新発売のTARMAC SL7ですが、「乗り心地が良くない」と言うような言い回しを散見します。
今回は乗り心地の部分だけに着目

granfondo

S-WORKS TARMAC SL7

「SL7はRoubaixの"smoother is faster"とは完全に別の道を辿る。SL6の焦点は軽さと快適性だったが、SL7は軽さと空力の最適化の組合せを重視している。
SL7はSL6の置き換えではなく、specializedのポートフォリオの拡張だということは明らかだ。
SL6はホビーサイクリストやロングディスタンスで、緩い乗り方をしても快適だったがSL7は明らかにレース向けに調整している。
SL7の快適性は高速で、ペダルを踏んでプッシュするようなアクティブで攻撃的なライディングスタイルのためのものだ。振動減衰も荒々しいライダーやプロのための働きしかしない。

これは新しいF1カーだということを頭に留めておいたほうがいい。
F1を朝から夜まで乗る人なんて誰もいない。
このバイクは可能な限りハードにペダリングをして高速で乗り、優勝を求めて勝負をするような乗り方が求められる。」


cyclingnews

S-WORKS TARMAC SL7

「乗り心地の荒々しさはVENGEに近い。フロントエンドの剛性によるものだろう。もちろん、レースへの対応を考えると悪いことではないが、SL6の雲のような乗り心地が好きな人には不愉快だろう。

TARMACじゃなくて軽いVENGE。

軽くて速くて正確なハンドリングと瞬間出力での爆発力が欲しいなら、このバイクはとても信じられないバイクだ。
カジュアルなサイクリストで快適な乗り心地を求めるなら、このバイクの動きまくる性質があなたを少し疲れさせるかもしれない。

VENGEディスコンによる空いたスケジュールでspecializedはTARMACの失われたDNAを探しにいくのだろうか。」



RoadbikeAction Magazine


Specialized TARMAC SL7 PRO
上の2つとは別のFACT10rカーボンのフレーム。

「乗り心地はSL6より硬いけど、明らかにVENGEよりは快適。この乗り心地はお気に入りだね。32mmタイヤへの対応で汎用性もいい。
それでもまだレース向けの乗り心地だ。
適度に経験のあるライダーが最大限にそれを活用できるだろう。
VENGEの所有者は大きなアドバンテージが得られ、SL6の所有者はいくらかの空力のアドバンテージが得られるが乗り心地は硬くなる。」

など。
SL6から乗り換える人はそれなりに覚悟が必要かもしれない。



2020/8/4追記

書き忘れてた。
以前canyonで、プロはSLXではなくSLXのペイントを施したSLグレードを使用しているという話があった。

 

Cannondaleのスシエボもノーマルグレードという話だったり、SCOTTもHMXグレードだったり。

こういう話を見ると、もしかしたらSpecializedもそういうことがあるのかもしれない。

彼らはマーケティング的に絶対に言わないだろうけど。