多くはないけど、登り途中に勢いよくインナーに下げたりすると、チェーン落ちに見舞われたりする最近。

まあ仕方のない部分もある。
シフター:microSHIFT
FD:SHIMANO
RD:microSHIFT(プーリーはDuraAce )
スプロケ:SHIMANO
クランク:ROTOR
チェーン:TIPSUM

なのだから。
互換性なんて知ったことではないのだ。
好きなパーツで好きなバイクを組むのが本来のバラ完なのだ。



というわけで、チェーンキャッチャーを導入しようと思いました。

候補は
TOKEN
ROTOR
K-EDGE
KCNC

です。



この中で、(取付時を除き、)FDの固定するネジを緩めずに位置を微調整できるのはROTORとKCNCの2つです。

なんだかんだそういう工夫はエンドユーザーに親切です。

KCNCをまず考えていましたが、クランクとの兼ね合いもありまして、ROTORにしました。
TOKENもK-EDGEもすでに取り付けてあるからKCNCが入ればまたブランドが一つ増えたのに。。。



IMG_2653

重量
IMG_2655

取付

IMG_2656

Amazonのレビューにて、「シマノの新型FDだと干渉してしまう。」との話がありました。
個体差だと思っていました。
クリアランスはこんな感じです。

IMG_2660
IMG_2659
IMG_2657



結構ギリギリです。
角度の問題でRIDEAのスペーサーを取り付けているのですが、
これがなかったら干渉していた可能性があります。

チェーン落ちなぞ、ちゃんと調整して、丁寧に変速すれば避けられる
というご意見もごもっともです。
ただ、疲れてくると操作はがさつになりますし、トラブルはいつ起こるのかわからないものなのです。
10gでいくらかの気持ち的な安心が得られるなら、それもアリだと思うのです。

 



MANAハンドルがバンドルのキャンペーン中のCHAPTER2
まるでMANAの値段が含まれたような価格になっておりますが
2019/10/04追記
戻ってました。36万→30万弱
やはりTEREは好きな形なので気になります。

ただ、MANAハンドルがどんなものなのかも気になります。
バンドルとはいえ十分に高いハンドルなので、妥協のないものであってほしい気持ちです。
フレームの価格がハイエンド化した今
「ちょっと自分のフィーリングとはずれるけど、無料だったし…まあちょっと我慢や…」で済ませたくない部分です。
「汗水たらして必死に漕ぐだけではなく、もっと走る楽しさを~」
みたいなのがブランドのもともとのコンセプトでしたしサイクルモードでもそういう話をされていましたし、
ライディングに関わる部分の妥協をしていいバイクではない。
だからMANAを触れる場所ないですかね…!?

と、思いながら仕事上がりにCHAPTER2を取り扱っている都内の某所へお話を伺いに行ってみたら、シャッターが閉まっている。
なんと定休日でした…。残念…。