レバー単体だと重く感じたけど、親指で「ふんぬ!」じゃなくて、体重を上手に利用してシフトアップする感じ。



ブラケット握るとこんな感じ。結構無理やりな姿勢で撮る。
IMG_0723
ST-R8000はとても握りやすいが、それと同じくらい握り心地はいい。
(まだそんなに違いが判らん。まだ実走してないしなぁ)

下ハン

IMG_0725

おお、本当にレバーに指が届く
そして親指がちゃんとレバーにホールドされる感じ。人間工学ってやつか。
上手な設計で、てこの原理が利くのかバスバスシフトアップできる。
2段3段一気にガガガッ!ってシフトアップをできるが面白い。
そして意外だったのが、下ハンでブレーキ握るときは多分シマノより握りやすい。

レバーの外側が斜めに面取りされてて、指がスムーズにかかるようになってる。
ここまで全部家の中での評価。早く実走したい。


Prime - Primavera カーボンハンドルバー

クランクはしばらくは使い回す予定。165mmってなかなか良いものがない。アルテグラより良いクランクってそもそもそんなに無いか。
ALDHUは気になる。楕円も気になる。

シマノ アルテグラ FC-R8000 50X34T 11S クランクセット
シマノ アルテグラ FC-R8000 50X34T 11S クランクセット




microSHIFT CENTOS11を購入して、2週間程度で届きました。
春節とか関係なしに出荷してくれた模様。
シンガポール経由で到着

IMG_0682
機械油の染みた怪しい箱



FullSizeRender
FullSizeRender

丁寧?に梱包されてました。
パーツは箱なしの模様。バルク品か?


では関心の薄いところから

IMG_0693
リアディレイラー
プーリーはガイド側もテンション側も回転が渋い模様。
特にテンションプーリーは乾いた笑いが出るくらいに一瞬で止まる。
プーリーの変更を早々に予定。
それでも好みじゃなかったらRD-R7000にビッグプーリーとかも検討中。


IMG_0689
IMG_0690
IMG_0691
フロントディレイラー
普通…。
重く感じたらFD-R7000に取り替える予定。




IMG_0694
シフター

遠くから見るとかっこいいのだが、よくよく見てみるとなかなか質素な感じ。


IMG_0685
ケーブルはここから通して

IMG_0686
こっちに出てくる。
2通りのルーティングが可能。

IMG_0696
少し見えにくいけど、ここのネジを締めることでブレーキレバーの握り幅を調整する模様

IMG_0705
こう単体で動いちゃうところとかがおもちゃっぽいというか2流というか
重量

IMG_0703

IMG_0704

IMG_0700

IMG_0702

シフターは105と同じくらいですかね。

IMG_0707
…ここまでしか入らない。というか回転もしない。嵌まった。
かろうじてなんとか抜けた

IMG_0708
なんだこの歪さは!?

急いでamazonでshimano用のクランプバンドを購入。明日には届くようだ。さすがamazon。
やはりシマノを選んでおけば間違いはないんだな。面白くはないけど。
結局このいびつなクランプを使っています。今のところノートラブル(2019/5/11)




エアロなカーボンハンドルにあこがれる人は多いはず。
比較的安価で定番なのはチネリのものだったりするでしょうか。
チネリ ネオ モルフェ バークランプ径:31.8mm ドロップハンドル ブラック 【自転車】【ロードレーサーパーツ】【チネリ】
チネリ ネオ モルフェ バークランプ径:31.8mm ドロップハンドル ブラック 【自転車】【ロードレーサーパーツ】【チネリ】

私もカーボンハンドルに憧れる身でした。
みんな大好きWiggleにてPrime Primaveraを購入。
2万円を切る価格のエアロカーボンハンドル。
当時のバウチャー入力して14000円くらい



もっと安い中華カーボンハンドルはaliにもamaにもごまんとあります。

比較的負荷の多そうなところに安すぎるハンドルという構成に少し臆病になってしまいました。
ネタ的には面白いのでしょうが…


こちらは1週間程度で到着。Wiggleさんはいつも早くて助かります。
箱が550mmあります。包帯ぐるぐる巻きで届かないのはさすがwiggleでしょうか
FullSizeRender
開封するとさらにでっかい景色が広がります
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
穴だらけや!当たり前か。
目立ったバリなどはなし。当たり前か…?



長さとか1
FullSizeRender
リーチは80mmくらいかと

長さとか2
FullSizeRender
ブラケット部の芯-芯で400mmくらいでしょうか
下ハン側は420mmです

皆大好きな重量





春節明けを待っている間、あることが気になった。
自分のサドルポジション。

サドル高が678mmくらいに設定しているのだが、サドルレールの後退量がすごいことになっている
IMG_0673




25㎜セットバックしているシートポストを使ってこの状態
使いたいポジションに対してシート角が足りてない

…これってもしかしてサイズが合ってないんじゃないか?
現在のフレームのシートチューブのアングルは75°
注文したフレームのアングルは…75°

size

…これは新しいフレームでも同じ現象が起きてしまうではないか!
しかし1つ上のサイズで大丈夫か…?
サイズ52っていうのは水平換算のC-Tの長さか?
ていうかなんで1つ上のサイズのほうがリーチ短いんだ!?
まるでベルギーのR社だ!?
ヘッドチューブが20mm伸びてトップチューブ9mm後ろに伸びるだけか!?
520mmのsin1°って約9mmだから本当にそんな感じか!
CANYONやChapter2の小さいサイズが73°くらいなのはこういう理由か!

とか考えつつやはり不安は多い。



web上でのフィッティングサイトを利用することにした。

WrenchScienceというサイトのFitSystemを使わせて頂いて、自分の数値を入力
2019-02-16 (2)
数値は某Yで1000円測定して頂いたものを修正しながら設定

そうしたら
2018-12-16 (2)
こういうのが出てきます。
CT長は52cmでも問題ないか…?大きい気はするんだがなぁ。。
OVERALL REACH: Overall Reach = (Effective Top Tube length + Stem Length). We know the top tube on every frame we sell so based on your overall reach we recommend the ideal stem length for that frame based on your fit recommendation.
とあるので、水平TT長+ステム長が620mmくらいに調整できれば問題ないか。今626mmだし。
今回の場合はサイズを変更してもフレームのReach値+ステム長+ハンドルのリーチ+シフターの長さが変わらないのだから、そこまで影響はないだろう。
少し姿勢がアップライトになるくらいかな。ステムの角度調整で何とかなりそう?

とにかくサイズ変更依頼のメールを出してみる。
もう塗装が終わっているかも…
休暇中にメールが溜まりに溜まって埋もれてしまったかも…

と心配をしてたら、無事にサイズ変更した旨のメールが届いた。

よかった間に合った。

コンポーネントに関してやはり悩みどころ。
特にシフターに関しては相当迷った。
クランクはまだ迷っている



現在のアルミロードには生意気にもULTEGRA R8000を積んでいる

シマノは安定して性能いいけど、少しは違うものを触ってみたいという気持ちもある
 
載せ換えも視野に入れながら選択肢は意外と豊富に
・SHIMANO105 R7000
ド安定のシマノ
アルテよりも50gくらい重いくらいで、必要十分以上の性能

・SRAM RIVAL1x11辺り~etap
5〜15万ぐらい
繋ぎの選択肢としては高いか…?


・SENSAH EMPIRE
AliやAmazonに売っている謎の(多かった)激安11sコンポーネント

比較的入手しやすく、レビューもちらほら出現しつつある。

・microSHIFT CENTOS11/ARSIS11
IMG_0661

今回は前々から気にはなっていたmicroSHIFT製を試してみようかと。

購入の際にやはり考えてしまうのはシマノとの互換性とレビューの多さ



microSHIFTに関しては海外含めレビューがあまりない。過去にはコフィディスや今は無きジェリーベリーが使ってたという話は見るが…。
あとeXCDはいつ出るんですかね。
ググった結果、ARSISは貼りカーボンで重さや性能等はCENTOSと違いが無いようだ。
見た目はカッコいいのだが。

ARSISはシフター単体でも20000円超え。105の
ほうが安いじゃねえか!そりゃ売れんわ!
というわけでCENTOS11をセットで購入。

カンパのレバーっていう手もあったな。クランクに165mmがないのがカンパニョーロの個人的に残念なところ。クランク別ならカンパでもよかったか…?今になって少し後悔。

9100世代のFDはとても軽く引けて気に入っているので、不満があったらFDもRDもR7000辺りに変えてしまえばいいやと思いながら、到着待ち。クランクはどうしようかな
現在、配送中。早く届け

購入の際、検討したフレームは以下になる。

その1
workswell WCB-R-095
1-1F603105P5117


ステムをツライチにした時のフォルムはとってもアグレッシブなスタイルで素敵かと。
ブレーキがBBの下に設置するタイプだったので、パワメとの干渉が少し気になる。
あとリーチが少し長い。この2点で候補から脱落。
それとバイクのカッコよさと自分のカッコよさがミスマッチすぎるかな。



その2
TOP-FIRE FM-R890
FM-R879
IMG_0656
TOP-FIREというメーカーは自社の工場で某メーカーのOEM生産を担っているとかなんとか
上はC社のミドルグレード、下はD社のバイクにクリソツ
中の人も親切だったんだけど、欲しいサイズが在庫切れだったという残念なお知らせ。

その3
Trident Thrust RF-010
IMG_0657
なんとカメレオンカラーである!
軽いし、ホリゾンタルだし、なかなか琴線に触れさせてくれる。唯一の懸念点はPF30/BB30であること。
24㎜は付属のアダプターを使うようだ。
しかしこのきれいなトップチューブはとても好みだ。ジオメトリも悪くないので、これにしようとsellerの人に連絡を取る



2日ほどカラーやサイズ、ジオメトリなどあーだこーだやりとりして購入したものはこちらに

IMG_0658

sellerの人がとても親切だったのと、色の融通を利かせてくれたのが購入の決め手でした。
サイズは49を選択
あとはリアの三角形周りの造形が好みでした。

春節の休暇が終わってからペイントして出荷するから時間掛かるよー
とのこと。



中華カーボンという存在を知ったのは年末でした。
年末年始は時間があったので少し調べてみる。
・カーボンフレームの多くは中国・台湾で作られていること
・中国の工場がカーボン製フレームを販売していること
・その中には違法コピー品も含まれていること
・買うなら検品の善し悪しは気にしたらいけないこと
・主にalibabaAliExpressで購入することができる。



数ある中華メーカーの中で、定番の選択肢は
Dengfu
Hongfu
TOPFIRE
BXT
ICAN
workswellbikes
TANTAN(SERAPH)
などらしい。
頑張ってググれば購入記事も見つかる。

ICANはamazonにも出品されていますね



ちなみに今乗っているのは完成車で15万円ほどのアルミフレームです。
予算30万円でフレームを買うとして、候補にあったが購入まで及ばなかったもの
・CHAPTER2 TERE(値上げがなければ第一候補だった)
・CANYON AEROAD(色が好みではなかった)
・SCOTT ADDICT,FOIL(そろそろモデルチェンジな予感がしなくもない)

SCOTTが欲しいと思ってたのは去年のサイモン・イエーツの姿に一目惚れしたから。
AEROADもそろそろモデルチェンジかも?
ロードバイクはだいたいの場合、ツールドフランスの直前には2020年モデルが出揃います。

そして今秋待ち受ける問題が1つ
消費税増税(8%→10%)



色々悩んで決めたこと

消費税増税(2019年10月)までにはちゃんとしたフレームを買う
それまでは中華カーボンを楽しんでみてもいいんじゃないか!?

買わない理由をつべこべ並べる奴はいつまでも買わないってよく言いますがね…。
という考えのもと私は中華カーボン選びを始めた。

新しいロードバイクの買い替えを検討したのは2018年11月の頭だったと思います。
最初は中華カーボンの選択肢は頭の中にはありませんでした。

もともと欲しかったのはchapter2のTEREやCANYONのAEROADのような、小さいサイズでもホリゾンタルがきれいなフレーム。

私の身長は163cmです。フレームの選択肢はそれほど多くはありません。
小さいサイズになるほどスローピング具合が大きくなるフレームが多い中、この2つは私の適正サイズでも比較的きれいなホリゾンタルなトップチューブを描いていました。



Chapter2 TERE
TEREXS2
(TERE XSサイズ サドル高たしか670㎜,サイクルモード2018にて)

CANYON AEROAD
AEROAD2XS
(CANYON AEROAD 2XS サドル高650mm,公式ページより)

TEREに関してはサイクルモードでの試乗車はステムが短すぎて、跨げたくらいしか参考にはならなかったです。
しかし、スタッフの方々が時間をかけて丁寧に説明して下さったり、ネット上での評判も悪くないので、2018年11月時点ではTEREが欲しかったです。
バルベルデが2018年10月の世界選手権で勝利したことにより、CANYONの評価・印象も絶好調でした。



年末、仕事も落ち着き、TEREを購入しようとC2のページに行ったところ、5万円ほど値上げしていました。
以前は25万弱でした。
値上げしたこと自体よりも、「原材料の高騰で~」とか「為替の影響で~」とかいう告知が一切なかったのがショックでした。
フレームセットで30万円だと、他のフレームも選択肢に入ってくるので…フレーム選びは迷宮入りしました。

年末はDragonBikeでReynolds Assultを購入しました。
(バナーに釣られて買ったけどずっと同じ価格じゃねーか!)





VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策