ブラックフライデーのほぼ唯一のお買い物。
167.5mmのクランクを注文しました。
現在のクランク長は165mmなので、2.5mm延ばすことになります。


FullSizeRender

ブラックフライデーで少しくらい安くなるかなと思ってましたが、全く安くなりませんでした。ちぇっ
まあもともと他店よりは安いしいいか…



というか様子見していたら在庫が無くなったのでいつ届くかわかりません。


クランク長を変更したい理由は幾つかあり、


・自分の踏みやすい出力で踏んでいるとケイデンスが上がりすぎる…気がする。
・サドルの後退量が追いつかない
・そういえばフィッティングしたときの適正値は167.5mmだった。

と言う部分です。
自分なりの頭の中の解釈とデータに基づいたエビデンスの2つの要素がマッチング!ポチっ!って流れです。
もっとユーロも下がると思ってたのになぁ


・自分の踏みやすい出力で踏んでいるとケイデンスが上がり過ぎる


ギアとパワーが噛み合わないというかなんというか、RPM100弱のケイデンスで漕いでいることが多く、少し下げたい。

なんというか感覚の問題。
個人の筋肉や柔軟性の発達にもよるものも大きいので、頭に書くことでもないかもしれない。

楕円リングが原因でもあるのだが、むしろそれだが、ケイデンスが上がるとハムストリングスがなかなかに休む暇がなくなる。
ただ楕円リングの感触は個人的には気に入っているので、真円との併用を止めることは考えていない。
楕円リングの効果と自分の体力・筋力に合ったケイデンスの兼ね合いのバランスを改善したい。

これが問題その①
チェーンリングの歯数の構成を下げることも考慮にいれつつ…というかどっちもやらないとだめじゃないこれ
おそらくチェーンリングの交換の方が効果はある。


・サドルの後退量が追いつかない

私のサドル後退量は昔からこんな感じ

IMG_5650

25mmのセットバック量があるシートポストを使っていてこの状態で、なんとか前乗りをギリギリ回避している状態です。
そもそものフレームが1つ上のサイズの方がいいのだろうな。

ちなみに私は前乗りしない派で、拇指球は膝の皿の真下、ノーマルポジションの視線でハンドル ー フロントハブが直線上になる(フロントハブが見えない)という定番オブ定番ポジションを守っています。

IMG_5713

クランク長を伸ばすことで拇指球の位置が2.5mm伸びることにより、無理矢理作っているポジションの状態を改善するのが目的。

下死点が2.5mm下がるからサドル高も2.5mm以上は下げ、シート角が74°だから…サドルを下げることで0.7mmくらいサドル位置が前進して…だいたい1.8mmくらいは余裕ができて改善できる…はず。…変わらない気がしてきた。

・そういえばフィッティングしたときの適正値は167.5mmだった。

昔々に受けた某店のフィッティングの紙に167.5mmと診断されていました。

165mmで悩むこともなかったので、最近まで頭の片隅に追いやっていました。

167.5mmと診断されると、なかなか試す機会に恵まれないというか、シマノだといきなりデュラエースですが幸いROTORなのでクランクアームのみの購入で済みました。

2.5mm刻みでラインナップされているROTORは少しだけお得。


試したいだけならラ・クランクという手もありますが、バイクって結局は色々なパーツの混ぜこぜによるトータルバランスなので、パーツそのものの材質の変更の差か、クランク長の変化の差かを判別するのは難しくなってしまいます。

ま、私がそんな鋭い感覚を持っているかはわかりません。多分無いです。


と、そんなこんなで167.5mmのクランクを買い求めた話でした。

来年には届いてるんじゃないかな。多分。







1年後、
結局170mmに戻ってきたわwww
とかなってそうな率が25%