もうちらほら発売されているものもありますが、9月分~2020年10月15日版までの更新一覧。
しばらく記事にしていなかったので、溜まりに溜まっています。

AURUM 
・MAGMA

Bianchi
・Specialissima CV

Cervelo
・P5 MY2019 (TT)

Cipollini
・DOLOMIA

GIANT/LIV
・LIV LANGMA ADV SL DISC MY22
・LIV LANGMA ADV PRO DISC MY22
・LIV LANGMA ADV DISC MY22

JAVA BIKES
・FUOCO DISC BREAK



Lapierre
・PULSIUM
・PULSIUM DISC
・PULSIUM SAT DISC

Massi
・ARROW RACE

MEKAANIKKO
・JTR-5 (TR)

ORBEA
・ORDU 2021 (TT)

SCOTT
・SPEEDSTER 50

Specialized

・AETHOS

YONEX
・CARBONEX HR DISC

おそらくこれで全部…なはず。
スペシャリッシマは少し前にベラチでお漏らしがありました。


image

解像度が悪いのと、FSAのACRシステムでケーブルを内装するであろうに、何故がジャンクションは外に出ているという謎構成だったので、スルーしていました。出すのか出さないのかはっきりしたまえ。

が先日、公式が10/25になんかあるよと。


見る限り、リークとそこまで形状は変わらないか。

ラピエールのPULSIUMも新しくリストに追加。
無印とDISCがあるということは、これはリムブレーキを継続するのか…?
SATとはなんでしょうか…

image
現行パルシウム

日本でSATというと警察の特殊部隊Special Assault Teamになりますが、どんなところにも突っ込んでいけるオールロード的なやつになるのでしょうか。いや知らんけど。

メカニコのトラックフレームもリストに載りました。

あと眺めてて気になったのはLIV

LIV

TCRのLIV版であるLANGMAだが、おそらくディスクブレーキ仕様のみか。
PROPELのLIV版であるENVILIBのフォークはPROPELと共通でしたが、LANGMAはそれ用に作ってます。
ENVILIVはエアロロードの流行を見て慌てて作ったのだろうか。

YONEXのCARBONEXのディスクブレーキ仕様にも高剛性仕様のHRの名前が登場。
既存のレイアップ変更モデルなのか、新型なのか。

そもそも既存モデルのディスクブレーキ仕様にHRモデルが無かった理由ってなんだったっけか。





11月の頭まで仕事が忙しそう…