先日届いたシートポストですが、軽量化が完了しました。



IMG_4480

じつはビビりなので、マージンはいくらか残してあります。

カーボン部分の軽量化完了。

切断前
IMG_4450


切断後
IMG_4481

その差26g。意外と大きかった。
その後ガラス系ポリマーコーティングを施しました。

ボルトも届きました。
いつもお世話になるセラーにはM6はなかったので、別のところから購入。

交換前部品
IMG_4541

交換後
IMG_4542

M6で幅15mm以下のシリンダーナットは今回の店にはなかった。
他のセラーにはあったが、そこは幅20mmのシリンダーナットがない…。どっちつかず。
ナットだけ買うのも気が引けるので、今回はパスしました。



やぐら部分を付けてもう一度計測。

軽量化前
IMG_4440

軽量化後
IMG_4543

合計で32gの軽量化ができたようです。1gはちりつもです。

交換前と比べるとなんかかわいい。死んだ魚が生き返ったみたい。

IMG_4433
IMG_4545
IMG_4544


このようなシートポストの軽量化ですが、
重心より高い部分の軽量化なので、車体の低重心化による安定性向上を期待することができ、
バイクを振った時のフィーリングにも少なからず影響を与えるはずです。理論上は

私がそれやシートポスト単体の軽量化を感じとれるかは正直わかりません。無理だと思います。
30gですし。30gってどのくらいの重さかというと、空の500mlのペットボトルの重さがそのくらいです。
空のペットボトルをシートポストに巻き付けて重くなった違いを感じ取れるかというと…うーん。
サドルバックを取り付けることもありますしね。

ただ、軽量化による自己満足度って意外と高いのです。
なぜかというと、数値でわかるから。
アップグレードパーツでの謳い文句「このパーツを使って性能が〇〇%向上しちゃうぜ、抵抗が〇〇%削減するぜ!」よりも購入者側が実測による数値的なエビデンスを見ることができます。他人にも「論より証拠」を示せます。
たとえ効果が大きくないとしても軽量化パーツが人気であることは納得できますね。
少しずつですが愛車の重量が減っていく様子を見る楽しさやワクワクもあるでしょう。

シートポストを切るだけなら出費もかからないです。

AliExpress.com Product - Repair of Titanium Alloy Cylindrical Nut M5M6 Bicycle Seat Fixed Nut
AliExpress.com Product - Titanium bolt cylindrical head M6*12/15/25/30/35/40/50/55/60/65/70mm replacement screws for bicycles and motorcycles


ちなみに、エアロハンドルやOSPWによる自己満足度も意外と高いのです。
なぜかというと、視覚でわかるから。
アップグレードパーツでの謳い文句「このパーツを使って性能が〇〇%向上しちゃうぜ、抵抗が〇〇%削減するぜ!」を視覚的にもイメージことができます。他人にもアップグレードしたことを示せます。
たとえポジションを見直した方が改善できるとしても、抵抗削減系のパーツが人気であることは納得できますね。
大胆に愛車のハンドルやコンポーネントが変わっていく様子を見る楽しさやワクワクもあるでしょう。

カッコいいバイクに負けない体幹を鍛えることも出費はかかりません。

どちらにせよ、積んであるエンジンの方が大事ということ…。