ここ数日、DARE BIKEの中の人とまたやり取りをしておりまして、
「ブログで紹介してくれるの?だったらプレスリリース用の資料をあげるよ!」
と、ありがたいお言葉と資料&画像を頂くことができました。

DARE VSRuについて、頂いた資料を元に再紹介させていただきます。

01-2



DARE BIKE


台湾のファクトリーブランドです。「ディア―」と読みます。
GIANT、MERIDA、最近ではGUSTOのような、他社ブランドのバイクを生産しながら、自らの工場としてもブランドを立ち上げてラインナップを展開しています。



2017年ごろまでは国内でも流通がありました。
2019年末に塩野自転車が新たに総代理店として契約を果たしており、再度国内展開される予定があります。記事の最後の方に書きます。

VSRu


06

DAREのエアロロード VSRの最新モデルとして登場するVSRu。
「u」は「ultra」の頭文字であり、素晴らしいパフォーマンスを有している。

VSRu独自のVETOXエアロハンドル
ディスクブレーキカバー
フルインテグレーテッドのケーブル配線
エアロダイナミクスに優れたフレーム形状
絶妙なハンドペイントによるフィニッシュ

これらが組み合わさり、滑らかでバランスのとれた風のようなライドを楽しむことができる。


01

フレーム形状


VSRuは同社のTTバイク「TSRf」の設計と経験のすべてを継承している。
DAREの設計者は、カムテール形状+弾丸型の形状のチューブをロードバイクにより適した形状と測定値に再設計。
風洞試験により、バイクを横切る風の動きに対してどのようなカーブがベストなのかを決定した。

02-2

VSRuの機能・特徴


03

Di2のバッテリーマウントは従来のシートポストにマウントする方法から、VSRuのダウンチューブにマウントを備える方法に変更。これにより、シートポストを取り外すという手間を省くこともなり、RS-910 ジャンクションボックスをマウントすることも可能なため、充填・バッテリーチェックもより直感的に行うことが可能になった。

ハンドルバーは専用のVETOXハンドルバーが用意され、各デバイスを取り付けるマウンタも付属する。

05

ケーブルをフル内装し、ステム・ハンドルはセパレート式、エアロスペーサ―とカバーの組み合わせ。
ステムは80,90,105,120,135mmから選択可能であり、
ハンドルバーは380,400,420,440mmから選択可能。

DAC(Disc Aero Cover)


他のバイクにはまだ見られない特徴として、VSRuにはDACと呼ばれるブレーキキャリパー部を覆うカバーが装備されている。

front cover
rear cover 02

このカバーの表面はディンプル状になっており、ゴルフボールの表面からアイデアを得たそうだ(参考)。
カバーによってキャリパーエリアの風が平坦化される。
リアカバーにはベンチレーションホールが施されており、これによってディスクの温度は低く抑えられる。

rear cover


ペイント



VSRuのメインカラーはこのGoldenFlowというカラーリング

02-2

04-3
光沢のある蜂のデカールをVSRuのマットペイント上に施し、スピード性能を表している

04-2
フレームの剛性とは対照的な風の流れを表すチェーンステー部

04-1
トップチューブにもデカールによるデザインが施される

また、DAREには「MYDARE Custom system」というカラーリングシステムにより、多彩なカラーリングを選択することができる。

2020-02-18 (7)


「MYDARE Custom system」のカラーリングについてはこちらを参考。
  

VSRu Marsala S9_2
VSRu Blue-Pink S9_2

VSRuの製品ページはこちら

代理店・販売時期について


国内の総代理店は塩野自転車です(確認済み)。
希望の車種やカスタマイズに関しては、正式に注文した上で本国へ発注、取り寄せることが可能との回答を頂きました。
国内の展開については、契約直後にCOVID-19の問題が発生しており、計画を予定通りに行うことが難しい状況とのこと。現段階ではまだ公式には何も言えないとのことです。
ただ要望や質問があれば、可能な限り回答したいとのことでした。






DAREについて以前書いた記事はこちら


資料にはなかったのですがお願いをして、今回、DACの画像と情報をお願いして提供して頂きました。ありがとうございます。
今後、TTバイクやエアロロードにおいて、DACやBrakcoのカバーのようなディスクブレーキ部分を覆うカバーというのは一般的になっていくんではないかと個人的に予想してます。
もうフレームもやることないだろうし、他に改善できる箇所を探していかないと…ねえ。

02-1