届いたばかりのLTWOO R9を分解します。

IMG_5873


グループセット全体についてはこちら



不具合?トラブル?そんなものではありません。

ただ分解したいからです。

2mmに満たない距離を正確に、チェーンラインを左右に移動させるためにディレイラーを動かすためだけの仕組みが工夫がそこにあるのです。
それはプログラミングで簡単に書き換えて修正できるマイコンや電子式スイッチの集合ではありません。
失敗したらまた図面の引き直しして金型作って試作してなんやかんやの手間が掛かります。

機械式の浪漫溢れるところです。
だからそれを見たくて分解するのです!
有無は言わせん。

FullSizeRender

シフター部分はブラケットにネジ止めされています。

IMG_5875

IMG_5876
IMG_5877

内側側面1つ、クランプの下に2つ、底面に1つです。

底面はブレーキレバーが干渉して長いドライバーだと真っ直ぐ回せません。舐めないように注意。

ネジを取ったら外していきます。

IMG_5878

ここに隙間がありますがこれは罠で

ブラケット内側からずらしていきます。
ある程度隙間が出来たら下に抜けます。


IMG_5879
FullSizeRender

やっと会えたね。

IMG_5892
IMG_5893
IMG_5891
IMG_5894
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5896

グリスがすごい!べっちゃべちゃだ!!

ブレーキレバー裏と内部


IMG_5881
IMG_5882

続いて、
ワッシャーか留め具かわからない名前のこれを外す。

IMG_5897

すると、シャフトが抜ける

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

シャフトを抜けばバラバラになります。
ワイヤータイコ受けが付いているスプリングが1回転するので組み付け時に気をつけましょう。

FullSizeRender

分解完了。



コグとラチェット

IMG_5902
IMG_5903
IMG_5905

下位との違いってこことレバー部の歯車だろうな。

microSHIFT CENTOS/ARSISにはこんな位置決めギアが中にありました。

IMG_4390

IMG_4391



さて、うっとりしたら余分なグリスを拭き取って組み上げていきます。

IMG_5906
IMG_5907
IMG_5908
IMG_5909
IMG_5910
IMG_5911

おしまい





PC関係は週間アスキーとかIT MEDIAとかにノートPCの分解記事とかあってワクワクして見てたのに、自転車界隈ってそういうの無いよね。
某メディアはフレームの内側にカメラ入れるのもタブー感あるような書き方してることもあったし、謎の勢力とか黒の組織があるのかね。