第1ステージ



1:フィリポ・ガンナ(IGD)
2:エドアルド・アッフィーニ(TJV)
3:トビアス・フォス(TJV)
4:ヤオ・アルメイダ(DQS)
5:レミ・カヴァニャ(DQS)

第2ステージ



1:ティム・メルリール(AFC)
2:ジャコモ・ニッツォーロ(TQA)
3:エリア・ヴィヴィアーニ(COF)

フィニッシュラインでガビリアが不機嫌そうだった

第3ステージ



1:タコ・ファンデルホールン(IWG)
2:ダビデ・シモライ(ISA)
3:ぺテル・サガン(BOH)

プロチームワンティの逃げ切り勝ち。

2021-05-16 (1)

第4ステージ

酷い雨の1日になった第4ステージ
総合順位も大きく動いた。



1:ジョー・ドンブロースキー(UAE)
2:アレクサンドロ・デマルキ(ISA)
3:フィリッポ・フィオレッリ(BCF)

ドンブロースキーの独走勝ち
総合争いはアルメイダが大きく後退してしまった日
マリア・ローザはデマルキ(ISA)へ

2021-05-16 (5)
2021-05-16 (1)




第5ステージ



1:カレブ・ユアン(LTS)
2:ジャコモ・ニッツォーロ(TQA)
3:エリア・ヴィヴィアーニ(COF)

集団はお休みデー。
しかしながら、シヴァコフ、ランダ、昨日の勝者、フォンブロースキーらが落車。
シヴァコフとランダはこの日をもってジロを去る

2021-05-16 (7)
2021-05-16 (6)
2021-05-16 (9)
2021-05-16 (11)
2021-05-16 (15)
2021-05-16 (16)

第6ステージ



1:ジノ・マーダー(TBV)
2:エガン・ベルナル(IGD)
3:ダン・マーティン(ISA)

この日も途中から雨。
ジノは独走勝利
イネオスはガンナらの引くトレインからのダニーマルティネスとベルナルによる連続アタック。
昨日にランダを失ったバーレーンとシヴァコフを失ったIneosの弔い戦のような日に。
デマルキが大きく遅れ、マリア・ローザはFDJのアッティラの手に

2021-05-16 (18)
2021-05-16 (19)
2021-05-16 (21)
2021-05-16 (22)
2021-05-16 (24)

第7ステージ



1:カレブ・ユアン(LTS)
2:ダビデ・チモライ(ISA)
3:ティム・メルリール(AFC)

アンドローニとバルディアーニの2つのイタリアプロチームは毎回逃げに選手を送ってるね。スポンサーがやけに多い理由もわかる。
スプリントはユアンがガヴィリアを勢いよく追い抜いてまた勝利。
ユアンもフォーム変わったなぁ。

2021-05-16 (28)
2021-05-16 (33)
2021-05-16 (31)
2021-05-16 (34)
2021-05-16 (38)
2021-05-16 (39)
2021-05-16 (40)

第8ステージ



1:ヴィクトール・ラフェ(COF)
2:フランシスコ・ガヴァッジ(EOK)
3:ニキアス・アルント(DSM)

中間スプリント等でポイントを稼ぎたい選手やステージ勝利を狙う選手たちの大人数での逃げになるが、特にタイム差的に注意する選手がいないか、強くマークされず。
全てのグランツールでのステージ勝利を掲げるユアンですが、膝の痛みで棄権しました。
膝が痛いなら仕方ないね。無理しちゃいけないね。
25歳のラフェの独走勝利。マリアローザはアッティラ(FDJ)から変わらず。

2021-05-16 (43)
2021-05-16 (44)
2021-05-16 (45)
2021-05-16 (46)
2021-05-16 (55)
2021-05-16 (47)
2021-05-16 (50)
2021-05-16 (51)


マリア・ローザ争い。
まだまだ誰もにチャンスがある。

giro2021_1-8

最後のTTまで決まらないかもね。