しがないリーマンと自転車の話

趣味も仕事もこなしつつ隙を見て更新されるしがないブログ。 中華カーボンを購入した話だったり、マイナーなブランドのパーツを購入した話だったり、海外の記事を読んで紹介したり感想を書いたりする話だったり。 https化しました。問題のあるページがありましたらコメントにてお知らせください。

なんとなく付けた名前だったので、修正が効くうちに。

以上。

コントロールテックっていうブランド、ご存知?
チタンもカーボンもアルミもなんでもウェルカム!
アルミのくせにデザインよくて、軽量で、強度もあるニクイヤツ。
中華じゃないよ!
U!S!A!だよ!

モータースポーツのパーツもつくってるし、そこからノウハウを持ってきているんだろうか。
もしかしたらKTMもそんな感じなのだろうか。


ちょうど今年でブランド設立30年目
そんなコントロールテックのユニークな製品たち

元の記事はこちら!
台北で行われてる展示会の記事


・ウネウネのカーボンホイール

ControlTech-Sirocco


もちろんチューブレス。
CFD解析をもとに作ったとのこと。CFD人気だな。
特徴的なリム部分は35mmと45mm。
・エアロ効果は45mm程度によくなる
・横風には強くなる
・乗り心地はソフトに
・とりあえず最初はリムブレーキ仕様
とのこと。

重さは前後で1590g。ZONDA C17くらいか。
ZONDA実測はそんなに重くないけどな。


・エアロなアルミハンドル

どれの話かわかるかな?

IMG_1019
正解は真ん中!


cougarには、アルミモデルとカーボンモデルがあったんだけど、新しく追加されるCougar Alloy Aeroはカーボンモデルと同様の形。
カーボンに見える?
でもこれカーボンじゃないんだ。アルミだぜ。これがコントロールテックの技術力。

ケーブルも中通しできて、ドロップ部は4mmフレアしてるなど、カーボンモデルと機能も同等。
ただ、やはり重いよね。
カーボンモデルが240gに対して、377g。
価格は$130。この価格帯でエアロなハンドルは少ないから人気出そう。
アルミだから剛性も問題ないだろうし。


・穴が開いたシートポスト

IMG_1020
六角形の穴が開いていて、オフセット量を0mm,5mm,10mm,20mmから選択できる。
重量も250gと申し分ない。

丸シートポストだったら欲しかったかも。



そういえば、コントロールテックのハンドルの形、Prime Primaveraに似てるなぁ

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

おやおやこんなところまでそっくりだ!!


Prime - Primavera カーボンハンドルバー






週末はAmazonのタイムセールがありました。
私はこれ買いました。

残業の日に食べてます。毎日なんですけどね。


今月は目指せ残業時間アンダー50時間。
まあ無理だろうけど。



もうひとつこれ


使い物になるかはわからないけど、年齢に伴う反射神経とか危険予測の能力の低下を抑止するのが目的っていう名目。
動画みたら面白すぎて衝動買い。 



さて本題

絶対に切らないといけないところと、
切りたければ切ってもいいんじゃない?ってところ

フォークコラムとシートポスト

シートポストから
当初は全く切るつもり無かったんだけど。

差し込みがキツすぎるのと、リアタイヤに沿って抉れてるせいで、最大の挿入量が20cmに対して19cm刺さっていたこと。
これをふまえて5、6センチばかり切ることに。

マーキングして切断!
FullSizeRender

フォーク
どこかで見たブログの真似していらないステムではさむ
IMG_1009

切断!
FullSizeRender

綺麗にまっすぐ切れたけど、これって1〜2mmなら斜めになってもそんなに問題ないよね。途中で気付いた。

最終的には上に5mmスペーサー1枚のみ載ればいいのでそこまで切り詰める予定。

重量
さて、切ってどの位減ったのか!?

以前測った数値と比較してみる

シートポストbefore
IMG_0924
IMG_0925


シートポストafter
IMG_1015

臼が重いんだこれ。
256gくらいから241gに。
15gのくらいの軽量化



フォークbefore
IMG_0923


フォーク切断部分…

IMG_1016
約400gから28gの軽量化
372g

ブレーキ付けてしまったから外すの面倒で…。
コラム部分は案外ずっしり作られている模様。

フォークコラムはあと20mmくらい詰められそうだから、合計で45gくらいの削減になりそう

切り口拭いてたら指も少しだけ切断!した。
フォークコラムの切り口は危険
すぐに絆創膏はったので、こちらは重量変化なし。





組み立て中のフレームのお話。

・ヘッドセット
ベアリングのサイズ
上が1-1/8インチ、下が1.5インチ
サイズとしてはド定番中のド定番

選択肢としては一番豊富なラインナップかと思われる。

とりあえず検討したのは丹下精機(TANGE)とFSA

タンゲは現在のアルミロードで使っている。

FullSizeRender

元のものが錆びてごりごりし始めてたから、取り換えた時のヌルヌル感は感動した。
どれも変わらないのだろうけど、最初の感動のせいか好印象。

FSAにした理由は、付属のトップキャップのハイトが5mm短かったから。
あと赤かったから。それだけ。

重量
IMG_0984

プレッシャーアンカーが多分80~100gくらいあるのをお忘れなく。
 

おまけで、こんなものがついてきた。エイゴダカラヨメナイ。
FullSizeRender

FullSizeRender

と言われましてもこれAMAZONで購入したものだしな。店名とか書いてないし!

FullSizeRender

バルブキャップ
英米仏どれかに対応してるっぽい

試しにコンチネンタルのチューブにつけてみたらかなりきつかった。
案の定、外すときにバルブコアが一緒にとれた。ぶしゅ~~~~!!!
バルブコアが取れないチューブに使うのを推奨します。

・今朝のメールで気付いたけど、PowerMeterCityで4iiiiの両足計測のクランクセットが売ってる。クランクサイズも豊富。165mmもあるぞ!
https://powermetercity.com/product/4iiii-precision-shimano-ultegra-r8000-dual-sided-crankset/
(ちなみにカートに入れて放置しておけば多分10%OFFクーポンコードくれる)





・そしてフレームの仮組み状態

FullSizeRender
輝度あげたらぼやぼやになった!

まず最初に、

よかった。跨げた。素足で。
サイズを一つ上に変更していたから、少し心配だった。

IMG_1002

IMG_0996

赤いアウターとヘッドセットが目立つ。血管っぽくて好き。
ケーブル類はもちろん日泉ケーブル。

まだインナーは通してません。何度かフォーク外すので。

インナーはAlligatorの31Sを考えたけど、店に置いてないし、
小物の通販は送料がかかってしまうしで日泉ケーブルをまとめ買い。

トロロッソホンダっぽさを少しだけ目指す。

バーレーンもクビアトは入賞目指してがんばれ。
Q3行けなかったのは残念だけど、ガスリーもはやく持ち直してほしい。
今日は決勝だ。

 



CRCにて、参考価格9500円の66%OFFで3100円ちょっとでセールをしていたため、購入。
CRCの利用が初めてだったので1500円OFFのクーポンも使用した。

110mmで17°
IMG_0966

IMG_0967


フレームのヘッドチューブのアングルが72°なので、これを取り付けると89°。
ほぼステムが水平になります。

ここまでの数字は必要なのかわかりませんが、17°のステム自体がそれほど選択肢は多くはないので、セール時に抑えておこうと。
ステムはアルミ製で丈夫なら満足さ。

ちなみに、ステムくらいの大きさでカーボンでしっかりした強度出そうとするとアルミと同等かそれ以上に重くなってしまう。という話もちらっとどこかで見た。だから私はアルミニウム。



重量。
IMG_0968

普通くらい?
ステム単体の重さって測ったことないから他がわからない

ためしに測ってみた、セオサイクルさんで1000円でワゴンに入っていたbazooka(100mm)のステム
ポジション出しに重宝しました。
IMG_0981

可変ステムはやはり重いですね。
ポジションがある程度決まったら、固定されたものを買いましょう。
(bazookaステムもは坂でスプリントしたときにギシアンしてたので強度的にもあまり十分ではないと思います。)



ちなみに調べればすぐに出る話ではありますが、
カタログ値の110mm
FullSizeRender
取り付けた際の水平の長さがカタログ長になるように作られています。

三角関数ちゃんと覚えているかい!?
110×(1/cos17°)≒115mm
FullSizeRender


FullSizeRender
水平で測るとだいたい115mm。

自転車の計算だと思った以上によく使います。
計算はgoogleさんに任せればいいので、式だけ覚えておけば役に立ちます。

決して、「精度が悪い!」とか「カタログ値と違う!」「カタログ詐欺だ!」とか「海外メーカーあるあるwこまるよねw」とかそういうことではありませんので、ぶーぶー言ってる人がいたらそれ以上恥をかかないように1秒でも早く教えてあげてください。

ちなみに、6°とか7°は誤差です。
FullSizeRender

150mmまで伸ばしても1mmに満たない差です。
1mm以下に気づくかどうか、あなた次第です!

ちなみにこんなものが家に転がってます。3T eye
IMG_0973

半年くらい前にCEXで2000円で投げ売りされておりました。
この前まで3000円だったけど、今は8000円まで上がってる。
もしかしたら、こいつが日の目を見る日があるのかもしれない!?
しかし、使用中のwahoo ELEMNT BOLTには逆立ちしても勝てる気配なさそう。


ちなみに、ずっとやってると思ってたVIP会員権99%OFFのセールがいつのまにか終わってた。
日本のサイクリストはみんな39円で加入したんだと私は思っているが!




フレームの近況
とりあえずBBをインストールしました。
IMG_0980

ライナーがガイド穴を通ってないので、ライナーは入れ直しですね。めんどくさー!



今日からタイムセール祭りだ!



自転車用品は!?ウェアは!?
コンポは!?中華カーボンは!?



3月が終わりました。
私の残業は終わる気配がありません。

引き続きカレブ・ユアンの話



前回のお話(その1)で、ユアンポジションをとることで、通常のスプリントポジションよりも25%くらい空気抵抗が減ることがわかった。

で、オーストラリアの研究の続きなんだけど、過去の研究で集めていたスプリンターのパワーとか取ってきて、空気抵抗とかまた分析したり計算したり。

解析結果:
ユアンポジションは通常のスプリントポジションよりも5km/h速くなることがわかった。
まあ、60km/h前後で走るときのデータなんだけどね。

ただ問題点が1つあって、
ユアンポジションで同じ出力出せるか?って話
オランダの論文の著者は、「ユアンの出力が低いとしても低い姿勢が無駄になるほどではない」と言ってる。

オーストラリアのほうは、ユアンポジションで出せるパワーについて、調査を継続してる。
思ってるよりパワーは減少しないみたい。

じゃあなんで脳筋スプリンター達はユアンのポジションを真似しないのか

まあ革新や新しい技術の普及には時間がかかることもある。iPhoneも初代は全く見向きもされんかったしな。
そんな場合は、ユアンは真似され始める前に勝ちまくらないとな。

そして、やっぱりポジションを取る難易度もある。あの姿勢で全力疾走だ。
フルーム乗りは真似するだけなら難しくはないし。
ユアンもスプリント中に少しポジションに気を取られることがあると、出力が落ちることがあったみたい。
そしてスプリント中に少しでも接触があるとよろしくない結果になるとの本人談。

ポジションがとれる人とれない人色々なジオメトリーの人で統計とりたいとか書いてあった。
ユアンのようなちびっ子だけじゃなくて、身長の高い人でもそれなりに効果があるみたいよ。

真似してみるなら安全にね。自己責任な!

そういえば明日からタイムセールか。
中華製品が最近浸食しすぎだよなぁ(どの口が言うのか)



仕事が忙しくて全然自転車関係の記事を読むのが進まない。
残業続きだし、フレームも組まないといけないし!

そんなこんなで適当なRead laterが増えていく。
今回はカレブ・ユアンの話をさせて頂きます。
ちょっと時間に余裕がないので、記事は二分させてください。

低身長の私にとってヒーローは2人
エステバン・チャベスとカレブ・ユアン

身長が同じだと応援したくなるものだよね

今日はユアンの前傾スプリントについての話。
(なぜか今年は国内記事でイーウェンって表記されたりしてるけどユアンでいいじゃん。マクレガーもユアンだし。)

世界に衝撃が走ったのは2016年のツアー・ダウンアンダー。
当時24歳のオージーが異様な超低姿勢前傾スプリントで3回も勝利した。
この出来事から彼はツアー・ダウンアンダーだけ全力出すマンと呼ばれることとなった
2017年のツアーオブブリテンも活躍してたけど。まあブエルタの裏だしな。
そして2019年も好調な模様?





世間は思います。

「たしかに、めっちゃ効率的な姿勢かもしれないけどそのポジション、本当に速いのか?」

しばらくして2つの研究グループからユアンのポジションに関する研究論文が出される。
1つはオランダから。もう1つはオーストラリアから。
それぞれ地球の反対側で、お互いの存在を知らずに同じ研究をしていた。

2つの研究グループの実験や解析の方法は異なるんだけど、ほぼ同等という素晴らしい結果に。

結論:通常のスプリントに比べると、ユアンのポジションは想像以上に空力効果がある。



…記事は続きますよ。
ここまでは梗概的なものです。


ちょっと書いてて面倒になったので、当ブログでは「ユアンのようなスプリントのポジション」は「ユアンポジション」と総称します。

・姿勢を低く保つことについて
多くのライダーは、スプリント時の姿勢について意識をしない。パワーを全力でPOWEEEERRRR!!!!できるポジションをとって、持っているものを全て出し切るから。

でも分析的なアプローチをとると、ちょっと知識が増えるよ。

スプリント時の空気抵抗はめちゃくちゃでかい。
時速54kmの時には抵抗全体の90%、時速65kmの時には95%を空気抵抗が占める。
ライダーが受ける空気抵抗は速度の2乗に比例する!!
そしてその空気抵抗を打ち破るには、速度の3乗に比例するPOWWWERRRRR!!!が必要になるのだ!!!
直面する空気の壁を少しでも減らす為の超低姿勢、メリットはどの程度あるのだろうか。


・オランダの研究論文(原文はこちら)
研究したグループは、もともとバイクの空力の研究をしていて、過去にフルームのトップチューブ乗りの研究でメディアの注目もあったようなところ。すっかりフルーム乗りで通るようになってしまったな。
FullSizeRender
「フルーム乗り」の検索結果

上記の研究をしたあと、ユアンポジションの研究を開始。

「せっかくスキャナーも買ったんだから、スプリントも研究しないとねHAHAHA」

オランダグループは2つのスプリントのポジションと3つのシッティングのポジションをスキャナーでデータ化し、CFD解析した。
風洞は設備も金も必要だからね!
スパコン借りるのも金かかるけどね!


ーーー論文から少し引用ーーー
グラフなら分かりやすいかなと思って

IMG_0950

IMG_0953
Images: © Bert Blocken, Eindhoven University of Technology & KU Leuven

Aがライダー前面投影面積(正面の面積)(左)
Cdが抵抗係数(中)
2つを掛け算してライダーの受ける空気抵抗CdAになる(右)

数値を表にしたのが↓
FullSizeRender
ーーーここまで論文よりーーー

ユアンポジションはレギュラースプリントポジションに比べて、ライダーの正面の面積が81%にまで減って、その結果空気抵抗は76%まで削減される!
言い方を変えると、前面投影面積を19%減らして空気抵抗が24%減る。
努力比107%だ!



・オーストラリアの研究論文
(原文はこちら 登録が必要な模様。読めない悔しい)
オランダがコンピュータつかってCFD解析する反対側で、オーストラリアでは協力してくれる人を集めてスプリントしてもらいました。
250mの道を往路と復路。

セッションは以下の通り。
・24〜26km/h
・31〜33km/h
・39〜41km/h

・シッティングポジション
・スプリントポジション
・ユアンポジション

・往路と復路

1人につき3×3×2の18回走って頂きました。

それぞれのポジションでの空力係数を決めるためにAerodynamic Drag Area of Cyclists Determined with Field-Based Measuresっていう論文を使用。

それで、測定したデータから、空気抵抗CdA値を算出。気になる数値は!?

・ユアンポジション:0.295
・スプリントポジション:0.372
・シッティングポジション:0.363

ユアンポジションはスプリントポジションに比べて26%空気抵抗が削減される結果になった。
(これ0.275の間違いでは…?)

なんとオランダとオーストラリアの研究結果はほぼ一緒になったぞ!

とりあえず前半のまとめとして、

ユアンポジションをとることで、空気抵抗は25%削減される。

続きは今後書いていきます。




みんな大好き重量の話。
先日届いたフレームセット
フレーム、フォーク、シートポスト
それぞれ3回測って平均をとればいいかなって考えてる。
画像はpicsartでかっこよく加工
このアプリ6年以上使ってる気がする…

ということで、フレームから
IMG_0922
1.12kg、1.15kg、1.12kg
平均は1.13kg!

次、フォーク
IMG_0923
410g、390g、400g
というわけで、400g!



最後、シートポスト
IMG_0924
140g、150g、140g
平均は143g
ここに、固定具とやぐらの部品を追加するから、
IMG_0925

ちょうど250gくらい?
切ればもう少し軽くなるかな。

合計
フレームセットで1780g
シートポスト抜いたらだいたい1530g

なかなか頑張った値じゃないかな!

とりあえず適当にマスキングテープ巻いてお店に持っていってコラムとシートポストを切ってもらおう!
ボトルケージ重いから50gくらい軽くなってくれないかな!







先月はPOWER TAP P1が安い安い騒がれてた気がしなくもないけどさ。
+1諭吉くらいでFavero Assioma DUOが買えるんやで。
公式サイトとかで。今$644だぞ!(※執筆当時)
しばらく使用したので、少しずつ紹介レビューというかインプレというか書いていこうかな。
英語を翻訳するのは疲れるのだ。

・Assioma DUO何それ?
・重さが気になる
・画像ないの?
とか気になっちゃう人は前回の記事を見てね




今日はFaveroのスマホアプリを見てみる。
正直な話、デフォルトの状態で満足し切っているので、そんなにアプリを操作していない。
まあ、見ていきましょう。

3つ画面で操作する。
左のdeviceの画面
IMG_0927

右上の虫眼鏡🔎ボタンでデバイスを探します。
ペダルを揺らしたり、充電器に繋げるとデバイス側の電源がつきます。ピカピカ光ってたら大丈夫。スマホとはBluetoothで接続します。
この画面はバッテリーの残量を見るくらいです。

FullSizeRender
充電中の画像
ちなみに、電池は50時間くらい持つらしいので、1~2週間に1回くらいの充電頻度かな?
出かける前日の夜にセットしておけば次の週末まで充電しなくて大丈夫って感じか。
実際、最後いつ充電したのか覚えてない。

重要なのは2つめのsetting画面
IMG_0928

上から、
・Zero offset
ゼロ校正ってやつ。
ペダルを取り付けた時や温度の変化が著しいとき、絶対に正確に測りたいときは実施して下さい。
実施するときはペダルを触らず、クランクは垂直に。

・Crank-arm length
クランク長を入力。
サイコンで設定できなったときはここで設定。サイコンの設定値が優先されるって。

・scale power factor
特別なケースの時に弄ってね。通常時は必要ないよ。




スクロールするとまだまだある

IMG_0929

・Compatibility with other apps
通常、Assiomaは右ペダルの情報を左ペダルで受信して、左右のデータをまとめてサイコンとかへ送る。
アプリとかサイコンのによっては対応してる左右別で送信するかどうか。
私はデフォルト。ここ弄ってないから詳しく知らん。

・Convert Assioma UNO into Assioma DUO
片足版のAssioma UNOっていうのがあるんだけど、それにはDUOにするオプションペダルがたる。
ガーミンのベクターみたいな感じか。
それ買ったらこれ押す。

・Convert Assioma DUO into Assioma UNO
左足オンリーモード!


IMG_0930

・Static weight test
測定値が疑わしい時に実施してみてね。
残念ながら私はやったことがない。

・Travel mode 
自動起動をOFFにするよ!旅行とか飛行機とか乗せるときに便利だね!
Travel modeを解除するには、充電器に接続する必要があるよ!
ちょっと罠だなこれ。あちこち転々とする人用の機能か。

・Automatic stand-by
パワーがかからなかったときにどのくらい時間が過ぎたら電源を切るかって設定。
デフォルトは5分


3枚目はFirmwareのアップデート用画面
IMG_0926


現在のファームウェアのバージョンとアップデートするときのリンクとか
ちなみに受け取った時からすでに3.00でした。

以上、画面の説明でした。
次こそちゃんとしたレビューを書こう…?

ちゃんとしたレビュー?はこちら


フレームを無事に受け取りました。
忙しくて、少し放置してました。

どでかい箱
FullSizeRender
箱のサイズは690×810×210
なんで測ったのか謎。まあ参考までに。

中はこんな感じに入ってました。
IMG_0875

なんか書いてある。
IMG_0876
わかる人いたら教えて下さい。

中身を広げる
IMG_0877
付属品は
BB
ヘッドセット
シートポストの固定器具とやぐら周りの部品

フレーム
FullSizeRender
やっぱりこの形はあれだよな…。
画像で事前にもらった通りの色合い。
これは頼んだレッドブルF1のダークブルーじゃなくて、缶の色だよ…。
もしくはトロロッソ。クビアト入賞おめでとう!ホンダも久々の表彰台や!
もうトロロッソ号にしよう!

フォーク
FullSizeRender
IMG_0914
カーボンコラムだ。

IMG_0915
上の方は切る前提だからか、厚さが不揃い。
カットしてどうなるかだなぁ。

シートポスト
IMG_0918
専用品。ポジションが合えばなんでもいいさ。合わなかったら泣く。



リアから
IMG_0910
IMG_0890
シートチューブが凹んでます。エアロ。

その他
IMG_0909
IMG_0891
IMG_0907
IMG_0908
こっち側のスモールパーツないぞ!?
ということで問い合わせ中。そのほかのパーツも色々準備中。

リアディレイラー
FullSizeRender
FullSizeRender
これは…
これって…
うーん。
色々な勘ぐってしまう。
これも聞いてみるかな…?



サドルと一緒に購入したボトルケージ
デザインだけで買ってしまった。
ナンセンスと言われようが好きなようにさせてもらうさ!

AliExpress.com Product - EC90 All carbon fiber bicycle water bottle rack high strength water bottle rack multipurpose kettle frame 25G Matt
シャチIMG_0848
シャチ
IMG_0849



IMG_0847


カタログ値25gだけど、さて重量はいかに


ひとつめ
IMG_0868
なにが25gだ!全然重いぞ!



もうひとつは
IMG_0869
!?!!??!?wwwwwwなんと+10gもうびっくりして4回くらい測ったよ
アルミのほうが軽くて笑う





ポディウムチルを挿してみる。
IMG_0871
IMG_0873
かなりきつい。これはボトルを選ぶかもしれない。
ボトルも1年ですり傷だらけだ。
ちなみにペットボトルはスカスカ

捕食してみる
IMG_0870
こいつもかなりキッツキツ。
落下の危険は絶対にない。
ボディに塗布したAZのラバースプレーがあっという間に剥がれそうだ。

しばらく使ってみよう。
ぶっ壊れたらAliでまた新しいEC90だ!

AliExpress.com Product - EC90 All carbon fiber bicycle water bottle rack high strength water bottle rack multipurpose kettle frame 25G Matt




DAZNでサイクルロードレースを観たとき、ゴール後のダイジェストで流れるあのかっこいい曲
緊張感があってかっこいい曲
あの曲はなんだ!?



こちらです。


DAZNは2:00あたりから使ってるんじゃないかな。
ちょうど3分だから使いやすいのか

Firestorm Eyes
2016-12-14






EC90というとてもHOTな中華ブランド
ハンドル、ステム、シートポスト、サドルとかとか、色々なパーツを作っている。
かなりお手頃価格。庶民の味方。

Ali Expressで検索すると色々なストアから出品されてる。

その商品群が色々なメーカーの色々なものに似ている。
良く言えばうまく模倣されていてコスパがいい。
悪く言えば激安パ〇リ商品。

今回はそんなEC90のサドルをまた購入した話。
POWER系なやつ。
購入したセラーはBikeGPS Store

AliExpress.com Product - EC90 Carbon+Leather Bicycle Seat Saddle MTB Road Bike Saddles Mountain Bike Racing Saddle PU Breathable Soft Seat Cushion

EC90のPOWER系サドルは大まかに3種類存在する。
①レール:スチール、ベース:樹脂、220gくらい
②レール:カーボン、ベース:カーボン、クッション厚め 、155gくらい
③レール:カーボン、ベース:カーボン、クッション極薄、125gくらい

①は所有中
IMG_0867

③は手放した。
IMG_0895
なんか股間接に出来物が多発してさ…


今回買ったのは②

今現在はDRAGON BIKEに売ってるX6Sを使っている。
IMG_0856

FullSizeRender

これも多分EC90の②に分類されるやつ。
尻が痛くなったこととかは全く無いんだけど、幅が155mmあり、ペダリング時に太ももの裏がサドルに当たり、気になってしまう。
そのため、少しサドルの前に乗り気味になる。
あまりいい話ではない。
IMG_0860

今回のEC90②は143mm。幅以外は同じものと決め打ち。



ポチったのが2019/03/05
届いたのが2019/03/20
ちょうど2週間。早すぎず遅すぎず。

IMG_0841
小物系はどこで買ってもこの黄色いテープぐるぐる巻きで来る気がする。

IMG_0842
サドルのノーズにボトルケージが刺さってたw
※2つ同じものを購入してます。

ボトルケージについては別の日に。

比較画像
FullSizeRender

からX6S、②、①
X6Sに比べてほっそりすっきりな感じ。素材やクッションの厚さは全く同じ。

IMG_0843
幅も公称通りの143mmくらい。

重量
IMG_0850
問題なし。

FullSizeRender
縦は240mmくらい。

レール部分
IMG_0845
この目盛り、EC90全部に言えることなんだけど、左右で5mmくらいずれてるんだよね…
たまに出てくる中華クオリティ。



座面の反り比較

IMG_0855

②、X6S
IMG_0854

裏面もついでに

IMG_0864


IMG_0865
裏面がフルカーボンですよ!
裏面がフルカーボンですよ!

②に取り換えてとりあえずzwiftでInnsbruckを一周してみた。
FullSizeRender

サドル変更の感触は良好な感じ。
尻に違和感を感じずしっかり踏めるということは、使っていいというGOサインだ!

ちなみに、このシートポストも1年くらい使っているけど、まったく問題ない。





気になった海外記事

IMG_0838

昨年コンセプトが発表されて話題になったセラミックスピードのシャフトドライブ

実現するとチェーンの摩擦や伸縮によるロスがなくなりより、よりパワーの伝達効率がよくなる。とのこと。
去年はコンセプトのみだったが、すでにシフトチェンジができるようになるまで開発が進んでいる模様。ただ、1セットしかない模様。
発売はまだ遠いか?




IMG_0839

YAMAHAが海外でEグラベルロードバイク WABASHをリリースした模様。

IMG_0840
そろそろダウンチューブにバッテリーを内蔵してくれないかなぁ。スマートじゃない。
Willierとかは綺麗なのに。

グラベルロードもeBIKEも日本で流行るのかまだ疑問な私。
道はそこら中舗装されてるし、
住宅事情的に15〜20kgあるバイクを毎日狭い部屋に運ぶのは大多数にとって億劫なはず。
自転車を屋内に保管という文化も趣味人以外は理解し難いだろうし。
ヤマハも国内でこれをリリースしてないし。MTBとかはあるけども。
とかいってたら明日リリース記事出たり。




ほっそーいワイヤーロック



期待はしてなかったけど、せめて1分くらい耐えてくれないかなって思ったりはする。

長時間バイクから離れるなら重くて頑丈な鍵を買わないとだめ。

コンビニとトイレくらいしか行けないなら細ワイヤーでもいいんじゃないかな。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニ鬼おろし 07053
価格:1028円(税込、送料別) (2019/3/20時点)





VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策



みんな憧れのデュラエース!
そんな僕もデュラエース!

まあ、プーリーなんだけどさ。

ちょっと渋いかなって思ってたmicroShift CENTOS11のプーリー。

この際だし面白半分ネタ半分(真面目さ0)で交換。 





IMG_0829

憧れのデュラエースさ。
デュラエースを使えるのなんてプーリーとBBとチェーンくらいさ。あとグリス!




重量
IMG_0830
IMG_0831
どっちも8g合わせて16g


デフォルトと比較
IMG_0832

並べて思うのだが、デフォルトでついているテンションプーリー、デュラとエッジの向きが逆じゃない…?気のせい?買わなきゃ気付かなかったぞ。

外して
IMG_0833

分解
IMG_0834

純正のベアリングはブッシュベアリングでした。

シマノはガイドプーリーが左右に少し動くんだけど、マイクロシフトはどっちも動く。
正常に動作することを祈ろう。

純正の重さは
IMG_0835

合わせて19gでした。
やったぜ!3gの軽量化だ!




カンパやフルクラムの完組みホイールの人気は依然絶好調だが、最近は手組ホイールも人気復活の兆しが見えてきた?フジヒルも2年連続で手組ホイールが活躍してるし。
そんな手組回帰(?)の流れの中、MAVICが手組用のカーボンリムを用意することにした模様。



今日はBIKE RUMOR!の記事より。
https://bikerumor.com/2019/03/15/mavic-adds-carbon-rims-for-custom-wheels-hubs-coming-prototype-gravel-wheels/


リムは4種類。アルミのプンプロもラインナップに残る模様。

CXP Pro Carbon UST Disc
・450g
・内径19mm、外径28mm、リム高45mm
・ニップル穴のオプション:20/24/28/32

CXP Pro Carbon UST
・425g
・内径19mm、外径25mm、リム高25mm
・ニップル穴のオプション:20/24/28/32

Open Pro Carbon UST Disc
・405g
・内径21mm、外径27mm、リム高32mm
・ニップル穴のオプション:20/24/28/32

Open Pro Carbon UST
・450g
・内径19mm、外径25mm、リム高25mm
・ニップル穴のオプション:20/24/28/32



USTなので全てチューブレスレディ
リムテープ、バルブ、ニップルワッシャは付属。
リムブレーキモデルはブレーキ面にレーザーエッチング加工されてる。ブレーキパッドは付属しないっぽい。

販売開始は2019年4月、価格は$499。
これで好きなハブとスポークでMVICリムのホイールが組めるぜ!

それと、ハブも単体で出すよって。リアハブはインスタントドライブ360だぜ!
2019-mavic-hubs-sold-separately-for-custom-wheel-builds1



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PWT 振取台 リム 振れ取り台
価格:13979円(税込、送料無料) (2019/3/16時点)


今日のフレームの状況。変わってないな。
FullSizeRender


↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑


ブレーキ、大事。

現在の自転車についているブレーキは前がBR-5800で後ろがBR-6800。
グレード違うにしてもふつう逆じゃない?って思う人が多数だと思うけど、個人的には後ろのほうが大事。
前は止まるためのブレーキ
後ろは速度の微調整や姿勢の制御に使うブレーキ



…どっちも重要だな。
自分の停止時のブレーキングは後を強めに掛け始めて速度が落ちるにつれて前を強くしていく。
こんな方法をしているもんで、リアのシューの減りは人より早いだろうし、ブレーキの性能もリアが重要になってくる。
前はグッと握ってガッと止まればまあOKさ。

SL-KとかTRPとかeeなんとかとか色々見てたけど結局購入するのはSHIMANO BR-R8000

IMG_0797


いやだって値段がさ、サードパーティ製の片側1つの値段で前後セット買えてしまうんだもの…性能は欲しいし。

IMG_0798

IMG_0799

以前よりごつくなりすぎだよなぁ、クランクとかブレーキ。
組んだ状態で見るとまた印象が変わってくるんだろうけど、ゴツい。



重量
固定用のナットは外した状態で計測
ナットは長いものは6g、短いものは3g程度

フロント
IMG_0821

リア
IMG_0822

軸が長い分フロントのほうが少しだけ重い。


ちなみにR8000と9100にはブースターといわれる金属製のアーチなパーツがついています。

IMG_0800

これにより、ブレーキ時のたわみを抑えてしっかり制動力を発揮。
R7000にはつきません。
価格差が前後セットで5000円ほどですが、わずかな安全性を重視する私みたいな人はR8000を選んだほうが吉
R7000も十分に性能はいいんでしょうが。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ BR-R7000 キャリパーブレーキ 前後セット
価格:7840円(税込、送料別) (2019/3/16時点)




フレームは発送通知がきた。色々まだ足りてないんだけどな。
読めねえ!

FullSizeRender


↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今月半分終わっての労働時間が115時間だ。明日は室内でローラーだろうなぁ。雨だし。

正式に発表されたのさ!
買う予定はないけどさ!
カンパのコンポはかっこいいのさ!
165mmのクランクはないのさ!
IMG_0817




ダウンアンダーから大活躍してるSuper Record EPS 12sがついに秘密のヴェールから解き放たれたぞ!

CyclingTipsさんのレビュー

機能的なのは国内のどっかが上げるでしょ。
以下抜粋

70キロしか走ってないから十分じゃないけど、ファーストインプレッションさ
基本的に機械式を受け継いでいる部分は良いよ。
フロント変速はきっちりするし、チェーンは丈夫。自動トリムもチェーンの擦れを気にしないで済む。



リア変速の時、機械式に比べると17Tのあたりでもたつく。めちゃ速い変速でも超静かでもない。
よく売り言葉になってる、「1つの動作に対して、1つのバー」だけど、実際問題混乱することなんてないし、これ完全に好みの問題じゃね。
個人的にはSRAM eTAPのほうが直感的ですきやわー。
あ、ただアプリで機能をそれぞれ設定できるのはいいよね。
ブレーキレバーの側のスイッチ小さくね。これ冬場に厚手の手袋したらスカりそう。
サムレバーはいいね!下ハンも機械式のより押しやすい!
ブレーキはマグラのおかげかな、いいチューニングがされてて急激な 反応したりはしない。ウェットは試走してないから知らん。

去年発売された機械式と同様にデザイン性に優れている。
でも高すぎるし、機械式のほうがワクワクさせてくれた。何かが欠けてるんよ。機械式のほうがイタリアンな感じがする。
パワフルなディスクブレーキは楽しかったよ!

とのこと
さてはアンチだなオメー!!

↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑



まだフレームを作ってすらないというお話から早10数日。
残業続きであっという間に過ぎた。
平日3時間睡眠だわーつらいわー。

塗装が完了したから発送するで〜
って連絡がきた。画像もらった。
フレームに黒を使うのがあまり好きではないから黒いところを濃いブルーにしてくれって頼んであったんだが


IMG_0811


うーんなんか想像より色が明るい。
Blue color like Redbull F1って頼んだんだが。
これは缶の色だ。

レッドブルを期待してたらトロロッソだった感じだ。どっちがどっちかわからなかったんだろうか。
クビアト好きだったからまあいいっか。今年は頑張ってくれよ。

ていうかなんだその適当に置かれたヘッドのベアリングは…

IMG_0810

FullSizeRender


うーん。しかしこれ、どう見てもあのメーカーだよなぁ。ダウンチューブのモールドとか。
春節くらいに気付いたんだけどずいぶん前に支払ってあったし無理をお願いしてる部分もあったし、今さら文句も言えん。



ちなみに、「めっちゃ似てるね!」って書いたメールはスルーされた。

ちなみにコピー品作ってるアウトなショップはは「そうだろ!めっちゃクオリティ高いんだぜ!」とか返ってくる。

「それはうちのフレームだね!契約上ロゴとかは一緒にできないけどね」と返ってきたこともある。

今回は判断がつかない。まあいいか。多分アウトなほうだと思っておこう。

発送したらトラックのリンク送るねって言ってたのに来ない。発送したのか…?


↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

海外の記事(Cycling Tips)の記事だけど。
あまり尖った記事を書きたくはないけど気になったので。
皆大好き世界のENVE様がなんか警鐘しとるよって話。


タイヤを選ぶにあたり、今もっとも皆様が重要視しているのは「転がり抵抗」だと思われます。
それと同時に、快適性を上げるために、柔軟性を上げたケーシングを利用したりして、タイヤの開発を頑張ってます。

最近人気を集めているものは、レトロライクなタンウォールで、コットンつかったり、他の柔軟性の高いケーシングを使用しているやつ。



それで、こいつらがENVE的には良くないよという。スピードも重要だけど、耐久性を蔑ろにしすぎだろと。

ENVEの中の人によると、
ENVEホイールの使用じゃなくても、最近のタイヤの破損はサイドウォールやビード付近が壊れるものが増えたらしい。そしてそれらはビード周りに補強のない高性能を謳うタイヤ。

路面のショックを和らげるために多少の柔軟性を素材に与えることはどんなホイールも同様のこと。その柔軟による動きでの疲労は同じ条件。
だとすると要因がタイヤ側にあることは明らか。

タイヤが快適性を上げるために柔軟性を多く持たせるとビード部分やサイドウォール部分に
負担がかかる。
それで、こうなる。

IMG_0801
こんな壊れ方見たことないがなあ。
日本人はだいたいこうなる前に買い替えるのかな?
似た構造のモデル全般でこんな感じのダメージの受け方が見られたとのこと
それでやっかいなことに、その疲労をぱっと見で確認することは困難みたい。


ケーシングの伸縮による疲労や、ビードの接合部の摩耗が繰り返されることがタイヤがぶっ壊れる明確な原因であるかどうかはまだわかっていないらしい。確定みたいな書き方の記事だけど。
それよりも、タイヤの素材と構造が重要。

ENVE「Vittoria Corsaは特にビード部分が壊れやすいよ」

ENVEの中の人がVittoriaの中の人に報告したとき、めっちゃ否定された。
Vittoria「そもそもそれレース用で、数百マイルも走るようなタイヤじゃないし

ENVEおこ
・ホームページにもそんな情報書いてないのに誰が知ってんだ!?
・だからショップも推薦して、客がそれ買って、それで怪我してるんだぞ!
・日々そのタイヤで走っている人もいるんだからその人たちの抱えるリスクを知っておけよ!




通常、クリンチャータイヤはビードの周りに補強してるけど、いくつかのタイヤは軽くて速い高性能なタイヤを作るために外側の層を削除してるそうです。

IMG_0802

Pの部分から描かれている層のことですかね。これを排除するとビード部分の耐久性が低下する可能性があるということかな?

ENVEさんは暫定的にカーボンリムに適していそうなタイヤと良くなさそうなタイヤのリストを作って下さったそうです。

100個以上のタイヤをテストしたけど、まだまだテストできていないタイヤは一杯あるよ~とのこと。
スペシャのターボコットンとか、DonnellyとかVeloflexとかとか

それで、以下がCycling TipsさんがENVEからもらったリスト

推奨しないタイヤ
Challenge handmade clintures (全て)
Vittoria Corsa 非チューブレス
(Corsa Speedは使ってもええんか!?)

推奨タイヤ
Bontrager
Continental
Hutchinson
IRC
Mavic
Maxxis
Panaracer
Pirelli
Schwalbe
Specialized(Turbo Cottonは未テストの模様?
Tufo
Vittoria(上記以外。Corsa Speedは?ねえCorsaSpeedは大丈夫なの?)

めっちゃ気になってしまったので画像検索。
(こんな肝心な時に英語公式はGraphene2.0モデルに置き換わってるし、日本ページは編集中だし…)

CORSA-SPEED_open

ビード周りは補強してあるっぽいですね。コットンだとエアもれるだろうし当たり前か。

Graphen2.0を使う(来月から発売される)新シリーズのTLRモデルは問題なさそう?
となると、新Corsaシリーズはクリンチャー運用であってもTLRモデルを買うべきなのか!?

ヴィットリア vittoria ルビノ プロ グラフェン 2.0 RUBINO PRO GRAPHENE 2.0 クリンチャー タイヤ 【予約】
ヴィットリア vittoria ルビノ プロ グラフェン 2.0 RUBINO PRO GRAPHENE 2.0 クリンチャー タイヤ 【予約】

●【国内正規代理店品】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000(グランプリ 5000) GP5000 ロードバイク用 クリンチャータイヤ WO
●【国内正規代理店品】 Continental(コンチネンタル) GrandPrix 5000(グランプリ 5000) GP5000 ロードバイク用 クリンチャータイヤ WO)

↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

※2019/05/01 一部修正しました。

フレームが仕上がっていないというショッキングな出来事
から1週間。
BB購入に至るまでの話はこちら

楽天で購入。海外通販に比べると到着が早い。
IMG_0767

中身
IMG_0768
シェルの左右についてるでっかい奴は取り付け工具です。

IMG_0776
わかりやすいようにアダプターの向きを変えてみた。

どんなクランクでもかかってこい!取り付けてやるぜ!

スクエアテーパー?だめ来ないで。ISISも禁止。
DUBも無理ですね。
代理店さんはSRAMや12速の流れには興味ないのかな?



説明書
IMG_0769
IMG_0770
どんクラ

シェル本体
IMG_0773
ninja!

実は箱にも説明書にも本体にもTBTという表記がなくて、無印と見分ける方法を東商会さんに問い合わせました。

回答として、ベアリングのレース部分が金のものはチタンコーティングされている証拠。レースが金ならTBT。一安心。分解してセラミックベアリング確かめる寸前だった。

1営業日足らずで回答してくれた東商会さんありがとうございます。

エンドユーザーも容易に付け外しできる敷居の低いBBなんだから今後はどこかに記載してくれよな!

再奥まで続くスレッド
IMG_0772

シェルの重量
IMG_0774
やはり樹脂製と比べると重いですね。

いろいろな組み合わせの重量を測ってみる。
お目当てはあるかな?
・PF30+SHIMANO 24mm
・PF30+BB386 30mm
・PF30+GXP

・BB386+SHIMANO 24mm
・BB386+BB386 30mm
・BB386+GXP

これは合体ロボ好きにはたまらないギミックだな。



どんどん測るよ!
PF30+SHIMANO24mm
IMG_0788
!?
この仕様をつかうんだが(^ω^)…
アダプターが意外とずっしりしっかりな造り。
BB重くなる分にはバイク全体の重心位置が下がるからまあ…サドルやシートポストが重いよりは…
ちなみに東商会さんのページより2g軽かった。
※ロード用のクランクを使う場合、アダプターの外に2mmのスペーサーは必要ありませんでした。

PF30+GXP
IMG_0789
やはりアダプターが重いですね

PF30+BB386 30mm
IMG_0790
アダプターが薄くなる分軽くなります。
メタリックな赤がかっこいい
この組み合わせを使うには、やはり30mmアクスルだ。



続いてBB386仕様

BB386+SHIMANO24mm
IMG_0784
BB386+GXP
IMG_0785
BB386+BB386 30mm
IMG_0786
 まあそりゃこの組み合わせがいちばんかるくなるわな。

以上、色々な組み合わせができるTOKEN NINJA BBのお話でした。
WISHBONEより安いし、合体メカ好きにはおススメできるBBであった。
んでフレームは…



↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策
台湾製のビッグプーリー安い。欲しい。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

普段の生活もトレーニングに活用したいお話。

私はサラリーマンであり、毎日オフィスビルに向かう。
毎日10階のオフィスまで階段を登る。

個人的にだけれど、登坂でペダルを踏む時と、階段を登るときの筋肉の使い方は近いと思う。



左右の脚を切り替えるタイミング
下死点まで踏み込む無駄さ(そのままジャンプして数段飛ばしで上るなら別だけども)
重心位置


階段をのっそのっそと歩いてる人を見ると、たまに
よい、しょ!よい、しょ!
っていう感じの登り方をしている人がいる。

膝が伸びきるまで足が離れない。
そのために踏み込んだ脚の真上に重心がある。
片足で身体を支える時間が多いように見える。
着地のときにでかい音を立てる。


聞いただけでも膝を壊しそうで怖い内容。

これを見て、意識しなければいけないことはすべて逆のことを取り組むこと。

下死点まで踏み込まない。
斜め上へ向かうために重心を段差の位置くらいまで前に持っていく。脚より前に常に重心を持つ
下がった脚は次の段まで、自重に引っ張られないように素早く引き上げる。
パワーロスを減らす。その速度に必要なパワーのベストエフォートの最小値を意識する。無駄に力をいれずスムーズに脚を動かす。

→全部、ロードバイクのペダリングと一緒や!
意識すれば上りの重心への意識もペダリングスキルもアップ間違いなしや!

っていう理論で階段を登り続けているお話でした。
ちなみに普段歩くときも重心とフォロースルーを意識するとめちゃめちゃ速く歩ける。


斜度とか考えてみると階段って超激坂

↓↓↓↓↓↓↓↓お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↓↓↓↓↓↓↓↓


VIP会員権は39円の時にとりあえず買ってしまうのが得策
ビッグプーリーが安くてポチりそう

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お気持ちで見て頂けるとありがたい欄↑↑↑↑↑↑↑↑↑

フレームが届く気配が全くないのに、周辺はどんどん揃っていく…w

今回はBBのお話。
発注中のフレームのBB規格はPF30。
今となってはほぼ見なくなった規格。
使ってるのはリドレーくらいかな?
(そもそもフレームがリ●レーのパ●リっぽいしな…)



個人的には整備が簡単なスレッド式、ネジ切り式が好き。
中華カーボンにはあまり無い選択肢。中華カーボンに精度を要求するネジ切りを求めるのはやはり苦か。

圧入を個人でやり切る自信なんてないです。圧入工具もなかなかのお値段がします。

WISHBONEをメインに最近流行の圧入規格向けのスレッド式BBがプレスフィット界に大進出しております。自宅でバラ完派の唯一無二の味方。
わたしもこのビッグウェーブに乗るしかない。

呼称がわからないので、総称してWISHBONE系BBとこのブログでは呼ぶことにします。

WISHBONE系BBは特徴として
・シェルがねじ切りで分割されており、締め付けることでフレームに圧入される。
・取り付け、取り外しに圧入工具を必要としない(ただし、スレッド式BB取り付け工具が2つ必要になる場合がある)。
・上記により、付け外しによるフレームへのダメージが少ない。

などのメリットがあります。
デメリットとしては
・やはりやや高価
・シェルが金属製のものが多いため、通常の樹脂のものと比べるとBB全体ではやや重くなる。

重量の面に関してはその分剛性も多少上がると思います。利点のほうが多い。


今回購入したのは「TOKEN TF-37 TBT」
無印とTBTの違いは、ベアリングにセラミックベアリングを使っていたりレースをチタンコーティングしていたり、TBTのほうが少し豪華です。

価格差がそこまで大きくないため(感覚麻痺)、TBTを購入。初セラミック。
購入時、ポイントも考慮すると楽天が1番安かった。

たぶんベアリングの差なんて私には気付かないかなぁ。
比較するスチールベアリングの等級によります。軸受けだったりレースだったりの精度の影響もあると思います。

等級ってなんだ?って人はこちらをご覧ください。
佐藤鉄工株式会社 鋼球のJIS規格
真球度が高いほど等級のランクが上がります。
私含めドド素人目には、鏡面のようなツルピカ球は等級が高いと認識すればいいかな。
あまり難しいこと言われても覚えてられないので…。
ホイールのハブを分解したりすると、くすんだ球でびっくりする。

等級が一桁台のものなら自転車にとって必要十分以上というか過剰な性能はあるはずです。高いですが。
ただ、自分でスチールベアリング球を交換するにしても直径を測ったりモノタロウで頭をなやませたり…という多少の面倒さや、場合によっては必要以上の量を発注しなければいけなかったり、微妙に余った玉の処分に困ったり、労力に見合うコスパがあるかというと疑問になります。
そうなると多少の値段差ならセラミックベアリングを選んでしまっても構わないですよね。
1W出力を効率化するために血眼になって身体低く保ってもがいて血反吐はいてるんですから。
少し多くお金払って少し出力を効率化。うん、間違ってない。

話がそれた。



選択肢としては
・定番のWISHBONE BB
・SUGINO POWER SLEEVE
がありました。プラクシスも出してたっけ。
 
上記はクランクのアクスル径が変わった場合、BBも一緒に買い替える必要があります。その度になかなかの出費。
TOKENのものは付属のアダプターを付け替えるだけで対応できます。
このBBセットでSHIMANO、SRAM GXP、BB386、(BB30)のアクスル径に対応させることができます。
DUBはない。ちょっと残念。

アダプターを介すことで多少回転に影響は出るでしょうが、ベアリングの性能がいいから多少目を瞑る
単体品の価格を比較すると2社より価格が抑えられる。
あとTOKENのWISHBONE系BBの名称がninjaで開発が日本好きっぽいところが好き。

他の記事で書いたけど、クランクは今のバイクのFC-R8000を使い回す予定。
クランク変えるの?SHIMANO以外使う?っていう疑問も私自身生じます。
でも、ROTORのALDHU格好いいじゃん。
165mmは24mm軸にはラインナップされてないじゃん。
SRAMのカーボンクランクも軽くてカッコいいしさ



BB自体は既に到着しております。
Favero Assiomaより一回りくらい小さな箱。
シマノのBBの20回りくらい大きな箱。
IMG_0767

重量も計測済みです。
ただ、1点確認したいことがあり、記事作成の現在、東商会さんに問い合わせ中。

文章が長々しくなってしまったため、後日に記載を予定させていただきます。

※購入したものはPF30とBB386向けのものです。
24mmアクスル向けに開発されたBB(BB86など)は、様々なアクスル径に変形合体できないようなので、WISHBONE等好きなものを購入したほうが満足度が高いでしょう。
TOKEN トーケン TK-BB841TBT BB86 BB90 BB92 ボトムブラケット
TOKEN トーケン TK-BB841TBT BB86 BB90 BB92 ボトムブラケット

ウィッシュボーン BB86-SH 41mm/86.5mm ボトムブラケット
ウィッシュボーン BB86-SH 41mm/86.5mm ボトムブラケット

TOKEN TF24-TBT BB86/BB30/PF30 シマノクランクヨウ【沖縄・離島への配送不可】【smtb-s】
TOKEN TF24-TBT BB86/BB30/PF30 シマノクランクヨウ【沖縄・離島への配送不可】【smtb-s】

今後のご自身のフレーム・クランク入れ替えの予定なども考慮に入れて、購入してください。
重量やパッケージ内容物については後日書きます。長くなってしまったので…。

というわけで、続く


4iii Precisionの左クランクを所有している。特に不満もない。
ケイデンスも測ってくれるし。

もう1台組むとして、悩ませるものはクランクとパワーメーター。

シマノのクランクを使い続けるなら左クランクを使い回してもいいが、色々なものに浮気性な性格だし両足計測にも興味がある。

ROTORの(2じゃない)INPOWER DMにしようかとも思ったが、Favero Assiomaを購入することに。
ペダル型パワメとクランク型パワメの検討をするにあたり、一番最後に残る問題は以下に集約した。

・ペダル型:違うビンディングシステムを使うか
・クランク型:違う長さのクランク(165mm以外)を今後試すことはないか

ペダル型の問題は好みの問題。私はクランクブラザーズのCANDY+0フロートクリートの手軽な付け外し感が大好きで、ゆくゆくは戻したいと思ってた。

クランクの長さは好みの問題では済まず、下手をすると身体の問題に発展する可能性が否めなかった。
現状165mmで落ち着いているが、バイクフィッティングサイトによっては167.5mmと言われることもあり、今後クランクをどうするかは定まってない。

そうなると、ビンディングシステムの好き嫌い無視(妥協)できると判断してもよいと思いペダル型を購入することに決定。



Power meter cityと迷ったけど、公式サイトにて購入。
送料込みで€600弱。76000円くらい。両足測定でこれならかなり安いと思う。

色々調べて交渉して駄目だったんだから、ここが一番安い。と思ってた…。
まあ、不具合あったら購入履歴確認できるだろうし、不具合あったらすぐに保証も受けられるさ。多分。

購入ボタンを押下したのが2/18日。届いた(受け取れた)のが3/1日。海外通販としては普通くらいか。Wiggleが早すぎるんじゃ!




そしてとりあえず開封の儀。

箱表
FullSizeRender
シャレオツ

箱裏
FullSizeRender
Q-Factorとか書いてあるので、気になる人は眺めてください。
ちなみにシマノのペダルとほぼ変わりません。

OPEN

FullSizeRender
丁寧に入っています。

FullSizeRender
下はこんな感じ。

内容物は、
・取付用の8mmレンチ
・充電用のアダプタ
・各国の電源プラグ
・互換クリート
・スペーサー

説明書も各国の翻訳版が2冊に渡り用意されていました。
FullSizeRender



本体 表
FullSizeRender

本体 裏
FullSizeRender

アップ
IMG_0748

重さは測り忘れました。公式だと片側で152.4gです。バッテリー込みでこの重量なら十分に軽いと思います。
…ていう書き方もせっかく読んでくれた方に悪い気もするので取り急ぎ左側のペダルを外してはかってみました。

IMG_0760
まあ公式と差はない感じですかね。GOOD。

https://www.dcrainmaker.com/2017/11/garmin-vector-3-power-meter-review.html

DC RAINMAKERさんのサイトで確認すると、
・POWER TAP P1:216g
・GARMIN VECTOR3:161g
となっておりますので、ペダル型パワメ全体でも軽いと思います。
・POWERTAP P2も公式199gですし。

あれ、メガネケーブルがない!?入れ忘れられたか!?
と思ったら今のアダプターはこんな構造になってたのか。形がややこしいわ。
IMG_0745

充電。ぴかーん
FullSizeRender

取付け
マニュアルには注意事項があります。センサー部がクランクに干渉する場合は付属のスペーサーを使えと。
FullSizeRender

装着
IMG_0750
シマノクランク(6800左とR8000右)にはスペーサーを使わず装着できました。
ご自身での取付が不安な方は信頼できるショップに持ち込んで取り付けて下さい。

まだ170kmくらいしか乗っていないので、使用したレビューは後日書きます。

《即納》【土日祝もあす楽】【新型登場!設計大幅見直しで性能アップ!】GARMIN(ガーミン) VECTOR3 (ベクター3)パワーメーター パワー計測ビンディングペダル
《即納》【土日祝もあす楽】【新型登場!設計大幅見直しで性能アップ!】GARMIN(ガーミン) VECTOR3 (ベクター3)パワーメーター パワー計測ビンディングペダル

【現品特価】シマノ FC-R9100-P パワーメーター内蔵 50X34T 11S クランクセット
【現品特価】シマノ FC-R9100-P パワーメーター内蔵 50X34T 11S クランクセット


上記で書いたもっと安く買う方法は以下に長々と書いておきます。



amazonで購入したPD-R7000。

嵌めてるのに左のペダルがコツコツ動く。隙間がある感じ。ペダリングの妨げになるくらい動き出したのはここ1週間ほど。



いつも使ってる青クリートから新品ストックの黄クリートにしても、固定力を強めてみてもコツコツコツコツ。
上下ではなく前後に1〜2mmほど動く。
つかってるうちに少しずつ削れてしまったのだろうか。

個体差なのか、PD-540LAのほうが長持ちした気がするなぁ。

昔より脚力も走行距離も伸びたから一概に比較できないか

なお明日からKEOな予定。

IMG_0735




だって気になって夜も眠れなかったんだもん。
日本語訳
私「やあ、調子はどうだい!?
もうすぐサイクリングのシーズンだぜ!
私のフレームは順調かい?」



スタッフ
「特に問題はないぜ。
ただ1つ説明させてくれ。

春節明けにサイズを49から52に変更したじゃん?

52の在庫がなくて今作ってる最中なんだよね。

無地のフレームができるまであと10日くらいかかるんだ。


今は塗料のチェックをしているよ…。

実は49だけは1つだけ在庫があってさ。

お前の為に春節前にストックしておいたやつだよ!


友よ堪えてくれ、俺はいつもお前のオーダーを気に掛けているんだ。

絶対に後悔させないからさ!」

おう。

サイズを変えてもらった自分に非があるのだから仕方が無いさ。

私「オッケーオッケー!
焦らず最高のものを作ってくれよ!」


とりあえず楽天でBBを発注しました。