年末から悩んでいたヘルメットをやっと新調しました。
SCOTT ARX PLUS 2020年仕様の新モデルです。

IMG_4632
※バイクがScottだからScottを選択したわけではありません。

直販サイトで予約から購入可能に変わったので注文をしました。たしか11800円くらい。
国内価格は旧品よりも5000円ほど落ちました。
最初は楽天で買おうと思ってましたが、まだ並んでいませんでした。


選ぶ際の条件は、
・必ずMIPS搭載
・且つできるだけ軽量
・且つ安ければうれしい

というものでした。




以前書いた記事の中で、Virginia techのヘルメットの評価ランクの話をしました。
ずいぶん前にも書いたことがある。



頭部への衝撃の少なさはMIPS(かWavecel)がないと上位に入れません。

2020-04-10

これを見て、MIPS搭載品を買おうと決めていました。

ヘルメットは保険のようなものです。
誰も転倒したり事故を起こすことを前提に乗っているわけではありません。
トラブルやアクシデントも起こしたくて起こすわけではありません。

偶発的にそれらが起こった時に、死にはしなくとも脳に後遺症が残る確率もあるわけで、
それらの確率をなるべく低く抑えるための手段として、MIPSを搭載したヘルメットを選ぶことは悪くない選択だと思います。

上位の重量と価格を調べると、

G1 MIPS:230g $240 Score9.2
Century MIPS:320g $180 Score10
Cyclone MIPS:MTBタイプなので除外
ARX PLUS(2020):260g $100 Score10.7
Spectre Wavecel:341g 19500円  Score10.8
Balista MIPS:270g 23149円 Score10.9
Stravos Wavecel:335g $100 Score11.2
Z20 MIPS:275g $230 Score11.2

となっている。
2020年仕様のARX PLUSのコストパフォーマンスの良さがわかると思う。
(旧製品はScore14.3)

バイクがScottだから迷わずそうしたわけではなくて、説明のできる理由あっての選択である。

内容物。ちゃんとMIPSである。
IMG_4634
IMG_4636

バイザーを取り付けるとこんな感じ

IMG_4638
IMG_4639
IMG_4641

外すとこんな感じ

IMG_4642
IMG_4635

IMG_4640

重量はカタログと同値の260gでした。

IMG_4644

バイザー込みでこの重量ですが、外してもこの測りだと重量が変わりませんでした。

つけた感じ、MIPSの構造上仕方ないとは思うのですが、やはりヘルメットが少し浮いた感じになります。

ヘルメットの耐用年数は3~5年です。
高価なハイエンドヘルメットも、いつかは買い換えないといけません。
経年劣化によって初期状態よりも防御性能が落ちている可能性もあります。
その時がきたら躊躇なく買い替えることにしましょう。


Bell - Z20 ヘルメット (MIPS)


O〇KはMIPSに関して全くやる気無さそうだよなぁ…出せば買う人多いだろうに。
と、思ったり思わなかったり。