今年はCORRATECのR.T. CARBONがディスクブレーキ化と一緒にモデルチェンジをしました。
今日はそのことについてダラダラとうだうだと語ります。

ちなみにCORRATECはコラテックと読み、ドイツのメーカーで、一度E-BIKEでドイツのGOOD DESIGN賞的なものを貰ってからE-BIKEに注力しまくっています。
MTBもカッコいいのですが、国内は取り扱っていないようです。
Revolution iLinkとか全く話題にならねえいきなり脱線しましたが、↓が新しくリリースされたRT CARBONです。

RTC1


で、この発表に、コラテックファンの人は「ん?」となり、「え?」となり「は?」となり残念な気持ちになった人も多いと思います。
なお、国内にコラテックファンの人が何人いるのか私は知りません。
2022年のモデルチェンジでケーブルむき出しなのは興味のない人でも戸惑いを覚えたのでは?


CORRATECのグローバルサイトです。

3年くらい前はなかなか過激なねーちゃんが自転車に乗っていた(リンク)のですが、落ち着いたサイトになりました。

CORRATECのロードバイクは最上位にCCT EVO、その下にCCT TEAMがあります。
フレームの形状に差がありません。
R.T. CARBONは和名で、海外だとCCT TEAMにあたるものでした。

↓が本家サイトのCCTシリーズです。

BK25101_CCT_Evo_SLR_DISC
CCT EVO SLR

TEAM1
CCT TEAM PRO

モデルチェンジをしなくともディスク仕様はあるわけで、日本代理店が扱う気が無かっただけです。
FOCUSにお熱なので。

ここで最新のUCIの公認フレームリストをご覧ください!

2021-09-10 (5)

はい



更新されていません。CCT EVOが。
EVOの前にTEAMが更新することはないでしょう。
でもRT CARBONは出ました。


CORRATECのバイクは2つの外見的な特徴があります。
1つは、Pro Control Forkという一度グッと後方に下がってから前に伸びる独特な形をしたフォーク形状

2021-09-10 (6)

鋭いコーナリングに加え、横方向の剛性やバイブレーションの減衰を期待できるそうです。


もう1つはチェーンとのクリアランスを確保するLow Profile Chainstayというチェーンステー構造

2021-09-10 (7)

クリアランス量はモデルによって多かれ少なかれ。

このあたりも前はグローブライドのページに日本語で説明があった気がしたんだけど無くなりましたね。必要ないからでしょうか。

HPにリンクのあるTeam Corratecに所属している人が乗っているCCT EVO

角度によって反射して輝くちりばめられた金色がかっこええのよ

cache_72557925
cache_72557933
cache_72557936

あ、ちなみにこのチームが昔から使ってるZZYZXのホイールはまじで謎で調べても全然わからんし出てこないから詳しい人は教えて。リムブレの時は白いスポークだったのよ。


続いてUCIプロチーム VINI ZABUの使うCCT EVO

Erx3k5fXUAIuofC
E8sF9tCWQAUTyDv
E8k0zu0XMAQ-EHj
E9JOqEcWQAQH1Po

2021年はVINI ZABUはジロに出走予定だったのがキャンセルになったね。代わりが常連のAndroniというよくわからない話がありました。

ってケーブル隠れとるやん
ハンドルはURSUSのMagnus H02(リンク)っぽいので、こういう配線してるのかな?
リア側はわからん。フォークコラムに穴開けるなり、Logic-eみたいなケーブル通せる割が入った玉押しを使ったとか?

magnus-h02-cavi-1


という現行の特徴を備えているバイクを見た後に、今回発表された新型RT CARBONをもう一度見てみる。

22_rt-cbn-d_blk-slv_(1)_ed
2021_rt-cbn-disc_(8)_web
2021_rt-cbn-disc_(24)_web

私としては、コラテックっぽさを感じない。ディスクブレーキノカーボンロードバイク(脳死)に見えます。
フォークのなんて真逆の反り方で、自転車メーカーとしてのアイデンティティを捨てたようなものだ。
アイデンティティを守り通している例として、ピナレロなんかは形は変えつつもONDAフォークの特徴を残している。流行の取り入れと最適化を行いつつもブランドのアイデンティティを残すうまいやり方だと思う。

国内(グローブライド)でのCORRATECロードバイクの取り扱いは
CCT-EVO(3,4年くらい前にHPから消失)
R.T. CARBON
CORONES(消失済み)
DOLOMITI DISC(日本企画)
DOLOMITI(リム)(日本企画)
CT-ROAD(日本企画)
A-ROAD(グラベルバイク、海外名ALLROAD)
となっている。

このことから、今回のR.T. CARBONはCORRATEC R.T. CARBONの名を冠してはいるものの、日本企画のディスクブレーキノロードバイクだと考えている。
海外では新型のリリース記事なんて一切ないわけだしね。

というわけで、R.T. CARBONが日本企画となると…、。。。
すっげえ日本のCORRATECはほとんど日本のCORRATECだ!まるで赤十字
それでもCCTと形状の近いフォークを選定することは出来たんじゃないかね…?とは思うんだ。
形としてはヘッド角が違うがグラベルバイクのA-ROADに近い形状ね。

国内企画品が悪いわけではないんです。
ガラパゴスな日本で国内のニーズと海外のニーズが違うのは当然のことですし、合わせた商品展開が必要です。
ただ、このR.T. CARBONがユーザーのニーズに応えてだした企画かどうかを考えると、うーんとなります。このバイクを見ると、
「カーボンのディスクブレーキ車がないからラインナップに入れよう」
しか考えてないような気がしてしまうのです。

私の推測が的外れで、もしこれが本社の設計でごっそりフォークの構造を変えて長年のアイデンティティを捨てたのなら、その潔さに脱帽しますわ。あんなにE-BIKEに力注いでてそんなにロードに割くリソースがあるのかわからんけど。

Vini Zabuの機材とか調べながら3時間くらい書いてたら日付変わりましたので、シートチューブの裏に「German Designed & Engineering」と書いてありそうな気がしてきたんだけど、もうこれでおしまい。
続きを書きたくなったらいつか書きます。



色もBlack/Silverの無難すぎるVWっぽい1色だけなんだし、フルモデルチェンジとか新型に凝るよりは、TeamカラーとかVini Zabuカラーとか出せばよかったんじゃないかと思うんだよね。

んで最後にこれ

2021-09-10 (4)

CCT EVOはグローブライドのサイトからは消失しましたやん…。リンクこの画像でええんか?


ここまで読んだのならワシのDOLOMITIも見ていってくれ

IMG_1136