だいたい3~5年で買い替えたほうがいいですよと。
目に見えないダメージもあるので、使用年数を気を付けるようにとroadbikeaction誌が言っています。



 衝撃や損傷が発生した場合は必ず交換すること。ヒビや割れはすぐに気づくことができます。
頭に衝撃が加わる以外の原因では、
・旅行中に落としてしまう
・車の後ろに荷物を投げ込んだ時に破損してしまう
などのケースも多いようです。

自転車用ヘルメットの値段はモノによっては高価です。
高価なものはプロテクションシェルのためではなく、通気性や軽量性のためのものがほとんどで、研究開発やハイエンドな材料によるコスト増です。
上から下までプロテクションシェルの部分はほぼ同じとのことです。

損傷していないヘルメットも、3~5年で交換しましょう。
使用されているフォームや接着剤などは時間と共に劣化していきます。
身体の皮脂、汗、紫外線もヘルメットへダメージを与えます。
5年も経つと劣化が進み、メーカーが意図したレベルの保護ができなくなることもあります。
たくさん載っている人は、3年で交換しましょう。



定期的にヘルメットを掃除して、点検することを心がけましょう。
パッドがボロボロになっていたら、新調も考えましょう。
パッドは汗により、ヘルメット本体より少し早く劣化が進みます。これはいいインジケーターとして目安になります。
ヘルメットに製造年月日が記載されているものはおおよその使用年数を確認できます。

また、ショーツやビブは2,3シーズン使い込んだら引退させましょう。
寿命を延ばすために、乾燥機は使用しない方がいいです。
後ろにいる人のために、新しいビブを新調して、薄くなった透け透けショーツは捨ててください。

とのことです。

耐用年数を超えた使用はよくないと。
頭を守る機能が低下していたら、ただの暑いおもりを頭にかぶっているだけになってしまいます。
お気に入りのショーツも使い込めばどんどん生地が薄くなります。
本人が気づかなくても、ケツが透けてぼんやりと見えるなんて人はたまにいます。
各位、気を付けましょう。