先日、DE ROSAがMERAKを復活してIDOLはモデルチェンジしそうという記事を書きましたが、
なんとブランドロゴまで変わってしまいました。

derosa-logo_l_blk
838b2525341d858855cd0270fed91460-700x324


どちらが好みかは、人それぞれでしょう。

新型のMERAKですが、こちらで画像がいくつか確認できます。
残念ながらイタリア語はわからないので、画像だけ見ていきましょう。
https://www.cyclinside.it/web/de-rosa-rinnova-il-marchio-e-i-modelli-di-punta-merak-sk-pininfarina-e-idol/

merak1

おおう、お前もかって形のオールラウンド系のフレーム。

フレームはサイズ54で800gらしいです。
かなりの軽量フレームですね。

ところどころシルバーなのがいいね。

トップチューブにMERAKとあります。
確定ですね。

MERAK




それよりも気になるのが!!
ステム一体型のハンドル!
INTEGRAZIONEとあるのが名前でしょうか。

MERAK2
MERAK3

艶消しブラックとクラシカルなシルバーがあるのでしょうか。
シルバーいいですね。レトロフューチャーとはこれのことでしょうか。

VISION ACRシステムというインテグレーテッドデザインを採用しています。

vision ACR



VISIONのサイトには2019 7月1日にCOMING SOONとあるので、もうすぐVISIONからも製品リリースがあるかもしれないですね。
規格が共通化されればそれぞれの開発コストなども下がり、低価格化と普及につながればいいですね。

YOB15X551D PARICOLARE 21

SKとIDOLも展示してあったようで、SKはホワイト、IDOLは異なるデザインのACRシステムのハンドル/ステムが搭載されてました。

SK

SK

De-Rosa-2020-058

ACRを採用したことで、ヘッドチューブ周りがすっきり。
穴などもなくなったので、モデルチェンジの発表がありそうです。
サイズ54で950g

IDOL

De-Rosa-2020-007
IDOL ACR

ちなみに、IDOL DISCって現行はこんな感じ

IDOLDISC
比較すると、
ACRシステムを採用したことで、ヘッド(略)
シートクランプがインテグレーテッドになってますね
トップチューブ~リアエンドまでの造形も違いそう。

それぞれの細部の画像は元記事からご覧ください。

ほぼ黒一択だったカーボンパーツに色を付けるというのはいい試みですね。
なんでも黒ばかりでつまらないのが少しは色とりどりになればいいですね。




これだけイタリア語の記事から頑張って書いて、
DE ROSAのサイトではすでにMERAKとか載ってるじゃねえかっていう話 。
カラバリも意外と豊富