テクトロレーシングプロダクツが新しくシフターとリアディレイラーをリリースしました。
位置付けとしてはトレイル/エンデューロ用とのこと。もうTRPのサイトから購入できるっぽい。
€299でSRAM、SHIMANO、SunRace、e*thirteenに対応しているそうです。本当か…?

TR12-Kit-Gold
なんと、ブラック・シルバー・ゴールドの3色展開。

 


ロードではブレーキ以外に有名商品はないですが、TRPは以前からMTB用にはドライブトレインを用意していました。どの程度シェアをとれていたのかは知りませんが…。

アーロン グウィンという選手が使用しているそうです。




TRPのリアディレイラーには、ホールロックと呼ばれる機構が備わっています。

TRP-DH7-Hall-Lock-Detail-2

ロックすることで、Bナックルの動きを制限し、シフト性能の安定とノイズ低減、
解除することでタイヤの取り外しを容易にすることができるそうです。
Bナックルが動くことでチェーンのスキップやスラッピングが発生することに気付き、一緒に開発に携わったレースメカニックのジョンホール氏の名前をとったネーミングだそうです。

クラッチシステムには、ラチェット式を採用。microSHIFTのADVENTもラチェット式でしたね。

TRP_TR12_7e-Cage-1

チェーンレングスインジケーターという便利マークも備わっています。

TRP-DH7-Chain-Length-Indicator-Detail

このマークを目印にして、適切なチェーン長を設定できるそうです。便利。

シフターはリリースレバーに工夫を入れたそうです。
TRP_TR12_12e-Shifter-1
親指の動きに合わせたリリースレバーを用意。人間工学ってやつですか。
これで荒いトレイルでもグリップとシフトのパフォーマンスを向上させたとのこと。

ShimanoがDeoreのラインナップを10速~12速とスーパー拡充し、上にはXTRやEagleが構えている。MTBコンポは混戦状態でしょうか。
シェアをどれだけ奪えるんだかわかりませんが、MTBは選択肢が豊富で楽しそうですね。