最初に行ってしまえば、関係なく気に入ったもの買えっていうのが私のスタンス。趣味だし。

世の中のフレーム設計は軽量<エアロと比重を置くようになりました。
ある程度の軽量性があれば、エアロに振ったほうが効果的だという話です。

TCR-truncated-ellipse-920x613
Specialized-S-works-Venge-15-cedfd4b

「こんなにエアロは効果的だぜ!」
という資料はいっぱいあります。






4.5%の勾配を登らないならエアロだとか、
山頂ゴールが目的ではないのなら、多少の起伏があってもエアロがいいとか
30mph(48.3km/h)で30%削減だとか
100km走った時に〇秒の差が出るとか
24km/h以下だと差はないだとか、低速でも効果あるだとか

いろいろな資料を見て気になることがちらほら。

レースありきというか、"減速をしない"、”止まらない”データっぽいのですよね。

我々ホビーライダーの大半はレースを主として生活をしていません。
閉鎖された道路を走っているわけではないのです。
信号、踏切、一時停止の標識など、ストップ&ゴーを強いられるところがいっぱいあります。

仮に100㎞走って3分のアドバンテージがあったとしても
10㎞だと18秒です。
信号や電車の通過待ちで止まってしまえば簡単に(脚を止めて流しながら)追いつけるような距離です。

巡航速度に達するまでのゼロ発進時の軽快さや加速は全体のPWRによりそうな気もしますが、参考になる文献がありませんでした。



こちらの記事によると、



空気抵抗に関して、
ライダーの空気抵抗が75%~80%
自転車の空気抵抗は20~25%
とのことです。

ちなみにこの記事でも「速く走りたいならエアロバイクを買いましょう」となっておりますが、

メーカーのR&Dによって自転車の空気抵抗が30%削減されたとしても、全体で見れば6~7%程度になるということです。
ライダー自身が自分の装備やポジションを見直して5%ドラッグを削減すれば、全体の3.7~4%、
10%削減できれば7.5~8%の効果があると考えられます。

エアロなハイパーバイクをGETするよりもまずは、自分のフォームを見直して、
疲れずにドラッグを最低限にするフォームとポジションを考えたり手に入れることを優先したほうが効果的だと個人的には思うのです。
すれ違うライダーのバイクのメーカーを気にするよりもポジションをチェックして、自分ができそうなことや直すべき点を考えてみたほうが自分のためになります。
エンジンを磨くことも大切ですが、どのように搭載するかも同じくらい重要ということですね。


ライダーの体格や体重に関しては言及しているものも見られないのも気になります。
ライダーとバイクの重量比というものも体感や結果として違いが出てくるのではないでしょうか。
55kgの人が乗る7.5kgのエアロロード
65kgの人が乗る7.5kgのエアロロード
75kgの人が乗る6.8kgの軽量ロード

どれもが一緒だとは思えません。ライダーの空気抵抗も変わってくるでしょう。
55kgのライダーが踏む200Wと65kgのライダーが踏む200WはPWRが違ってきます。75kgだとさらに違います。
どのバイクが気持ちよく走れるかも人によって異なりますし、好みの乗り心地や剛性感なども変わってきます。

誌面ではどこもエアロロードを買うべしと言っています。
風洞やCFDなどでの解析技術の発達により空力効果が「見える化」したことで、それをウリに広告することが簡単になりました。
一方で軽量バイクの軽快さやクロモリフレームの乗り味や感触が好みという方もいます。

1分1秒を争うなら確かにエアロロードを買うべきでしょうが、
自分の気に入った、気になったバイクに乗るのが一番いいんじゃないのというのが個人的な意見です。

そして昨今は大手はどこもCFDやら空洞やらで解析を行いながらフレーム形状の作成を行っているので、軽量バイクも空力性能が良くなっています。
カムテール形状を採用している軽量フレームならば、研究結果ほどの差はないだろうとも思います。

56AC8FE7-A531-4706-B4FE-2CB63F520ECF


そういうエアロや重量などの性能での売り方にNOを示して新しい遊びとして流行ったのが海外のスチールパイプもアルミもカーボンも仲良く混在しているグラベル系だと思っていたのですが、
そういう市場にもエアロをウリにした方々が参入してくるのを見て、いやはやなんだかなぁ、と感じる今日この頃でした。







余談ですが以前どこかのショップのライドにお邪魔した際、スタッフの方が踏切の前で一時停止をしませんでした。ブレーキをかけて減速する素振りもなくそのまま通過。
道交法はきちんと守りましょう。